将来に不安を感じたときにあなたがとるべき8つの行動

将来 不安

現代社会は、将来に希望を抱くには不景気で閉塞感がいっぱいの状況です。

多くの人は、将来に大きな不安を抱いていることでしょう。

少子高齢化や、年金問題、税率引上げの問題や、多くの企業の倒産など、未来に明るい兆しを感じることは、なかなかできません。

特に、これから就職しよう、まだ就職したばかりと言った20代の男性においては、結婚して生活を支える立場として、不安は尽きないでしょう。

今回は、将来に不安を感じたときにあなたがとるべき行動についてお伝えします。

 

将来に不安を感じたときにあなたがとるべき8つの行動

 



 

将来設計をたてる


 

将来に不安を感じる人は、漠然と生きるのではなく、しっかり将来設計をたてましょう。

しかも、なるべく細部にわたって、極めて現実的な設計が必要です。

終身雇用制がもはや神話になってしまった現代では、いずれ転職することも人生設計には必要なことです。

設計は、できる限り、最悪の場合を想定したものが好ましいでしょう。

人間の心理は不思議なもので、ある程度、目に見える形にして表すと不安を軽減できます。

何度も練り直していく内に、徐々に不安も解消されていくでしょう。

 

人脈をできる限り作る


 

人生を生き抜くためには、結局は人脈がものを言います。

毛嫌いせずに、有望な人には積極的に話しかけ、交流を持つことが大事です。

その中で、色々な人の人生設計も聞くことができますし、仲が深くなればなるほど、何かの折には助けてくれる人も出てくるでしょう。

人との交流が少ないと、それだけ自分に巡ってくるチャンスが減ります。

有望ではない人でも、将来的には凄い人物になる可能性もあるので、誰かれ構わずドンドン人脈を作ることです。

特に、年上の人脈は重要です。

まだ学生なら先輩に、社会人なら上司や、取引先の年上の人など、少しくらいは投資してでも仲を深めておくことで将来の不安も軽減できます。

 

信頼できるパートナーを作る


 

やはり何と言っても、将来の不安を解消するには、信頼できるパートナーを作ることが大事です。

共に人生を歩んでいける異性のパートナーを、好き嫌いだけでなく、経済的にも知能的にも充分信頼できる観点で選択することが大事です。

ただの好き嫌いでパートナーを選択すると、時として手かせ足かせになる場合もあるので、将来を見据える場合は、それ以外のビジネス要素も重要視しましょう。

また、ビジネスの観点で信頼できる同性のパートナーも作っておきましょう。

何も、そのパートナーと事業を興すというわけではありませんが、もしそうなった時に頼れるパートナーがいることは、将来の不安を軽減できます。

 

目先のお金より将来的に有望な職


 

将来の不安を解消するには、初任給など目先のお金が良いものではなく、これから有望な職に就くことが大事です。

例えば、少子高齢化の時代ですから、現在は待遇は良いとは言えませんが、介護福祉関連の仕事はなくなることはないでしょう。

いずれ、政府の介入ももっと深くなりますので、資格取得は難しくなるものの、待遇は良くなっていくはずです。

すでに人手不足と言われているような仕事を見つけることが、これからはとても重要になります。

若い内に稼ぐだけ稼いでという考え方も多いですが、稼ぐと言ってもたかが知れています。

やはり長期的に、定年になる年齢までを見据えて就職を考える必要があるでしょう。

 

確かな資格を取得する


 

将来の不安を取り除くために、最近は多くの人が資格取得に動きますが、正直なところ民間資格は何の役にも立ちません。

それどころか、それにかかる費用が無駄になるだけです。

ですが、資格取得は重要なことです。

現在の仕事で安心せずに、先を見て資格を取得しておくことは、安心へとつながります。

ただし、あくまで国家資格に限ります。

また、職業によっては、意外なところから公務員試験に合格できる仕事もあるので、安定感のある資格を探して取得する努力をしましょう。

 

常に情報を収集して精査しておく


 

現代は、情報社会です。

情報を制することができれば、多くのことを制することができます。

働きながらも、常に情報収集しておくことで、自分にとって有利な状況下へ移行していくことも可能です。

また、情報を収集しておけば、将来の不安も目に見える形で取り除けます。

インターネットや書籍だけでなく、人脈を作る中でも情報を収集しましょう。

生の情報は、細部にわたっており、極めて専門的ですので、充分役立つことでしょう。

 

仕事はできる限り幅広く覚える


 

将来の不安を軽減するには、仕事を幅広く覚えることも重要です。

漠然と日々の仕事をこなすだけではなく、積極的に専門外や、担当外の仕事もさりげなく覚えていきましょう。

1つでもできることや、知識が増えれば、その分だけ不安は減ります。

せっかく就職などをしても、必要最小限の仕事しか覚えないということはもったいないことです。

学生のバイトもバカにはできません。

そういう場でも、そこで行う業務は全て覚えるようにしましょう。

取引先の人と話して、その会社の仕事なども覚えることができれば、将来的に強い味方となります。

 

特技や趣味はできる限り多く持つ


 

特技や趣味は、できる限り多く持ちましょう。

そういったことが、人生のどこかで役立つことも意外と多くあるのです。

色々なことができて、色々なことを知っているというだけで、将来の不安は減るものです。

何も、お金になることを集中的に覚えるということではなく、これは好きなことや興味を持ったことで構いません。

また、そういったことに没頭することで、不安な気持ちを一時でも忘れることができるはずです。

物質面ではない人生の豊かさは、時として身を助けるものです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

今回は、将来に不安を感じたときにあなたがとるべき行動についてお伝えしました。

不安を取り除くためには、やはり積極的に動いていくことが重要になります。

日々を漠然と送っていれば、不安は募るだけですし、いざという時に何の対応もできません。

常に考えてシミュレートしていれば、とっさの時に動けますし、判断もできます。

目の前のことにとらわれずに、人生を長期的に見据えることが将来の不安を軽減する唯一の方法です。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント