告白してからが勝負☆好意の返報性を巧みに使う5つの心理操作術

好意の返報性

プレゼントをもらったり、親切にされたら相手にお返しをしたいと思うことが多いのではないでしょうか。

心理として人は何かギフトをもらえば、返さなければいけないという感情を抱くことが多いのです。これが好意の返報性で、ビジネスでは多く使われます。

その一例に無料で配られるサンプルや試食があり、このような好意の返報性はセールスにおいてはよく使われる購買意欲に訴える心理学です。

これを恋愛にも適用することができるのです。ここでは難かしくありませんので、十分に内容を理解して異性の心理に訴えて恋愛の成就に向けてさりげなく使ってみましょう。

好意の返報性を使えば告白の後に、相手との距離がグッと縮まることが大いに期待できます。

 

告白してからが勝負☆好意の返報性を巧みに使う5つの心理操作術

 



 

告白から始まるワケ


 

先手必勝という言葉どおり、そこに利があるように、好意の返報性には告白が恋愛成就に向けた道筋の第一歩であって、スタート地点となります。

好意の返報性の心理の裏には「人は他人から認められたり、評価されたい」という欲を鋭く突いた欲求を満たす心理が働いています。

ですから、上手な告白の如何が、最大のキーポイントで、その内容によって心が揺さぶられたり、自尊心がくすぐられて心地よくなったり、とにかく告白効果で気分が上昇してくることが最初のステップといえましょう。

これを知ったら、長い片思いで腰も重かった方ものんびりしてはいられなくなるでしょう。

告白にもいろんなパターンがあり、直接相手にストレートに告げるのもひとつの方法です。しかし、かなり勇気も必要になり、一か八か・当たって砕けろ式なので即撃沈という場合もあるため、好意の返報性を最大活用したいなら、もっと緩やかに相手の気持ちを徐々にこちらに向けていく方法がおすすめです。
 

告白に失敗しても大丈夫


 

好意の返報性なら一度思い切って告白をして撃沈しても、ほとんどは心配いらないほど大丈夫です。逆に、断られる方が多いと考えたほうが楽です。

一度「好き」だとう意思を示しておけば、相手から好意ももたれる上に意識はされ続けますので、望みはあるのです。ただ、しつこいのはNGですから、空気を読んでいくことは大事です。

もちろん、ゼロ以下からアプローチしていかなければいけないので、好印象を与えなければいけません。それには自分が告白した時から『進歩した』ということを、言葉ではなく場面ごとにアピールしなければいけません。

相手側からすれば告白されて断ったときは、イマイチ魅力がなかったけど、今は成長して好感度が上がったと意識されれば、OKももらえるはずです。そこで、再告白して直接伝えるのは失敗する場合が多いので、自然な接触から会話や行動に、優しさと思いやりを織り交ぜるだけで「まだ、好きでいてくれてるんだろうか? 」と気にかけてもらえるようになります。あくまでもさりげなくが重要です。
 

相手を意識させるには


 

告白を直接ストレートにしない場合、つまり何気なく気があることをアピールするケースにおいて、好意の返報性を使えば、どんどん恋愛をステップアップさせることも可能です。

異性との間に協力者がいればとても早いのですが、その場合はあなたが行為があることを噂してもらいましょう。そして、相手に共感することは、功を奏しますので、活用するために『ミラーリング効果』を合わせて使いましょう。

会話中にしぐさをタイムラグを入れて真似たり、オウム返しに相手の話を「○○なんだ」と言い返すことで「この人は聞いてくれている」という信頼を植え付けることとなります。この場合あまり露骨にしつこく真似するのは気持ち悪がられますので、押しつけと否定はしないよう自分の意見はしっかり話しましょう。

さらにメールなどの非対面ツールを使うことも効果的で、相手が使った絵文字や言い回しを使い返信する隠しサインで好感度をあげましょう。例えば○○さまと使っていたら○○様でなく同じように平仮名で「さま」にすることなどで親しみが湧きます。
 

こんなケースは例外


 

好意の返報性を使えば、だいたいの相手はこちらに好意を寄せてくれますが、例外もあります。

気持ちを伝えて相手からあからさまに避けられた場合は、ほとんどが今の段階では無理だと思ってください。人には相性がありますので、生理的に合わないというケースもあることも頭に入れておきましょう。

相手にパートナーが既にいたら、そのときは諦めなければいけません。だいたいのカップルは、長く付き合うこともないケースもありますので、気持ちを伝えたら、好意の返報性を使って、時を待てば自分にもチャンスが巡ってくることもあるのです。「まだ好きでいてくれたんだ」と思ってもらえれば大きなチャンスです。

好意の返報性は時間が経てば、効果が現れることがありますので、短期で即結果を出したい人には向いていないかもしれません。
 

失敗しても望みは捨てない


 

失敗するとは当たって砕けた場合のことをいいます。最初は思いが伝わった時点で撃沈した場合でも、そのあとの積極的なお誘いから成功するケースもあります。それでもダメならストーキングと思われますので諦めるしかないのですが、ここの頑張りでうまくいくことがあるのも事実ですので、踏ん張りどころなのです。

ですから、諦めないで積極的なアプローチをすることは効果的です。ほとんどの相手は好かれていると思えば、その相手に好感をもつ、これが好意の返報性なのです。ですから、会話にも相手を褒めることをさりげなく入れたり、○○なところがいいね。とか○○だから頼れるなど外見だけでなく性格などの部分もつついてみましょう。

好意の返報性は長期戦になることもありますので、好感度を上げるためにはよい印象を与えることを積み上げていくことが大切です。また周りの人の協力で自分の気持ちや相手に対する褒めている言葉が人を介してさりげなく伝わることは、意識させて好感度を大いに上げるコツです。人を褒めれば感じ良いと思われるし、悪く言えば嫌われるのです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント