怖い夢を見る原因が解明!! 見ない方法はコレだ!!

怖い夢を見る 原因

あなたは、怖い夢を見てうなされたり、夜中に驚いて飛び起きてしまう…なんて経験をしたことがありませんか?

一般的に、怖い夢というのは子どもが見るものと誤解されがちですが、実際は大人でも繰り返し怖い夢を見ることがあります。

怖い夢にうなされて目が覚めると当然気持ちはネガティブになりますし、そこから再び眠りにつこうとしても、また怖い夢を見るのではないかという不安で眠れないことが多いでしょう。

ですから、朝の目覚めをスッキリと気持ち良いものにするためにも、怖い夢はできるだけ見たくないものです。

そこで今回は、怖い夢を見ない方法をたくさんお伝えしていきます。

怖い夢を見る原因やその深層心理を探っていき、それを根拠に考えられた対処法です。

そのため、当てはまる原因に対応した方法を試すことできっと効果が得られるでしょう。

あなたに合った方法を見つけて、今夜から怖い夢から卒業しましょう!
[続きを読む…]

知っておきたい!モンスターペアレントになる原因とその対応策

モンスターペアレント

最近、新聞やテレビなどのメディアでも取り上げられている「モンスターペアレント」。

学校や保育園・幼稚園、子どもの習い事など…子どもの教育に関わる現場で、モンスターペアレントの存在がたびたび問題となっています。

こうした現場で働いている人はもちろん、一般の人たちでも、モンスターペアレントに「できれば出会いたくない」と思いますよね?

しかし、そうは言っても意外と身近に存在しているのがモンスターペアレント

あなたの周りにも、モンスターペアレントに出会ってしまい、対応に困っている人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は、意外と身近にいるモンスターペアレントへの対応策について詳しくまとめました。

モンスターペアレントが生まれる背景や原因も合わせてお伝えしていきますので、それが理解できれば、どう対応すればよいかがおのずとわかってきます。

実際の体験談や実例もありますので、具体的にどうすれば良いのかもわかるはずです。

[続きを読む…]

劇的改善!人間関係が上手くいかない原因や特徴とその改善方法

人間関係

ストレスが多い現代社会において、職場や学校などで「人間関係が上手くいかない…」と悩んでいる人はとても多いです。

どんなに能力が優れていても、人間関係が上手くいっていないと、生きていく上で大変になってきます。

職場で同僚や上司と上手くコミュニケ―ションが取れなかったり、学校などでも友達との関係が上手くいかず不登校になってしまうなど…

あなたはどうでしょうか?

人間関係が上手くいかず、生きづらさを感じていたりしないですか?

できれば、人間関係で悩まずに、自分が持っている能力を発揮しながら「自分らしく」生きていきたいものですよね。

そこでここでは、人間関係が上手くいかない原因や特徴をお伝えし、そこから見えてくる改善方法をお教えしていきます。

人間関係が上手くいかない原因や特徴を理解し、自分自身と照らし合わせていくことで、自分の内面や行動をどう変えていけば良いかが明確になります。

それができれば、人間関係のコンプレックスが解消され、友達との関係や仕事、また自分の目標なども見つかり、充実した人生に変わっていきます。

この機会にぜひ、自分の内面を見つめていきましょう。
[続きを読む…]

変わりたい!自我が強い性格の人の特徴とわがままな自分を変える方法

自我が強い

あなたは、周りの人たちから「自我が強い」と言われたことはありませんか?

自我が強いなどと言われてしまうと、一見「わがまま」だと言われているように感じてしまいますよね。

しかし、多くの人が「自我が強い」という言葉の意味を誤解をしてしまっています。

本当の意味では「自我が強い」ということは、必ずしも悪いことではないのです。

しかし、自我の強さもあまにりに度が過ぎてしまうと「独りよがり」で「わがまま」な振る舞いにつながるため、トラブルの原因にもなります。

自分にとって良い出会いがあっても、そうした振る舞いのために、自らそれを台無しにしてしまうこともあるかも知れません。

そこで今回は、自我が強い人の特徴を理解し、自らのわがままな性格を変えるための方法についてお伝えしていきます。

「自我が強い」性格の人の特徴を理解することは、自らの性格を見つめ直すきっかけとなります。

自然に、性格を変えるために何が必要なのかがわかってきますし、周囲との人間関係にも良い影響を及ぼすことになるでしょう。

この機会に、自分の「自我」と向き合ってみてください。
[続きを読む…]

集中力がない子どもの特徴と原因から見えてくる集中力を高める方法

集中力がない子ども

人には誰にでも集中力できない時があります。

他人の声や行動が気になったり、周囲に気持ちを誘惑するものがあれば、どうしても気が散ってしまうものです。

私たち大人でもそうなのですから、それが子どもであれば尚更でしょう。

勉強をしなくてはならない時にテレビやマンガが気になってしまって宿題が手に付かない…なんていうのは、その典型でしょう。

親であれば、子どものそうした様子を見かけると、注意して集中できるように促します。

しかし近年は、いくら注意をしても集中力を維持できない子どもが増えてきていると言われ、そうした子どもが教育現場で問題児扱いされてしまっています。

実は…私の息子もそうした「集中力がない子ども」でした。

息子は、集中力がないことで忘れ物がとても多く、宿題もきちんと出すことができず「問題児扱い」されてしまい、私は何度も学校に呼び出されていました。

また、勉強だけでなく、人の話を聞くことにも集中できないため、友達との関係も上手くいかず、学校生活の中ではいじめにもあっていたようです。

学校からは「家庭で注意してお子さんを指導してください」と言われるため、一生懸命関わろうとするのですが、いくら注意しても改善しない息子の様子にとても悩んでいました。

実際、私のように子どもに集中力がないことで悩んでいる親は少なくないと聞きます。

しかし私は今、以前よりも気持ちを楽にして息子に関わることができるようになりました。

なぜなら、息子が物事に集中することができない理由が分かったので、どのように関われば良いかも理解することができるようになったからです。

子どもが集中できない原因や集中力がない子どもの特徴を知り、そうした特徴をもつ病気もあるということを理解することで、子どもに対して適切な言葉掛けや対処をしてあげることができるようになります。

集中力がない子どもにどう対処れば良いかを理解してそれを実践していけば、子どもの様子も変わっていくということを私自身の子育てで体感したのです。

今回、私の子育ての経験や学んだ知識から、集中力がない子どもの特徴と原因、そして、どうすれば集中力を高めることができるのかについてお伝えします。
[続きを読む…]