【夢占い】事故が暗示する重要な意味

    夢占い 事故

    事故の夢と言うのは嫌なものです。

    自分が起こす事故や、巻き込まれる事故、交通事故に限らず事故と言うものは、いつおそってくるかわかりません。

    どれだけ気をつけていても、事故は向こうからもやってきます。

    今回は、事故が暗示する夢占いの重要な意味についてお伝えします。

     

    【夢占い】事故が暗示する重要な意味

     



     

    自分が事故を起こす夢


     

    どんな内容かに限らずに自分が事故を起こした場合の夢占いは、現在のあせりや追い立てられている状態を示しています。

    この夢占いは、そのあせりや追い立てられている状態を落ち着かせないと、まさに夢で見るような事故を起こし兼ねないと教えてくれているのです。

    これは、自分で思っているよりも自分があせる必要がないと暗示しているのです。

    「急がば回れ」のことわざ通り、あせらずに注意してことにあたることがベストだと表しているのです。

    あせらなければいけない状況でも、あせっては失敗すると言う暗示なのです。

     

    自分が事故にあう夢の場合


     

    自分が事故にあう場合の夢占いは、事故ではありませんが、トラブルに巻き込まれることを暗示しています。

    しかも、直接的には自分が全く関係しないことでのトラブルです。

    その事故の加害者が知人や友人などの近しい人の場合は、その人がトラブルを持ち込んでくるのです。

    もちろん、知っている人がトラブルに巻き込まれているなら力になってあげたいところですが、この夢はあなたが力になれないことも表しています。

    できれば、このトラブルは持ち込まれても無関係を通したほうが無難と言えます。

     

    知人が事故にあう夢


     

    特別親しい人ではなく、会社の同僚や、同級生など、ほどほどに付き合いがある程度の人が事故にあう場合の夢占いは、その人の心の圧迫を示しています。

    そして、その夢を見たあなたは、その人の心のあせりや圧迫を生んでいる原因である可能性が高いと言えます。

    そのため、後々恨みをかったりする恐れがあるので、一歩引いた付き合い方をしましょう。

    特に、その人が年下や後輩、部下などの場合は注意が必要です。

    知らず知らずに、相手に恐怖感をあたえてしまっていることを夢占いは教えてくれています。

     

    見も知らぬ他人が事故を目撃する夢


     

    見も知らぬ他人が事故にあうところを目撃した場合の夢占いは、他人への大きな不信感を示しています。

    何かのキッカケで、潜在意識下で他人を受け入れたくない気持ちになっている状態を表しています。

    また、自分も他人から信頼されていないことを同時に示しています。

    こう言う状況下では、新しい出会いはありませんし、もし出会いがあったとしても受け入れようとはしない時期です。

    この時期には、無理をしてまで他人との関わりを持つ必要はありません。

    無理をすると、トラブルの元になることを夢占いが教えてくれています。

     

    自分が事故にあって死ぬ夢の場合


     

    死ぬ夢は、破壊と再生を意味しています。

    自分が事故にあって死ぬ場合の夢占いは、全く思いもかけぬことで、自分の人生が180度変わってしまうことを暗示しています。

    しかも、この夢を見る時、あなたは深層心理の中で行き詰まりや、人生の違和感を感じています。

    今の人生を変えたい、全く違う道が自分にはあるのではないかとも思っています。

    しかし、変わる勇気もあてもなく、ただジッとしているだけだった自分に、まるで事故にあうかのように変わるキッカケがめぐってくるのです。

    もちろん、チャンスはきますが、それをつかむか、つかまないかは、自分次第です。

     

    事故で大量の血液が流れる夢


     

    夢の中で事故による大量の血液が流れた場合の夢占いは、病気などの暗示です。

    この場合、自分ではなくても構いません。

    事故で血液が流れる様があれば、その量によって病気のひどさが変化します。

    また、病気までとは言わなくても、体力が極端に落ちたり、無気力になったりします。

    と言うのも、血液はまさに身体のエネルギーです。

    これが大量に失われる様子は、エネルギーの放出を意味します。

    この夢を見た時は、できる限り病気に気をつけて、体力も温存するように注意しましょう。

     

    大量の人間が事故にあっている様子の夢


     

    大量の人間が事故にあっている場合の夢占いは、あなたがコミュニティの中で浮いてしまっている暗示です。

    つまり、上手く集団にとけこめていないと言うことです。

    しかも、潜在意識下でそのことに自分で気づいて、思い悩んでいることを教えてくれています。

    また、その集団内で良くは思われていないことも示しています。

    この夢を見たなら、できる限り自分から動くことなく、大人しくしていましょう。

    また、この場合、時間が解決してくれることも同時に暗示しています。

     

    家族など身近な人の事故の夢の場合


     

    家族など身近な人の事故の場合の夢占いは、その事故にあった人が人生の岐路(きろ)に立っていることを示します。

    そして、そのことに対して、あなたが潜在意識下で不安を抱いていることも教えてくれています。

    その人が立っている岐路とは、事故の夢だからと言って悪い兆しであるとは限りません。

    ですが、良くも悪くも何かを決断する時にきていることを暗示しているのです。

    夢の中の事故で大怪我などをした場合、その選択が間違っている可能性が高いことを示しています。

    その事故で全くの無傷の場合は、その選択が正しい可能性が高いと言えます。

    しかし、この夢を見たからと言って、あなたが選択に深く関わることは正しいとは言えません。

    できる限り、本人の選択に任せるようにしましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、事故が暗示する夢占いの重要な意味についてお伝えしました。

    事故は現実世界では凶事でしかありません。

    しかし、夢占いではそこで起きることにこそ意味があるので、全てが凶事と言うわけではないのです。

    シッカリ意味を知って準備をしておくことで、凶事は避けることができるのです。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメント