【夢占い】葬式が暗示する重要なシグナル

    夢占い 葬式

    葬式の夢と言うと、それほど良いイメージは抱きにくいものです。

    ましてや、身近な人や大事な人の葬式の夢であった場合、しばらくは嫌な気分が抜けないかも知れません。

    しかし、夢占いでは「死」は、直接の死を表すものではなく、それぞれ状況によって色々な意味があるのです。

    今回は、葬式が暗示する夢占いの重要なシグナルについて解説していきます。

     

    【夢占い】葬式が暗示する重要なシグナル

     



     

    自分の葬式の夢


     

    自分の葬式の夢占いは、これまでの古い殻をやぶり、新しい自分への変身を暗示しています。

    通常は自分の葬式を自分で見ることはあり得ませんが、夢ではこういったまれな出来事を目にすることもできます。

    それだけに、この夢は凶事とは言えず、むしろ吉事に近いものなのです。

    ただ、葬式というのは基本的に「遺体」が見えているわけではないので、通常の死の夢よりは意味合いは弱くなります。

    死は、破壊と再生を意味していますが、この夢も同様でありながらその変化は死ぬ夢よりは穏やかなものです。

    自分で気づいていないかも知れませんが、あなたは現在潜在意識下で変化を求めています。

    それは、小さいことではなく、現在の自分の在り方全てを変えたがっています。

    夢占いは、あなたが変化を求めていること、近い未来にそれが可能になることを教えてくれているのです。

     

    家族や血縁者の葬式の夢


     

    家族や血縁者の葬式の夢占いは、そういう人たちへの依存を断ち切ることを暗示しています。

    また、あなたのそういう人たちに対する、ぞんざいで横柄な態度をいましめているという意味もあります。

    あなた自身も強く意識はしていなくても、心の奥底ではこれではダメだということに気づいています。

    この夢を見た時は、これらのことを一度に解決するチャンスがめぐってくることを知らせています。

    自立や、独立心、そして身近な人へも感謝の気持ちを持つと言う大人への道筋が夢占いには表れているのです。

     

    恋人の葬式の夢


     

    恋人の葬式の夢占いは、現在の関係性から一歩ステップアップする暗示です。

    恋人のいない人には、近い将来恋人になる人との出会いを、片想い中の人には、その相手との進展を意味しています。

    この夢は基本的には吉事ですが、現在の関係性に行き詰まりをお互いが感じていることも表しています。

    もちろん、そのままでも好き同士でいることには違いないのですが、より親しく、深い関係性になれることを夢占いは教えてくれているのです。

    この夢に出てきた相手とは、自分の気持ち次第ですが、長期間にわたり交際することも暗示されており、結婚の可能性も示しています。

     

    顔見知り程度の人の葬式の夢


     

    顔見知り程度の人の葬式の夢占いは、その人が近い将来、あなたに重要で転機になるチャンスをくれる暗示です。

    この夢はあまり交流もなく、特別親しいわけでもない程度の相手ですが、全然知らない同士でもない人の夢です。

    この夢を見た時に、自分から積極的にその人に会いにいくと、何らかのチャンスをくれます。

    ただし、自分から会いに行かない限りは何も起こりません。

    夢占いは、チャンスをつかめるように、普段は思い出しそうもない人を登場させ教えてくれているのです。

     

    既に他界している身内の葬式の夢


     

    既に他界している身内の葬式の夢占いは、自分を含めた近親者の重大な病気やケガの暗示です。

    他界している人が、もう一度葬式をすることはあり得ません。

    この夢は、その故人を皆が忘れかけており、身近な人が病気になったり、死んだりすることの辛い思いまでも忘れていることに、注意をうながしているのです。

    身近な人が亡くなったりすることは、とても辛いことです。

    できるなら誰にも死んで欲しくないし、病気やケガもして欲しくないとは誰もが思うことです。

    特に身近な人が死んだ時などは、その思いが強いことでしょう。

    しかし、時間が経つとその思いも切実ではなくなります。

    そういう油断に、夢占いは釘をさしてくれているのです。

     

    必要以上に華美な葬式の夢


     

    必要以上に華美な葬式の夢占いは、その葬式の対象者との対人関係の不和を暗示しています。

    確かに有名人など、いかにもお金をかけているなという葬式はありますが、一般人の場合は会場の大小の違い程度で、華美であることはまずありません。

    にも関わらず、その対象者の葬式を華美にして夢に見るというのは、あなたがその相手の死に対して、喜びを感じるからなのです。

    葬式であるにも関わらず、まるで祝い事のように華美であるというのは、気持ちの反映であることを示しているのです。

    しかし、夢占いは同時にそういった人間関係では良くないことも知らせています。

    このままだとあなた自身にも悪影響がありますので、この夢を見た時には、その対象者との緩やかな関係修復を目指しましょう。

     

    鳥葬や土葬などの夢の場合


     

    鳥葬や土葬などの夢占いは、あなたの精神状態が悪いことを暗示しています。

    鳥葬や土葬などは、地域や時代において世界中のあちこちにあった風習ですが、近代日本には縁のないものです。

    鳥葬や土葬などが良くない行為というわけではなく、文化的にあり得ない葬儀方法であることに問題があるのです。

    この夢を見た時、あなたには精神衛生上良くない環境や人間関係の中にあり、非常に辛い思いをしています。

    意識していない場合は、内在意識で感じながらもむりやり押し込んでいる状態ですので、さらに、よどみのように精神に溜まっていきます。

    この夢占いはある種の警告ですので、これを見た時にはリフレッシュして、環境を思い切って変えてしまうのも良いかも知れません。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、葬式が暗示する夢占いの重要なシグナルについて説明してきました。

    葬式はあまり現実では起きて欲しくないことですが、夢占いの中では必ずしも凶事であるということはありません。

    ですが、中には重要な警告の意味を持つものもあり、意味を良く知り、すぐに対処できるようにしておきましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント