離婚がチラつくマザコン夫の8つの特徴

マザコン夫

結婚前は、愛している、愛していないと言う観点だけで、ほとんどの人は交際しています。

結婚をする時も、感情が優先で、相手の本質を見ず、さらには、相手の家のことも良く知ろうとしません。

ですが、交際が長くなったり、同棲をしたり、結婚をすると、相手の嫌なところが見えてきます。

特に、結婚は家同士の繋がりであり、2人だけの繋がりでは済まない問題が多々あります。

ふたを開けてみたら、夫が超がつく程のマザコンだったなんて話は、現代では珍しくもありません。

そこで、マザコン夫の特徴や心理を知って、対策を練ることにしましょう。

 

離婚がチラつくマザコン夫の8つの特徴

 



 

良く連絡を取り合う親子


 

通常、男性はあまり親に電話やメールをしたがりません。

思春期からの状態をそのまま引きずってしまっているケースがほとんどです。

もちろん、大人ですから、親への対応はちゃんとします。

ですが、連絡をしない、話をしないと言う状態は、中々元に戻せないものですし、独立した男性は、特に親に関心が向くことはありません。

にも関わらず、頻繁に何かことあるごとに、電話やメールを母親としている男性は、マザコン夫である可能性が極めて高いです。

結婚してもこの状態が続いているならば、嫌でも奥さんが夫の両親と仲良くなり、連絡するのはマザコン夫ではなく、妻と言うスタンスを作り上げましょう。

 

自分の家庭の話が多い男性


 

母親に限らず、男性はそれほど自身の家庭の話はしたがらないものです。

独立した男性は、作った家庭も、元の家庭も自身のパーソナルスペースの最も濃い部分ですので、守ろうと言う潜在意識から公開したがらないのです。

にも関わらず、マザコン夫は自分の家庭の話を頻繁にします。

これは正に、マザコン夫が元の家族に依存している証拠なのです。

多くの人が勘違いしているのですが、”母親”の話を良くする人がマザコン夫だと思っていますが、その範囲は家族全てなのです。

どんなことにも関わらず、家庭の話ばかりする男性はマザコンです。

こういう男性は、相手の家庭の話はあまり興味もなく、聞きたがりません。

ですので、対処法としては、自分自身の家庭の話をやたらにしましょう。

しかし、そのタイミングは、相手が自分の家の話をした時に限ります。

すると、マザコン夫は家の話をすると妻の実家の話もセットになってしまうので、どんどん家の話をしなくなります。

 

自分の世話が全くできない


 

マザコン夫は、当然ずっと母親にあれやこれやと面倒を見てもらっています。

ですので、自分のことが極端にできません。

服を畳んだり、掛けたりまではしなくても、揃えておくことすらできずに、そこら辺に脱ぎ捨ててあるような場合は要注意です。

料理は、1人暮らしの経験や得手不得手があるので仕方がない場合がありますが、最低限、自分の身の回りの世話は自分でできる人でなければ、マザコン夫である確率は高いと言えます。

この対処法は、何も世話をしないことです。

 

極端な優柔不断


 

何ことも自分では決められない、極端に優柔不断な男性は、マザコン夫と思って良いでしょう。

これまでの人生、全てにおいて親に決めてもらい、親に強制されても疑問には思わずきた男性だからです。

多少の優柔不断さは、先天的に持っている人もいますが、全く決められない人は後天的なものです。

これに対処するには、何一つ奥さんが決定しないことです。

そして、しばらくは、夫の決定がおかしくても、我慢することです。

 

料理の味に文句を言う


 

料理の味に文句を言う男性は、マザコン夫が多いです。

しかし、ここで注意して欲しいのは「母親の味と違う」と言うことと、本当に美味しくないかの違いです。

単純に美味しくないのならば、ある時を境に急に言い出した男性は、ずっと我慢してきたことになりますので、独立した男性と言えます。

ほぼ最初から味に文句を言い、「家ではこうだった」と言う男性は、マザコン夫と判断して良いでしょう。

ですが、そもそも家庭の味はお互いの家の味が混ざり合って確立していくものですから、ここは奥さんも意地にならずに、相手の家の味を知りましょう。

そして、自分の家の味と融合していき、あなたの家だけの味を作り上げましょう。

 

母親に対する言葉遣いが酷い


 

これも勘違いしやすいことなのですが、マザコン夫の場合、敬語や甘えた物言いで接すると思っているケースが多いと思います。

ですが、これはドラマや映画の中のステレオタイプなマザコンです。

本当のマザコン夫は、甘えが言葉に出るので、むしろ乱暴な物言いになるのです。

乱暴に話しても許してくれる、許してくれた、そう言う男性がまさにマザコン夫なのです。

これは、2人の閉じた関係性の中でのものなので、なかなか対処しにくいものです。

気長に、「酷い言い方するんだね」と、いさめるしかありません。

 

感情のコントロールができない


 

マザコン夫は、甘えて育ってきていますので、感情をストレートに出すケースが多く、かつ、コントロールできません。

酷い場合には、DVにまでいたります。

言ってみれば、子供のまま大人になったような人なのです。子供が欲しいモノがあった時に、手に入らないと駄々をこねるようなレベルなのです。

これまでは、それでも母親が何とか与えてきたので、事なきを得ていましたが、結婚したとなると話は別です。

そんなマザコン夫のなすがままにしておけば、生活が成り立ちません。

こういうマザコン夫の場合、絶対に財布は奥さんが握らなければ、いつか破産します。

 

母親との相互依存


 

マザコン夫の最も厄介なところは、これが決して一方的な依存ではないと言うことです。

つまり、親離れ、子離れが全くできていないことに起因します。

現代においては、親離れや子離れができない親子は相当数いますが、割と一方通行であったり、程度は人それぞれです。

ですが、このマザコン夫においては、その相互依存は金メダル級なのです。

これを解きほぐすには、並大抵のことでは無理でしょう。

このマザコンを解消する唯一の方法は、奥さんが母親になるしかないのです。

この時に最も注意すべきは、完全に自分の手に落ちるまでは、相手の母親のことは悪く言わない、母親との関係性を悪く言わないと言うことです。

人間は、心理的に否定されればされるほど、意固地になってしまうからです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

現代社会において、マザコン夫は決して少ないとは言えません。

最近は、ファザコン女性も非常に多くなっています。

家族の繋がりや、絆が強いことは決して悪いことではありません。先行きの暗い社会情勢や、自然災害などが後押ししているのかもしれません。

ですが、家族が団結していくことと、依存し合うことは全く違います。

ましてや、結婚して新しい家族ができたら、上手に元の家族に組み込むのが、夫の役目です。

独立心は、煽ったところで出て来るものではありません。

ゆっくりその状態と向き合って、養っていくのがベストなのです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント