職場で嫌われる女の7つの特徴

職場で嫌われる女 特徴一緒に仕事をしている同僚の中に、どうしても好きになれない人っていますか?

女性ばかりの職場だと、特に「この女、どうしても好きになれない…」という人が残念ながら一人はいるものです。

ですが、ここで心配になるのは「自分がそういう女だと思われていないか? 」ということ。

決して悪気が無くても、周囲から嫌われる言動や行動を取っていたら、あなたの評価は下がってしまいます。

そこでここでは、職場で嫌われる女性の特徴についてお伝えしていきます。

この機会に、自分の周囲に対する振る舞いを見直しましょう。

 

職場で嫌われる女の7つの特徴

 



 

人の悪口や陰口を言う


 

何かにつけて人の悪口や陰口を言う女性は「職場で嫌われる女」の大きな特徴です。

この世界は、あなたの潜在意識を映す鏡のようなもの。

この世の中で起こっている問題や困難は、全てあなたの心の中を反映しているできごとなのです。

こうした考え方を、心理学の世界では「鏡の法則」と呼んでいます。

例えば、人に悪口や陰口ばかり言っている人がいるとします。

そういう人は、いくらうわべだけ周囲に良い顔をしていても、心の中では他人に感謝などしていない状態だということ。

後々、その悪口や陰口は全て自分に返ってきてしまいます。

自分が職場で嫌われる女性になりたくなければ、絶対に人の悪口や陰口は言うべきではありません。

 

愚痴や言い訳が多い


 

職場で嫌われる女性というのは、何か失敗をした時の言い訳や、仕事が忙しい時の愚痴が多いのも特徴です。

こういう人の心の中では「セルフハンディキャッピング」という心理現象が起きています。

これは、あらかじめ自分にハンディキャップを課しておくことで、失敗した時の逃げ場を作っておく心理現象のことです。

いつも愚痴や言い訳ばかりしている人の心の中では、こうした心理が働いていることを覚えておきましょう。

もしあなたが、どうしても苦しくて愚痴をこぼしたくなったら、その場所は決して職場ではないところにしておく方が無難です。

職場で嫌われたくなければ、TPOをきちんとわきまえる必要があるのです。

 

感情的でヒステリックな性格


 

何かトラブルが起こるとすぐパニックになったり、ヒステリックな反応をする女性をたまに見かけますが、このような感情的でヒステリックな性格も、職場で嫌われる女性の特徴だと言えます。

こうした女性の存在は、職場の人々すべてのストレスです。

ヒステリーという言葉そのものが心理用語の一つなのですが、こうした性格の持ち主は他にも様々なトラブルを抱えている傾向にあります。

ですから、感情的でヒステリックな性格の人には、あまり関わらないようにするのが無難

また、自分がそうならないように感情をコントロールできるように心掛けていきましょう。

 

自信過剰・自意識過剰


 

職場で嫌われる女の代名詞かも知れない大きな特徴の一つに、自信過剰または自意識過剰な性格というものもあります。

自分に仕事の実力がないのに、何でも自分ができるという顔をする人には、さすがに腹が立つこともありますよね?

このような性格の人は、いつも自分が特別だという「自己愛」の心理が強く働いています。

あまり自信過剰になり過ぎると、ますます人から嫌われてしまうでしょう。

もしあなたにそのような傾向があるなら、自己愛が他己愛に変わっていくように、できるだけ心のバランスを意識していくようにしてみましょう。

 

空気が読めない


 

仕事中なのに休憩時間のように周囲に話しかけてきたり、人に対して悪気なく失礼な発言をする人は、やはり職場で嫌われる女となりがちです。

こうした人は、場の空気が読めていないので、このような言動や行動を取ってしまうのです。

場の空気が読めない人というのは、全てがその人の性格のせいという訳ではありません。

最近少し話題になっている幼少期からの発達障がいにも、こうした傾向を持っているものがあります。

注意欠陥性の障がいや自閉的傾向の障がいを抱えたまま大人になってしまった人は、どうしても場の空気を読むのが苦手なのです。

決して悪気はありませんから、こうした人には「こういう場合は、○○してはいけない」という感じで、やってはいけないことを丁寧に教えてあげましょう。

 

ネガティブな性格


 

職場で嫌われる女の特徴としてよく見られるものの中に、ネガティブな性格というものもあります。

基本的にポジティブであれば、誰とでも明るく接していけるので、多少遠慮がない部分があっても嫌われることは少ないでしょう。

ですが、ネガティブな性格だと周囲もそういう人に気を使わなくてはならないので、関わるのがめんどうだという気持ちになりかねません。

ネガティブな性格を治すには、日頃からポジティブな言葉を使うなどして気持ちを変えていくように努めてみてください。

人間は、ポジティブな言葉に対して、気持ちもポジティブな方向に働く心理を持っています。

こうした心の動きを、心理学の世界では「一貫性の原理」と呼んでいます。

ぜひ、ネガティブな性格を変えるために活用してみてください。

 

二重人格


 

二重人格というと、少し重たい印象を受けるかも知れませんが、職場で嫌われる女性は、二つの顔を使い分ける特徴を持っています。

つまり、上司に見せる態度と同僚や後輩に見せる態度が違う状態だということです。表裏のある性格だといっても良いでしょう。

こうした人は、表ではいくら良い顔をしていても、裏では先程まで述べた嫌われる特徴をたくさん持っています。

上司にばかり良い顔をしている分、より職場の同僚からは嫌われる女となってしまうのです。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

職場で嫌われる女の特徴の中で、あなたは、当てはまる部分がありましたか?

自分で自覚していなくても、改めて日常生活を見直した時に、一つでも当てはまっていたら要注意!

もしかしたら、あなたも職場で嫌われる女になってしまっているかも知れません。

職場というのは人間関係が密接な場所でもあるので、嫌われていては毎日の生活がつらいばかりです。

今回の内容を参考にして頂き、少しでも自分が嫌われる部分を改善していってみてください。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント