【夢占い】殺す夢が暗示する重要なシグナル

    夢占い 殺す

    殺す夢というのは、かなり物騒な夢です。

    死や葬式などは、破壊と再生を意味しますが、殺す夢ということになると単純に死だけをとらえてみることはできません。

    殺す夢の場合、その結果死ぬことよりも、殺すことそのもの、殺す行為自体に意味があり、問題があるのです。

    今回は、殺す夢が暗示する夢占いの重要なシグナルについて解説していきます。

     

    【夢占い】殺す夢が暗示する重要なシグナル

     



     

    親を殺す夢


     

    親を殺す場合の夢占いは、あなたの異常性と性倒錯を暗示しています。

    親を殺すというのは、たとえ夢の中であったとしても、精神的に異常な状態にあるとしか言えません。

    夢を見ている時、人は「これは夢だ」と認識しながら行動はしません。

    夢で行った行為は、現実であっても同じ行為に及ぶ可能性が非常に高いのです。

    その上で、親を殺す夢というのは、正常な精神状態であるとは言えません。

    厳しい親で、平気で手も上げるような虐待を受けているという場合を除いては、この夢を見る人は精神状態が限界にきていると考えて良いでしょう。

    また、この行為は異性の親に限ってですが、性倒錯者の気もあると考えて良いでしょう。

    親を嫌い、憎みながらも、愛して欲しいという幼い気持ちを持っており、それが実現しないために大きなフラストレーションを抱えています。

    この夢を見たら、すぐに専門家に相談することをおすすめします。

    また、二回以上見るようでしたら、大ごとになる前に入院措置などをした方が良いでしょう。

     

    恋人を殺す夢


     

    恋人を殺す場合の夢占いは、あなたが恋人に対して普通の束縛だけでは物足りない、独占し切れていないことを暗示しています。

    恋人を殺すということは、永遠に他者のものにはならない、させないことを示しています。

    征服欲と独占欲が極めて強いことを表しており、この夢を見る人は相手に対して愛情はありません。

    この手の人は、自己愛が強く、恋人は所有物として自分の元に置いておきたいだけです。

    ですが、独占欲や所有感が強いので、自分のものが人の手に渡ることは許せず、そんな位なら殺してしまえという感覚を持っているのです。

    こんな気質の人がストーカーになりやすいのですが、もしまだ冷静な状態であるなら、相手を本当に大事に思っているのかを一度考えるべきでしょう。

     

    友人を殺す夢


     

    友人を殺す夢占いは、「代替夢」、「代償夢」と言い、やはり現実でも殺したいほど憎む出来事があり、今や交流を断絶したいとまで思っていることを暗示しています。

    これまでは仲が良かった友人ですが、何かをキッカケに微妙な関係になります。

    それが長期にわたったことで、消えて欲しい、殺したいとまで思っており、それが現実ではかなわないために夢の中で行為に及んだのです。

    ただ「代替夢」、「代償夢」は、夢の中で思いをとげたことによって、心のわだかまりが解けることも少なくありません。

    夢自体に吉凶はないのですが、こういった夢の後に仲直りするといったことはよくあり、吉事にするかどうかは自分次第なのです。

     

    動物を殺す夢


     

    動物を殺す夢占いは、その後におこなう行為で暗示する意味が変わります。

    動物を殺して食べる夢は、自身の体力不足や、エネルギー不足を示しており、病気などの心配もある中、それが改善することを表しているものです。

    動物を殺しても、食べたりすることなく殺すことだけに目的を持っている場合の夢占いは、ストレスやフラストレーションの塊になっていることを示しています。

    前者は吉事を教えてくれていますのでそのままで良いのですが、後者には精神衛生上、非常に問題のある状態ですので改善しなければなりません。

    後者の人は、できる限り余裕を持って、ゆったり暮らす努力や工夫をしましょう。

    放置すると、精神疾患におちいる可能性も少なくありませんので注意が必要です。

     

    有名人を殺す夢


     

    有名人を殺す夢占いは、あなた自身が有名になりたい、目立ちたいという浅はかな考えを持っており、それが無理であることを暗示しています。

    有名人を殺すという夢は、その有名人になり変わるという意味と、有名人を殺せば有名になれるという2つの意味があります。

    しかし、現実は有名人を殺してもその有名人になり変わることはできませんし、有名人を殺して有名になっても汚名でしかなく、しかもすぐに忘れられます。

    つまり、この夢を見た時、有名になりたいと思っていても、無理なことだと夢占いは教えてくれているのです。

    この夢を見るということは、あなたが有名になるには、こんな方法程度しかなく、今の生活で満足するべきだと示していると言えるのです。

     

    誰かと殺し合う夢


     

    誰かと殺し合う夢占いは、あなたの自惚れや自尊心の高さを示しており、周囲に煙たがられていることを暗示しています。

    誰かと殺し合う夢というのは、一方的に殺す夢とは違い、戦いの経緯があるわけです。

    つまり、正面切って戦うわけですから、あなたは自信家であるといえるわけです。

    実際は、その戦っている相手とは勝負にもならない力の差があるにも関わらず、あなたは何故か真正面から戦っても勝つ可能性があると感じているのです。

    そういった大きな勘違いによる自惚れや自尊心の高さに、周囲がウンザリしていることを夢占いは教えてくれているのです。

    対人運を良くしたいなら、こうした自惚れ(うぬぼれ)や、好戦的な姿勢、プライドを捨てる必要があります。

     

    自分で自分を殺す夢


     

    自分で自分を殺す夢占いは、あなたが現在の自分が嫌いで脱却したいと考えており、そのチャンスがめぐってくる暗示です。

    自分で自分を殺すということは、一見自殺に聞こえるでしょうが、そういうことではなく、自分同士で戦ってどちらかがどちらかを殺し勝利することをさします。

    戦う=葛藤で、覚醒時の自分自身も、自分が嫌ではあるけれども、変わる自身もキッカケもない状態で、ずるずる今までやってきたことを示します。

    多くの人が、それほど幸福ではなくても、自分をそれほど好きではなくても、いざ変わるということになるとためらいが生まれます。

    変わった後に生活がどうなるのか、自分がどうなるのか、周囲はどう思うのか、そんな様々な不安要素を抱えてしまい、一歩を踏み出せないのです。

    この夢は、そんなあなたの潜在意識を表しているのと同時に、変わるための大きなチャンスを予見しているのです。

    もちろん、そうであってもそのチャンスに手を伸ばすのか、伸ばさないのかはあなた自身の問題です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、殺す夢が暗示する夢占いの重要なシグナルについて説明してきました。

    殺すというネガティブな行為は、やはり夢占いでもネガティブな意味を持ちます。

    また、占いの範疇をこえて、殺す夢はあなたの精神状態の異常性や、切羽詰まった状態を教えてくれます。

    殺す夢に関しては、占いであるかないかは別として、内容に注意して、その内容によってはしかるべき対処をしましょう。

    また、自分ではなくても周囲の人が殺す夢について話した場合には、この内容を教えてあげ、内容によっては専門家に相談するようにうながして下さい。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント