自滅するのはもったいない。彼氏彼女に嫉妬しない方法7つ

嫉妬しない方法

男女が交際していれば、必ず嫉妬をするものです。

嫉妬は、ある程度は恋愛のスパイスとも言いますが、嫉妬も過ぎると、ろくな事がありません。

あまりに嫉妬深いと束縛と取られ兼ねませんし、そうなると相手は窮屈に感じます。

交際していても、それぞれの都合があり、自由な時間も欲しいものです。

自分の時間や、友人達と遊んだりする時間、趣味に費やす時間等、嫉妬深い恋人がいると全てを奪われてしまいます。

人は、あまりに自由がないとその束縛から逃げ出したくなるのです。

また、根拠のない嫉妬による疑いは喧嘩の元になります。何もしていないのに何かある度に疑われると腹も立ってきます。

そうなると嫉妬で別れるなんてことも出てきます。

そこでここでは、自滅しない様に嫉妬を抑える、嫉妬しない方法をご紹介します。

 

自滅するのはもったいない。彼氏彼女に嫉妬しない方法7つ

 



 

相手を信頼してみよう


 

嫉妬は、言ってみれば相手に対する信頼が無いからです。

恋人が裏切るかも知れないと思っているからこそ、嫉妬をしてしまうのです。

確かに、無条件で信用するのは難しいかも知れません。

しかし、好きだからこそお互い交際しているのですから、信用するに値するだけの理由がある筈です。また、信用しなければ意味が無いと思って見て下さい。

 

自信を持つ


 

嫉妬は、自分自身の自信の無さからくるものです。

もし自分に自信があれば、他者に対して劣等感を持ちませんので、嫉妬も少ないものです。

自信が無いゆえに、恋人が他に目がいくのではと思ってしまうのです。

恋人に選ばれたからこそ、交際している訳ですから、自分の基準で自信を失うのではなく、相手の基準で自信を持つ事が大事です。

選んだのは相手なのですから、自分の見方で自信を無くす必要はありません。

 

相手しか見ない状況を変える


 

嫉妬は、当然、独占欲などからくるものです。

それはおおむね、日々の生活の中で恋人の事しか頭にないからと言えます。

そう言う時は、少し恋人から距離をおく工夫が必要です。

つまり、自分自身の視野を広げる事が大事なのです。

その為には、趣味や自分が興味を持てる事を見付け、時間を費やす事で、恋人しか見えない状況から脱却します。

自分の中で恋人が全てになってしまうと、嫉妬心も含めて、色々な事が行き詰まってしまうものです。そうすると、袋小路に入り込んでしまい抜け出せなくなります。

そう言う状況が長く続くと、相手も息苦しくなるものです。

お互い良い関係でいる為にも、相手以外にも興味を持つようにしましょう。

 

自分は必要な存在だと知る


 

嫉妬は劣等感からきます。

それは「自分が相手にとって不必要な存在なのではないか」と感じることから始まります。

しかし、人間関係の構築は、必要だから成されるのです。

恋人だけでなく、友人などにとっても必要な存在だからこそ、そこに関わりが出来るのです。

例えば、逆に考えると判るものですが、自分は、相手が必要だからこそ関わりを持っている筈です。なのに、相手だけが不必要なのに自分と関わりを持っていると言う事はあり得ません。不必要な存在と言うのはいないのと同じなのです。関わりがあると言う事は100%必要な存在だからです。

そうシッカリ自分に言い聞かせて、自分は相手に必要な存在だと認識しましょう。

 

嫉妬しない材料を作る


 

恋人が自分と付き合う事で満たされていると感じれば、嫉妬しないものです。

嫉妬すると言う事は、相手が満たされていないと感じているからです。嫉妬しない為には、努力も必要です。

恋人が望む事や、相手が思い描く恋人になる事で相手を満たしていると実感出来る筈です。何もしていないからこそ、嫉妬が生まれる可能性は高いのです。

相手に充分尽くし、相手にとって良いパートナーであり続ける努力をこれ以上ない程していれば、相手の充足感に疑問を持つ事は無くなる筈です。

相手が満足していて、他に気持ちが移るなんてあり得ないと思えるほどの材料さえ作れば、嫉妬とは無縁になれます。

 

愛が何かを知る


 

嫉妬と言うのは本当のところ愛からくるものではありません。

愛しているから嫉妬するのではなく、自分だけを見ていて欲しい、自分から離れないで欲しいと言う利己的な感情から生まれるのです。

愛とは対等であることであり、無償である事なのです。

交際していて大事な事は、自分がどれだけ相手を愛しているかと言う事だけです。相手が自分を愛する義務を負わせるのは、愛ではないのです。

嫉妬は、恋人が自分を愛する事が当然だと思っているからこそしてしまうのです。

しかし、相手が愛する事が当然だと思うのはエゴです。

自分が深い愛を持てば、自然と相手も愛を持ちます。

嫉妬などで愛を強制することは逆効果なのです。

その事をシッカリ頭に入れておきましょう。

 

自分を持つ


 

嫉妬は、過去の経験からくるものでもあります。

例えば、幼少期に兄弟と比較された、他者と比較された、それが基準となって嫉妬を引き起こす事があるのです。

誰とも比較されず、親に信頼され、大事に育てられた人は他者に嫉妬をする事は極めて少ないと言えます。

嫉妬する人が親から愛情を受けていないと言う訳ではありませんが、親の価値観を押し付けられた人であるのは確かです。

嫉妬深い人は、まず過去に遡って、その事に関して思い出してみましょう。

しかし、大事なのは、恋人と親は違うと言う事です。

親が自分を他者と比較したからと言って恋人もそうであるとは言えないのです。

また、親が他者と比較したからと言って明確な根拠はありません。

シッカリと自分を持つ事が重要です。そうする事で嫉妬の思いは薄くなります。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

嫉妬は、恋愛のスパイスと言うのは、『勘違い』です。

嫉妬は、利己主義からくるもので、愛されているから嫉妬するのではありません。

自分が愛されていない事への相手に対する不満なのです。

恋人が自分だけを見る、自分だけを愛する事を義務付けているに過ぎない行為である嫉妬は、軽いものなら可愛いものですが、深い嫉妬は相手に負担をかけるだけです。

また、嫉妬は束縛に繋がります。

人は、束縛されればされるほどそこから抜け出したくなります。結局、嫉妬は相手を繋ぎ止める事にはならずに、自滅する事になり兼ねません。

相手を純粋に愛し、信用する事が大事なのです。そうすれば相手も自分を純粋に愛し、信用してくれるのです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら



わせて読みたい


コメント

  1. ルイ says:

    素晴らしすぎる。助けられました。

コメント