元カレを忘れられないときに使える未練を断ち切る7つの方法

元カレ 忘れられない

あなたは、以前付き合っていた元カレのことを、きちんと忘れられていますか?

付き合っていた時が情熱的であればあるほど、別れた時のショックは大きく、未練も残ります。

最初はつらく悲しい気持ちも、時間が経てば和らぐもの。

毎日の生活の中で、徐々に傷ついた気持ちが癒されて、元カレのことを忘れられるようになっていきます。

ですが、中には、いつまでも元カレを忘れられない…という人もいるようです。

忘れられないと、なかなか次のステップに進めず、毎日が苦しくて、生きることが辛くなってしまうかもしれません。

そこでここでは、そんな時に元カレへの未練を断ち切るための方法を7つお伝えします。

 

元カレを忘れられないときに使える未練を断ち切る7つの方法

 



 

元カレへの未練は後悔から始まる!


 

元カレを忘れられない女性というのは、一体どのような心理状態なのでしょうか?

元カレへの未練の感情というのは、その人と付き合っていた時の自分の態度を見直した時に起こる後悔の感情から始まります。

「もっと彼に優しくしておけば良かった」

「束縛し過ぎなければ良かった」

など…過去をいくら振り返っても仕方がないのに、つい後悔の念にさいなまれてしまうのです。

まずは、恋人と別れた時にはできるだけ過去を振り返らないということを覚えておきましょう。

そうすることで、元カレを忘れられないような事態を回避することができるのです。

 

元カレとの思い出は捨てよう


 

元カレと付き合っていた時の思い出を振り返らないようにするには、何をすれば良いのでしょうか?

元カレを連想させるものや事柄は、全て断ち切るようにすると良いのです。

元カレからもらったプレゼントや一緒に写した写真などを捨てるのは勿論のこと、携帯電話の番号やメールアドレス、SNSなどの連絡手段も断ち切った方が良いでしょう。

元カレに未練があるなら、こうしたものは捨ててしまっておいた方が、思い出す機会が減って良いのです。

物も連絡手段も断捨離をすることで、気持ちが一新されてすっきりします。

 

元カレの欠点ばかりをイメージする


 

それでも元カレのことが忘れられず、どうしても思い出してしまうなら、いっそ元カレのことを一生懸命思い出してみて下さい。

人間は「絶対に思い出さないようにしなくては」と思えば思う程ほど、かえって思い出してしまう心理が働きます。

このように、禁止されると余計にそのことをやってみたくなる心理を「カリギュラ効果」といいいます。

このカリギュラ効果を応用して、元カレへの未練を断ち切ってみましょう。

元カレのことを思い出す時には、必ず彼の欠点ばかりをイメージするようにして下さい。

そうすることで、元カレに対して悪いイメージをあなたの中に刷り込んでいくのです。

どうせ思い出してしまうのであれば、是非この方法を試してみて下さいね。

 

新しい恋を探す


 

元カレを忘れられない自分と、一刻も早くサヨナラしたいと思うなら、新しい恋を探すのが一番かもしれません。

今、「ちょっと気になる人」はいますか?

もし、少しでも好意を感じている相手がいるのであれば、その人の仕草や動作を意識的に真似してみて下さい。

これは、心理テクニックの一つである「ミラーリング」を応用した方法です。

ミラーリングとは、自分と同じ仕草や動作をする相手に対して好感を抱く心理のことですが、これを応用し、新しい恋を見つけることができます。

少し気になる相手の仕草や動作の真似をすることで、相手の心にあなたを好感ある女性として意識させるのです。

それとともに、あなたの心にも自分と同じ仕草や動作をしている相手に対する好感が生まれます。

このように、新しい恋を見つけることが、元カレを忘れるのには一番早い方法でしょう。

 

仕事やスキルアップに打ち込む


 

もしあなたが、今も元カレを忘れられないで苦しい思いを抱えているのであれば、この機会に仕事などに打ち込んでみてはいががでしょうか?

元カレへの未練を断ち切るために、その思いをバネにして、仕事や自分のスキルアップに打ち込むのです。

最初はなかなか未練を断ち切れず、仕事に集中できないかも知れません。

ですが、時間が経つにつれて、徐々に気持ちも落ち着き、打ち込んでいる物事に夢中になっていくでしょう。

そうすることで、元カレのことも忘れることができるし、あなた自身のスキルアップもできて、一石二鳥となること間違いなしです。

元カレを忘れられない時間は、そうやって自分磨きの時間へ変えていきましょう。

 

今の自分に満足する


 

あなたは、なぜ元カレと別れることになったのでしょうか?

様々な未練や後悔の念から、自分自身を責めたりしてはいませんか?

元カレがあなたとの別れを選んだ理由は、何もあなた一人が悪いからではないはずです。

人間には、時に「論理誤差」という心理が働く瞬間があります。

論理誤差とは、事実をしっかりと確認せずに、先入観などで相手を判断して結論づける心理のことです。

もしかしたら、元カレはこの論理誤差によりあなたとの別れを決断してしまったに過ぎない可能性もあるのです。

ですから、あなたが自分を責める必要はありません。

今の自分が「素晴らしい」ということを認識して、その自分に満足しましょう。

自分のことを認められた時、初めて元カレを忘れることができるのかも知れません。

 

今の気持ちを伝えてスッキリする


 

ここまでやってみても、やっぱり元カレを忘れられないというのであれば、その気持ちは元カレに伝えるべきです。

今、あなたが元カレに対して抱いている気持ちを全て伝えて、スッキリしてから忘れるようにしましょう。

あなたがなかなか元カレを忘れらないのは、自分の気持ちに区切りがついていないからではないでしょうか?

ですから、その区切りをつけるために、元カレに自分の気持ちをぶつけるのです。

その時、相手に対して見返りや良い結果を求めてはいけません。

「気持ちを伝えた」という事実にのみフォーカスし、それ以上のことは考えないようにしてください。

そうして今をしっかり見つめていけば、きっと元カレのことは忘れられるはずです。

 

まとめ


 

人間には、禁止されればされるほど、それと反対のことをやりたくなる心理が働くようになっています。

ですから、元カレのことを「早く忘れなければ」「思い出さないようにしなくては」と思えば思うほど、元カレのことを思い出してしまうのです。

本当に元カレを思い出さないようにしたければ、できるだけそのことにかかわらず、自然に過ごすのが一番です。

あまりに元カレに固執してしまうと、余計に忘れられず、いつまでも新しい一歩を踏み出せません。

あなたもぜひ、ここにある方法を参考にして、元カレへの未練を断ち切っていって下さい。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント