嫌味な人に心を乱されることなく生き抜く7つの方法

嫌味な人

病は気からと言いますが、ひどい嫌味を言われて、精神が落ち込んでしまうと、身体の方まで病気になりかねません。

また、デリケートな人は、精神状況が悪化してしまうと、自傷したり、自殺したりしてしまうことさえあります。

ストレスを抱えることが多い現代社会において、他人からの嫌味を上手に受け流すスキルは、もはや、身につけるべき必須スキルと言っても過言ではありません。

今回の記事においては、嫌味な人にどんな嫌味を言われても、心を乱されることなく生き抜く方法を7つお伝えします。

 

嫌味な人に心を乱されることなく生き抜く7つの方法

 



 

育てるための嫌味の存在を知る


 

一般に、嫌味な人と言うと、精神的に不安定な人が、自身の支配欲を充たして精神を安定させるために、他人に攻撃的になっているケースが多いです。

つまり、弱い他人を攻撃して、自分が優位な立場にいることを確認して気持ちよくなるのです。

しかし、嫌味を言う理由は、そういう悪意によるものばかりではありません。相手を育てるための嫌味というのも確かにあります。

嫌味に心を乱されることなく受け流すとことも大切です。

ただし、賢明に受け流すための前提として、受け流してはいけない種類の嫌味の存在があることに注意しておきましょう。

 

嫌味も自分の成長の糧としてとらえてみる


 

たとえ、嫌味な人の発言が、単純に悪意からだけのものであったとしても、その嫌味が仕事上に必要なものだったり、内容が合理的なものだったりすることがあります。

リフレーミングという言葉を知っていますか?

リフレーミング(reframing)とは、物事をある枠組み(フレーム)でとらえられている場合に、その枠組みをはずして、別の枠組みでとらえなおすことです。

嫌味も自分の成長の糧としてとらえることができる場合には、それほど心が傷つくということはありません。

 

相手の言動を記録する


 

度が過ぎた嫌味は、刑法上の犯罪ですし、民法上の不法行為ともなります。ひらたく言えば、裁判沙汰になります。

特に、後者の民法上における不法行為の存在が大切です。

ICレコーダーなどを隠し持って、嫌味な人からの問題となる発言を録音しておけば、民事訴訟に持ち込めば、数十万円単位の損害賠償金をとることができます。

相手の嫌味がひどいものになればなるほどお金がもらえるのであれば、嫌味を言われることも、別段、苦にならなくなるでしょう。

もちろん、相手が過激な言葉を口に出すよう仕向けるために、わざと失敗を繰り返すというようなことは、やめておいた方がいいです。

 

言われた嫌味を趣味の素材として活用する


 

裁判沙汰にするのは、あまりにも事を荒立てすぎると思われる方もいるでしょう。

2つ目でお伝えした、嫌味を成長の糧ととらえることと同じリフレーミングの技法になりますが、芝居っ気のある人の場合、嫌味な人の形態模写を持ち芸にしてしまうのも良いでしょう。

お芝居に限らず、各種の表現に関連する趣味を持っているのであれば、嫌な経験があっても、それを持ちネタにしてしまうことができます。

 

対人競技で嫌味への抵抗力を高める


 

嫌味には、直接的な肉体接触(コンタクト)がありません。

近年、日本において武道教育の必要が説かれるようになってきています。「口先で相手が倒せるのならば、真面目に練習する意味がない」といった殺伐とした発想も、嫌味への抵抗力を高めてくれます。

嫌味で人を傷つけることができると考える嫌味な人を前にして、「舌べらを回している間に口の中に手を突っ込めば終わりだよな」と、ゆったり考えることができるようになると、嫌味もあまり気にならなくなります。

 

頭の中で何かを暗唱する


 

頭の中で何かを暗唱するのも、相手の嫌味を受け流すための有効な手段として伝統的に知られています。

仏教の経文や聖書の聖句といった宗教的なものを頭の中で暗唱しながら、辛い時間が過ぎるのを待つことは、古今東西において行われてきたことです。宗教的なものに縁がなければ、好きな歌でもかまいません。

あなたは頭の中で、単純に同じことを繰り返しているだけですが、一方の嫌味な人は、嫌味の内容をひとつひとつ考えなければなりません。

相手の気力の方が早く尽きるでしょう。

 

嫌味を言う相手と物理的距離をとる


 

これもまた一般によく使われる方法ですが、嫌味を言う相手と距離を取って近づかないことも、嫌味な人に対する有効な対策になります。

嫌味を言われるから気分が悪いのならば、顔を合わさないことによって嫌味を言われること自体を避けるのです。

逃げるようで気分が悪いと思う方もいるでしょうが、それがお手軽な解決方法であることも多いです。

また、公平なスポーツの勝負でもないのです。相手に対してやり返したいと思ったときには、相手の視界からいったん外れた後、相手に見えないところから罠を張り巡らせる方が断然に有利です。

 

まとめ


 

昔から「艱難辛苦は汝を玉にす(かんなんしんく なんじを たまにす)」と言われるぐらいですから、適度に嫌味を言われるくらいであれば、自分の成長の糧にすることはできます。

ただ、あまり我慢しすぎると、自分の精神の方が壊れてしまいます。

簡単に受け流してはいけない、教育的な要素のある嫌味があることに注意しつつ、本当にダメな嫌味な人に対しては、今回の記事を参考にして上手に受け流してください。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント