【夢占い】死ぬ夢が暗示する重要なシグナル

    夢占い 死ぬ

    死ぬ夢を見ると、目覚めたあと何となく嫌な気持ちになります。

    「死」というものに対しては、誰もがネガティブなイメージを抱くことでしょう。

    また、死ぬ夢を見ると、自分や身近な人が死んだり、ケガや病気になるのでは? と思いがちです。

    死は、生まれた時から誰もが向かっていくゴールでもありますし、避けることが不可能なものです。

    しかし、人生とは表裏一体のもので、死は生と隣り合わせなのです。

    そのため、夢占いでも、死ぬ夢が凶事であるとはかぎらないのです。

    今回は、そんな死ぬ夢が暗示する重要なシグナルや意味についてお伝えします。

     

    【夢占い】死ぬ夢が暗示する重要なシグナル

     



     

    自分が死ぬ夢


     

    自分が死ぬ夢は、再生を意味しています。

    ただし、誰かに殺されるといったような夢は、また、違う意味を持ちますので、自然死か、前後の脈絡がなく死んでしまった夢にかぎります。

    この夢占いは、再生だけではなく、運気のアップをも意味しています。

    しかし、それらを暗示しているだけで、この夢占いを理解し、自分から行動しなければなりません。

    現在の状況を変え、それが成功するという暗示ですから、今の自分に行き詰まりを感じているなら、変えるチャンスがやってきていると言うことなのです。

    これは仕事運、家庭運にかぎらず、恋愛運も良いことを示しています。

     

    家族が死ぬ夢


     

    家族が死ぬ夢占いの意味は、自立の時期です。

    その死ぬ家族が、自分自身にとって助けになっている人であればあるほど、自立すべき時期であることを示しているのです。

    また、自分自身の潜在意識下で、自立しなければならないことも教えてくれています。

    自分自身が望まなくても、自立しなければならない何らかのできごとが起きる暗示でもあるのです。

    自立に際して障害になるようなことは一切ありませんので、絶好の機会ととらえましょう。スムーズな自立ができることをあらわしています。

     

    恋人が死ぬ夢


     

    恋人が死ぬ夢占いは、恋人との関係の進展を暗示しています。

    特に、マンネリぎみだったり、倦怠期に入っていたカップルは、そこから良い変化をすることを意味しています。

    自分自身の深層心理下でも、現在の関係性をより良いものに変えたいという願望も持っていることを表しています。

    また、恋人がいない人は、新しい出会いが待っています。

    その出会いは、恋愛に発展する可能性が高い出会いですので、そのチャンスを見逃さずにつかむようにしましょう。

     

    親友が死ぬ夢を見た場合


     

    親友が死ぬ夢占いは、自分に何かおきると言うよりは、その親友に吉兆があると言う意味です。

    例えば、その親友に恋人がいた場合は、結婚の報告が入る、仕事で昇進や昇給の報告があるなど、親友に良いことがおこり、そのことが自分の耳に入ることを示しています。

    深層心理でその親友を応援していたために、あなたに吉報が入ってきたのです。

    もちろん、そのことで親友との関係性がより良いものになるシグナルでもあるのです。

     

    知人が死ぬ夢


     

    知人が死ぬ夢占いは、その知人が死んだことに対して、あなたがどういう感情を抱くかで大きく意味が変わります。

    その相手が嫌な相手で、死んだことが悲しくない場合は、その人との別れを意味します。

    その相手に好意を持っており、死んだことが悲しい場合は、その人と一歩進んだ関係になることを意味します。

    嫌いな相手なのに悲しい場合は、その人と良好な関係が作れます。

    好きな相手なのに悲しくない時には、その相手との関係がギクシャクしてきます。

    夢は、潜在意識の表れでもあるので、無意識に望んでいる関係になっていく可能性があると言うことでもあるのです。

     

    見も知らぬ人が死ぬ場合


     

    見たこともなく、全く知らない人が死んでしまう夢占いは、全く自分で思ってもいなかった人生へのステップを意味します。

    この場合、その相手が見えなくても「知らない人」と言う認識さえあれば、同じ意味を持ちます。

    この夢占いは吉報で、大きなチャンスがめぐってくるシグナルです。

    このシグナルを見逃さずに、チャンスをものにする心の準備が必要になります。

    その見も知らぬ人が現れてチャンスを運んでくる場合もあります。

    深層心理下で、全く違う人生を望んでいる場合の表れでもあるのです。

    ただ、他の夢にくらべて、訪れる日までが少々長いので、しばらくは慎重に行動することが大切です。

     

    自分が誰かに殺されて死ぬ夢


     

    自分が誰かに殺されて死んでしまう場合の夢占いは、大きな変化を意味しています。

    ただ、この夢占いは吉報と言うわけではありません。

    自分が望んでいないにも関わらず、大きな転機がやってくるシグナルなのです。

    ですが、必ず凶事を示すものではなく、この暗示を見逃さずにシッカリ準備しておけば良い変化にすることもできます。

    また、殺されそうになっても逃げ切ることができれば、大きな変化の予兆はありますが、回避することができます。

    しかし、この夢を見た時は、自分自身も気づかない内に、変化を望んでいる場合もありますので、良く考えて対応することが大事です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、死ぬ夢が暗示する重要なシグナルと意味についてお伝えしました。

    死も生も常に背中合わせで、どちらも大きな変化を意味する場合が多いです。

    死ぬからといって凶事であるとは限らず、どちらかと言えば、再生を意味するので、新しい人生の幕開けである重要なシグナルである場合が多いので、心構えをしておきましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント