3年間苦しんだ女性が成功した好きな人を忘れる方法とは…

    好きな人を忘れる方法

    3年間も片思いを続けるって、相当苦しいです。

    苦しくても、それでも好きで仕方なくて、どうしようもないのが、恋というものです。

    ですが、苦しいのを我慢していても、どんなに自分磨きを頑張っていても、実らない恋というのもあります。

    何年経っても実らない恋ならば、もう、好きな人を忘れる方法を見つけて、その恋に終止符を打つしかありません。

    現実を見て、次に進まなければいけません。

    今回は、好きな人を忘れる方法を、6つご紹介します。

    あなたの好きな人を忘れる際の参考にしてください。

     

    3年間苦しんだ女性が成功した好きな人を忘れる方法とは…

     



     

    連絡先を消す


    もっともメジャーな、好きな人を忘れる方法は、まず『連絡先を消す』というものではないでしょうか?

    連絡先を知ったままでいると、いつでも連絡を取れるという状態が続いてしまうため、相手からの連絡を待ってしまったり、自分から連絡しようか迷ってしまいがちになります。

    連絡先を知っているだけで、連絡なんてこないとわかっているはずなのに、それでも『いつか連絡が来るかもしれない』なんていう淡い期待を抱いたりしてしまいますよね。

    こんなふうに連絡が来るかもしれない状況が期待につながってしまうのなら、その状況をなくしてしまいましょう。

    連絡先を消してしまえば、自分から連絡することは、まずできなくなります。

    さらには、好きな人のSNSなども、ブックマークから消して、見ないようにしましょう。

    そうすれば、好きな人の近況を知ることもなくなります。

    連絡先を消すことで、気持ちまでも切り離すことができたと感じることもできます。

    ですから、好きな人を忘れる方法として、まずはじめに、連絡先を消すようにしましょう。

     

    もらったものを買い替える


    好きな人が、友だちであったり、職場の人であったりすると、遊びに行ったときに何気なくもらった物や、何気なく撮った写真、誕生日にもらったプレゼントなどがあるでしょう。

    そういう目に見える『もの』は、持っているだけで、ふと好きな人との思い出を想い起こさせます。

    ですから、好きな人を忘れる方法としては、好きな人からもらったものは、全て捨てることをおすすめします。

    アクセサリーや、かばん、お財布など、高価なものであればなおさら、捨てがたいものもあるでしょう。

    ですが、そういうものが残っているままでは、好きな人を忘れることはできません。

    思い切って、もらったものを捨てて新しいものに買い替えてみると、案外気持ちがすっきりして、新しい恋に踏み出そうという気になれます。

    ですから、好きな人を忘れたいのなら、好きな人からもらったものを捨てて、心機一転しましょう!

     

    模様替えをする


    好きな人を忘れたいだけなのに、模様替えというのは、不思議に思うかもしれませんが、普段目にしているものをちょっとでも変えることで、今までと違った気持ちになれることもあります。

    例えば、好きな人が昔、家に遊びに来たことがあったら、その部屋にいるだけで、その思い出が蘇ることがあるでしょう。

    『好きな人があのイスに座って、こんな話をしたなぁ』

    なんて思い出せる部屋に居続けていては、忘れることはなかなかできません。

    だからと言って、家具を買い替えることはそうそうできることでもありませんよね?

    ですから、模様替えが一番手っ取り早い、好きな人を忘れる方法なのです。

    机やベッドの配置をちょっと変えるだけでも、見た目には大きな変化となります。

    模様替えをしていけば、昔の思い出を思い出すこともない部屋ができるのです。

    自分の部屋を見ると、好きな人を思い出してしまう人には、ぜひ、模様替えをおすすめします。

     

    新しいことをする


    音楽を聴いているときや、ふと香ったにおいで、昔の光景を思い出すことってありませんか?

    『あ、この音楽、あのときあの場所にいたときも聴いていたな』
    『あ、このにおい、昔のおばあちゃん家のにおいだ』

    なんて懐かしく思ったことが、あなたも一度は経験したことがあるでしょう

    これは、好きな人を思い出してしまうことにもつながりますよね?

    好きな人に思いを寄せているときに聴いていた音楽や、一緒にいたときに香ったにおいなどは、別の場所や別の人といるときでも、感じて思い出すことがあります。

    そこで、好きな人を忘れる方法としては、昔とは違う『新しいことをする』ということをおすすめします。

    昔聴いていた音楽は、そっとしまっておいて、新しい音楽を聴くようにすれば、昔の思い出が蘇ることはありませんし、今までとは違った香水をつけるだけでも、新しい気持ちになります。

    また、音楽やにおいだけでなく、趣味なども新しいことをやってみると、思いがけず新しい出会いにつながることもあります。

    ですから、なにか新しいことをしてみると、案外、すっと、好きな人を忘れることができるのです。

     

    好きな人のことを、今一度思い浮かべてみる


    3年間も好きで居続けていると、『意地を張って好きでいる』なんて思いもあったります。

    それはつまり、本当はもうそれほど好きではないのに、『自分はあの人を好きだ』と錯覚しているということです。

    そんな、『錯覚の好き』なのか、『本当の好き』なのかを知るために、好きな人のことを今一度、しっかり思い浮かべてみてください。

    好きな人を忘れるために、連絡先を消したり、もらったものを捨てたりすることを、ここまでで勧めていたのに、『もう一度好きな人を思い浮かべる』というのは矛盾しているように感じるかもしれません。

    しかし、3年間忘れられなかったことを、無理に忘れようとすることは、結構、難しいのです。

    ですから、さっぱりと忘れるためには、一度、『自分はなぜその人のことを好きになったのか』という理由を知る必要があるのです。

    まず、好きな人のどこが好きなのかを考えてみて、そういうところを今でも好きなのかを自問自答してみてください。

    その人を好きになって3年も経っていたら、3年前と今では、自分の考え方や好みも変わっていることもあるでしょうし、好きな人自身も、3年前と今では、変わっているところがあるでしょう。

    ですから、一度しっかりと考えてみることが大切なのです。

    そこで、『よくよく考えてみると、実はもうそんなに好きではなかった』と思えるかもしれません。

    そうなれば、もう好きな人に未練を残すことなく忘れることができますよね?

    または、思い出しているときに、嫌いなところも出てきたら、その嫌いなところがない別の人を見つけようと、新しい恋に踏み出す気にもなるかもしれません。

    このように、昔を振り返って、好きな人のことをもう一度考えてみると、案外そこまで好きではなくなっていたということもあるので、この好きな人を忘れる方法も、試してみてください。

    しかし、もしこの方法をやって、さらに好きな人のことを好きになってしまったのなら、次の事をしてみてください。

     

    告白してみる


    これは、最終手段です。

    実らないとわかっているのに、告白をするということは、とても苦しいことですよね。

    ですが、好きな人のことを振り返って考えてみても、本当に好きで仕方ない、簡単には忘れられないという人には、もうこの方法しかないでしょう。

    思い切って告白して、フラれることで、気持ちにケリをつけるのです。

    メールや電話で済ませるのではなく、なるべく直接会って、告白してください。

    自分の気持ちを自分の口で伝えて、今まで抱えてきた感情も、全て吐き出しましょう。

    告白してフラれるということは、とても悲しいことです。

    ですが、あなたの気持ちを好きな人に知られないまま、好きな人を諦めるというのも、なんだか釈然としない気がしませんか?

    『わたしは、これだけあなたのことを好きでいたのよ』と伝えて、好きな人に自分の気持ちを知ってもらうことで、やっと、その恋を終わらせることができるのです。

    ですから、どうしても、なにをやっても諦められないときには、好きな人に告白するという最終手段をやってみてください。

     

    まとめ


    いかがでしたでしょうか?

    好きな人のことを、3年間も好きでいたら、なかなか忘れられないのは当然です。

    ですが、実らない恋にずっとすがっているだけでは、前に進めません。

    実らない恋に気をとられていたせいで、実るかもしれない別の恋を見落としているかもしれません。

    ですから、辛い気持ちを我慢して、楽しい気持ちになることを期待して、好きな人を忘れる方法を試してみてください。

    あなたが好きな人を忘れられて、新しい恋に踏み出せることを願っています。

    ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

    高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

    そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

    その秘密とは・・・


    わせて読みたい


      コメント