「この女、育ちが悪いな」と男性に敬遠される女性の言動

    育ちが悪い

    あなたの周りに、育ちが悪いと感じてしまう女性はいますか?

    話す言葉や口調ひとつとっても、その人の育ってきた家庭環境などが表れるものです。

    周囲から「育ちが悪い」という烙印を押されてしまうと、会社などでの評価が下がるだけではなく、男性からも敬遠されしまう可能性があります。

    では、育ちの悪さが垣間見える女性の言動に共通する点はどんなものでしょうか?

    ここでは、そんな「育ちの悪さ」が垣間見える女性の言動について詳しくお伝えしていきます

    あなた自身が「育ちが悪い」と思われる言動をしていないか、この機会にぜひチェックしてみましょう。

     

    「この女、育ちが悪いな」と男性に敬遠される女性の言動

     



     

    声が大きすぎる


    時や場所・場合…いわゆる「TPO」というものを考えずに、どこでも大きな声で話す女性を時折見かけます。

    どこででも大きな声で話す女性は、周囲に育ちが悪い印象を与えるので注意が必要です。

    特に、最初に出会った時にこうした印象を与えてしまうと、その後ずっと「育ちが悪い」というイメージで見られるようになってしまいます。

    このように、最初に出会った時に目立った特徴がその後の印象を歪めてしまう心理現象を「ハロー効果」と呼びます。

    「小さな声で話すより、大きな声でハキハキと! 」

    という育てられ方をしたのかも知れませんが、TPOをわきまえないと、育ちが悪いと思われ敬遠されてしまうので気をつけましょう。

     

    舌打ちをする


    何か気に入らないことがあった時に舌打ちをする女性は、特に育ちが悪い印象を受けます。

    舌打ちには、イライラや不快感、怒りや失望などの心理が表されています。

    そうした行為を人に向けてするというのは、人に直接伝えられない怒りの心理を表現しており、決して良い行為ではありません。

    また、自分に対して舌打ちする人もいますが、これもまた自分に対する怒りや失望を自分に向けて表現していることになり、自分を卑下する行為になってしまいます。

    ですから、舌打ちというのは、育ちの良し悪しに関わらず、できるだけしないように心掛けましょう。

     

    人の悪口を言う


    すぐに人の悪口を言う女性は意外と多いようですが、こうした女性も男性から見れば育ちが悪い印象になります。

    その中でも特に、自分の周囲や自分の家族の悪口を言っている人は、自分の育った環境に対して悪口を言っているようなもの。

    それだけでも良い印象を与えません。

    また悪口からは、事実をしっかりと確認せずに自分の考えだけで周囲を評価する「論理誤差」という心理が働きます。

    一度は論理誤差により誤解を招いても、それが誤解だと分かった時には、悪口を言った人の評価が下がるでしょう。

    そうならないように、人の悪口というのはやはり言うべきではないのです。

     

    言葉使いが下品


    例えば、自分以外の人を指す時に「おまえ」「あんた」などという言葉を使ってはいませんか?

    そうした言葉を使っていると、周囲に下品な印象を与えてしまうので、育ちが悪いと思われてしまいます。

    何もかも丁寧な言葉で話す必要はありませんが、下品で乱暴な言葉はふとした瞬間に出てしまうものです。

    まずは「おまえ」「あんた」などという言葉を「あなた」に変えるところから始めてみましょう。

    そうすることで、他の下品で乱暴な言葉も、次第に出て来なくなってくるのです。

     

    敬語が使えない


    下品な言葉と同様に、正しい丁寧語や敬語が使えない女性も、やはり周囲に育ちが悪い印象を与えます。

    正しい敬語というのはなかなか難しいものですが、言葉の頭に「お」や「ご」をつけた美化語を意識して話すようにしてみましょう。

    それだけでも相手に上品な印象を与えることができます。

    今まで敬語が上手く使えていなかったとしても、今からでも美化語を意識して話すようにすれば、周囲の印象が変わります。

    例えば、今まで周囲に「育ちが悪い」と思われていた女性が丁寧な言葉を使っていると、周囲が「本当は育ちが良いのかも」という印象を持つように変わっていきます。

    こうした心理現象を「ゲイン効果」と呼びます。

    この心理効果を利用して、周囲の印象を変えていってみてくださいね。

     

    語尾を伸ばした話し方


    丁寧語や敬語が使えないのと同様に、育ちの悪さを印象づける話し方が「語尾を伸ばした話し方」です。

    最近の若い世代の女性には、こうした話し方をする人を多く見かけますが、これは良い印象を与えません。

    語尾を伸ばして話すと、相手の話をきちんと聞いてないと思われ、軽い印象を与えてしまうからです

    そうした誤解を生まないように、語尾は伸ばさずに話すように心掛けていきましょう。

     

    お金に対しての言動


    最後に、特に注意しておきたい言動が「お金に対する言動」です。

    お金に対して異常な執着を見せたり、またお金に対して汚い言葉を使っている女性は、男性に限らず誰が見ても育ちが悪いという印象を持たれます。

    お金というのは、人にとって抱く印象が変わるものです。

    ですから、お金に対して余裕のある言動をしていると、上品な印象を与えます。

    かといって、あまりお金を自慢するような言動をしても嫌味な印象を与えるので良くありません。

    そんな時には「松竹梅の原理」という心理現象を活用してみてください。

    これは、人が複数の選択肢を与えられた時に、一番無難な答えを選択する心理を表したものです。

    お金に対して何らかの答えを求められた時には、この心理現象を活用すると良いでしょう。

    ぜひ覚えておいてくださいね。

     

    まとめ


    ここまで、育ちが悪い印象を与える言動についてお伝えしてきましたが、いかがでしょうか?

    どれか一つでもあなたに思い当たる言動があったなら、あなたも周囲から「育ちが悪い」と思われている可能性があります。

    あなたが「育ちが悪い」と思われるということは、あなたを育てた両親が「悪い」と思われることにもなります。

    自分の大切な両親がそのように思われたら、とても悲しいことですよね?

    ぜひこちらを参考にしていただき、あなたも育ちが悪いと思われる言動を改善していってくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら


    わせて読みたい


      コメント