劣等感の強い人が持つ7つの特徴

    劣等感の強い人 特徴

    あなたは、自分に自信を持っていますか?

    自分の容姿や才能、性格などに自信が持てない…いわゆる「劣等感の強い人」というのは、決して少なくありません。

    むしろ、自分に自信を持って生きている人の方が、少ないのではないでしょうか?

    特に女性は、容姿などの面で劣等感を抱きがちだと言われています。

    女性に限らず、人は誰しも、自分の中に何らかの劣等感を抱えて生きているものです。

    ですが、その劣等感が、他の人達より強いと、周囲との人間関係に支障をきたすことがあります。

    自分の容姿やスタイルなどに対する劣等感があまりにも強いと、過度なダイエットや整形手術などでトラブルを起こしてしまうこともあるようです。

    では、劣等感の強い人というのは、どのような特徴を持っているのでしょうか?

    ここでは、劣等感の強い人の特徴と、劣等感の強い人への接し方についてお伝えします。

     

    劣等感の強い人が持つ7つの特徴

     



     

    「理想の自分」にこだわりがある


     

    劣等感の強い人というのは、ある意味「完璧主義者」であると言われています。

    自分の中には、常に完璧な「理想の自分像」というものがあり、その姿に今の自分を少しでも近づけようと努力します。

    しかし、人間ですから、そんな簡単に理想の自分に近づけるものではありません。

    理想の自分と今の自分…違いがあって当たり前ですよね。

    ですが、理想の自分にこだわりがある人というのは、今の自分とのギャップが許せず、自分を卑下してしまい、強い劣等感となってしまうのです。

    そんな「理想の自分」に対してこだわりのある人には、自分を好きになれるような接し方を心掛けてみましょう。

    心理カウンセリングの技法の中に「傾聴」「共感」というものがあります。

    その人の話を否定せずに耳を傾け、気持ちに寄り添って話を聞くように努める事です。

    劣等感の強い人は、自分の気持ちに共感してもらうことで、安心する傾向があります。

     

    人と自分を比べがちである


     

    先程の話は、自分の中にある理想の自分と、今の自分を比べてしまう話でしたが…

    今度は、他人と自分を比べてしまう話です。

    劣等感という言葉の反対の言葉は「優越感」です。

    優越感というのは、他者と比べて自分が優れていると感じた時に抱く感情です。

    劣等感と優越感は、一見すると相対する感情のようですが、それはどちらも「人と自分を比べてしまう」結果、現れる感情です。

    日頃から優越感の強い人は、挫折を感じた時に、それが一転、劣等感になってしまいます。

    こうした人には「人は人、自分は自分」ということを理解してもらうように努めましょう。

    周囲の目を気にし過ぎて生活する事は、決して幸せなことではないのです。

     

    自慢話が多い


     

    優越感を強く感じる人は、劣等感の強い人でもあります。

    そういった意味では、周囲に対して自慢話が多い人も、劣等感が強い人の特徴だといえます。

    また、自慢話の多い人は、自分の自慢を誇示することで、自信のない自分を周囲に見せないように振る舞っている場合もあります。

    こうして自分の心を守る事で、劣等感を周囲に悟られないようにしているのです。

    自慢話が多い人には、否定も肯定もしない姿勢で接するようにしましょう。

    過剰に同意をしてあげては相手のためになりませんし、否定をしても相手の心に隠れる劣等感を煽るだけです。

    一貫して「ただ話を聞く」という姿勢で対応するのが、一番良いでしょう。

     

    自分を卑下する


     

    自分のことを話す時に「自分なんてどうせ…」という口癖で話をする人がいます。

    こうした口癖の人は、いつも自分を卑下して見る傾向があり、劣等感の強い人に見られる特徴の一つです。

    ですから、周囲の人と自分を比べて「自分なんか何もできない存在だ」と、自分を卑下しているのです。

    心理学の世界には「ハロー効果」という考え方があります。

    ハロー効果とは、人が相手を評価する時には、一番目立つ特徴に他の評価が引きずられてしまう傾向にあるという心理現象を表しているものです。

    自分を卑下するタイプの劣等感を抱いている人は、自分の中の短所にばかり目が向いていて、長所に気づけていない可能性があります。

    このようなタイプの人には「あなたにはこんな長所がある」ということを、さり気なく伝えてあげると良いでしょう。

    あまり同調し過ぎずに、あくまでさり気なく、根気強く伝えていく事が大切です。

     

    自分にも他人にも厳しい性格


     

    劣等感の強い人は、先程もお伝えしましたが、理想が高く、完璧主義な傾向にありますので、大変自分に厳しい性格を持っています。

    ただ自分に厳しいだけなら良いのですが、こうした人は、他人にも厳しい面を見せてしまう場合があり、トラブルの原因となりがちです。

    こうした心の動きは、何が根拠となっているのでしょうか?

    自分に厳しい人というのは、常にストレスフルな状態で生活していると考えられます。

    このような人が示す特有のストレス対処法の一つが「投影」と呼ばれる心理現象です。

    自分のできない部分を、自分よりも弱い立場の人に対して、まるでその人ができないことのように発言して、攻撃する行動を取るという現象。

    それが「投影」という現象なのです。

    こうした行動や言動を取る人は、かなり劣等感の強い人です。

    このような人に対しても、否定的な態度を取らないように注意しましょう。

    否定をされると、更に攻撃的になり、厳しい態度を取ってしまうからです。

     

    嫉妬心が強く、気が小さい性格


     

    さらに、周囲に対して嫉妬心が強い性格の人も、強い劣等感を持つ人の特徴です。

    周囲に対して「羨ましい」という感情…それが嫉妬心です。

    こうした嫉妬心も、ひいては自分に自信が無いから生まれる心です。

    自分に自信が無いので気も小さくなり、周囲に対しても、自分に対しても委縮してしまいます。

    そうした感情から、劣等感が強く現れてしまうのです。

    ですから、このような人には「ありのままの自分を受け入れる」ように誘導する言葉を掛けていくと良いでしょう。

    また、こうした人は、嫉妬心などを煽られて周囲に利用されやすいタイプでもあるので、注意が必要です。

     

    一人では行動できない


     

    自分に自信の無い人は、一人で行動する事ができません。

    ですから、群れを作りたがったり、群れに入って行動しようとする傾向にあり、劣等感の強い人の特徴としてもよく見られる傾向です。

    こうした人の心の中には、リンゲルマン効果と呼ばれる心理現象が見られます。

    リンゲルマン効果は、集団行動の際に見られる心理現象の一つで、大きな集団の中では「他の誰かが」頑張ってくれると思う事で、無意識的に自分の力を100%発揮しない状態を表しています。

    このリンゲルマン効果がより顕著に表れている人は、劣等感も強い傾向にあります。

    こうした人には、その人の得意な事を見つけてあげて、そんな得意な分野が生かせる場所を示してあげると良いでしょう。

    自分を磨く場所があると、自分に自信をつけていく事に繋がっていきます。

     

    まとめ


     

    劣等感の強い人の特徴と対処法を7つお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

    あなた自身が当てはまる場合もあったでしょうし、あなたの周囲に当てはまる人がいたことでしょう。

    そのくらい、誰もが多かれ少なかれ、劣等感を抱いており、その劣等感も「あなた自身の一部」なのです。

    そんな自分を受け入れて、好きになるように努める事で、劣等感というのは、次第に解消されていきます。

    今の自分を受け入れて、磨いていきましょう。

    そうすれば、今よりも、さらにキラキラした素敵な女性にあなたはなっています。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメント