【夢占い】写真が暗示する重要なメッセージ

    夢占い 写真

    写真は、色々な意味でスピリチュアルなイメージのあるものです。

    写真は、まさに真実を写す鏡ですが、それぞれに色々な意味を持っています。

    今回は、写真の夢占いが暗示する重要なメッセージについてお伝えします。

     

    【夢占い】写真が暗示する重要なメッセージ

     



     

    自分で自分の写真を撮る夢


     

    自分で自分の写真を撮る夢占いは、自分を認めてもらいたい、しかし認められていないことを暗示しています。

    この夢は、少しナルシストっぽいイメージを抱きますが、その要素もこの夢は示しています。

    つまり、独りよがりなあなたに対する注意をうながすものでもあるのです。

    何でもかんでも「自分、自分」という性質が、周囲にも伝わっており、あなたが属するコミュニティ内で、うとまれてしまっている事態を表しているのです。

    このままでは、やがて周囲から見放されて1人になってしまうことをも告げているのです。

    今はまだそこまでいっていませんが、いずれそうなる可能性を教えてくれています。

     

    誰かが自分の写真を撮る夢


     

    誰かが自分の写真を撮る場合の夢占いは、近い将来にあなたに注目する人、もしくは、あなたのことを好きになる人との出会いを暗示しています。

    その相手は見えている必要はありません。

    ただ、他人に写真を撮られていることさえ感じれば、夢の意味は変わりません。

    また、もうすでにあなたを気にしている人がいる可能性もあります。

    この夢は、基本的には吉兆です。

     

    美しい風景の写真を見ている夢の場合


     

    美しい風景の写真を見ている場合の夢占いは、現在あなたが非常に強いストレスにさらされていることを暗示しています。

    この夢を見た時には、自分自身で気付いていなくても、心の奥底で病んでしまっているので、すぐにでも穏やかに、安らかにすごす方向にいかなくてはなりません。

    夢の通り、雄大で美しい風景を見たり、できる限り身体を休めたり、好きなことに打ち込むなど、ストレスや心の負担を少しでも和らげましょう。

    不眠症などになっていないなら、1日何もしないで寝てみるのも良いかも知れません。

     

    片想いで好きな人の写真を見ている夢


     

    片想いで好きな人の写真を見ている場合の夢占いは、今が告白の時だと暗示しています。

    あなたの想いもマックスになっており、告白しないでいると自分自身の精神衛生上悪い影響が出ます。

    必ず上手くいくと言うことを示している夢ではありませんが、かなり高い確率で相手にもそのエネルギーが伝わっている可能性があります。

    夢は、潜在意識が表に出ているものでもあるのですが、潜在意識と言うものは、どこかでそれぞれがつながっていると言う説もあります。

    そのため、この夢を見た場合は、絶好の機会でもあると夢占いは教えてくれているのです。

     

    家族の集合写真に写っていない人がいる夢


     

    家族の集合写真に写っていない人がいる夢占いは、家庭内のイザコザを暗示しています。

    写っていない人が誰であるかはあまり関係ありませんし、その人が家庭の不和の原因と言うわけでもありません。また、写っていない人の数も関係はありません。

    あくまで家族写真に人が欠けていることが、今後の家族関係の危機を教えてくれているのです。

    この夢を見た時には、できる限り、家族とコミュニケーションをはかり、不和の原因になる芽を先につむようにしましょう。

     

    違和感のある写真の夢


     

    「何が」と言うわけでありませんが、違和感を感じる写真の夢を見た場合の夢占いは、自分のおかれている状況に不満を持つ暗示です。

    もうすでに不満を感じているかも知れませんし、近い将来に不満を持つと言う可能性もあります。

    表の意識はあまり感じていなくても、すでに潜在意識下ではその兆しがあるのです。

    この夢占いでは、その不満の心を持たないこと、それを持つことで悪い方向へといってしまうことを教えてくれているのです。

    そのため、この夢を見たなら、すぐに不満の材料を知り、前もってその原因に対処しましょう。

     

    親しい人と自分が写っている写真の夢


     

    親しい人と自分が写っている写真を見た場合の夢占いは、その表情で意味が変わってしまいます。

    2人とも楽しげで嬉しそうな表情の場合、その人との今後の交流がさらに深く上手くいく暗示です。

    2人とも普通の顔の場合は、これまでと同じような関係性が続きます。

    2人とも暗く浮かない表情なら、今後の関係悪化もしくは疎遠(そえん)になることを示しています。

    また、それぞれの表情が違う場合は、2人のあいだに違和感があることを教えています。

    この場合は、違和感の元になる芽をさがして、早く取りのぞく努力をしましょう。

     

    心霊写真を見る夢の場合


     

    心霊写真が現実に存在するか、しないかは、夢占いにおいては重要なことではありません。

    心霊写真を見る夢が語る夢占いは、その写真を見て恐怖を感じるか、感じないかで変化します。

    心霊写真はオカルティックなものですが、この夢も同じく、恐怖を感じなければ運気が上がる兆しを示してします。

    恐怖を感じるようなら、運気が下がってしまう兆しなのです。

    そこに写っているものや、写っている状態はあまり関係ありません。

    ですが、身近の亡くなった肉親が写っていて、かつ、恐怖を感じるようなら、ケガや病気、事故に対して注意をうながしている暗示です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、写真の夢占いが暗示する重要なメッセージについてお伝えしました。

    写真を撮る、写真を見ると言った夢はあまり見るものではありません。

    それだけに、そう言った夢を見ることは、かなり特別な意味を持つことの表れでもあるのです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント