男性が結婚を決めるタイミングは7つです

結婚 タイミング結婚したい女性と結婚に煮え切らない男性の愛憎劇は、よく聞く話です。

しかも「彼とは先が見えないから」と長年の付き合いを解消したその後に、新しく出会った女性とはあっさり結婚を決めた、なんて耳にして「私とは、なんだったのか? 」と落ち込むやら腹立たしいやら。

ですが、紐解いてみると、愛情が冷めてしまったから結婚しないというわけではないケースも多いようなのです。

いったい、男性の結婚のタイミングは何処にあるのでしょうか?

今回はいたずらにイライラしないために、男性が結婚を意識するタイミングについてお伝えします。

 

男性が結婚を決めるタイミングは7つです

 



 

男性が考える『適齢期』に差しかかった時


 

女性が25歳前後から結婚を考え始めるのに対し、男性が結婚を考えるタイミングに差し掛かる年齢は、だいたい20代後半~30代半ば。そして、男性の結婚年齢がだいたい20代後半~30代です。

この結果からわかるのは、ズバリ『男性はそろそろ結婚しようかな、と思った時につきあっていた女性と結婚する』率がとても高いという事です。

なんだか身も蓋もないようですが、あくまでこのように考える男性も多いという現実も知っておけば、

「彼が煮え切らないのは、男性特有の認識のズレであり、別に自分への愛がないわけではない」

と解釈できるので、無駄に彼の愛情を疑って、不安になったり、結婚を急かして幻滅されたりするリスクを抑える事ができるでしょう。

 

価値観が一致した時


 

男性が結婚を考えるタイミングは、性格や価値観の一致や居心地の良さを再確認した時にも訪れるようです。

趣味や共通点が一緒であれば最高ですが、例え同じではなくても、一緒に楽しむ姿勢を見せてくれたら嬉しい、少なくとも理解を示して、否定しないでいてくれたらありがたいという声をよく聞きます。

もう1つ、盲点になりやすいポイントが『嫌いなもの・受け入れられないものが同じである』という事。

結婚を考えるならば、実は、こちらの方が重要です。

『価値観が同じ』と聞くと、互いの好みを受け入れるという部分に目が行きがちですが、好きなものは歩み寄る余地があっても、お互いに『生理的に受けつけないもの』というのは、歩み寄りようがありません。

こういった部分を含めて『価値観が一緒』で『互いに理解しあえる』『一緒にいて安心できる』女性を、男性は離したくないと考えます。

 

仕事の転機が訪れた時


 

男性にとって『仕事』は重要。相手を大切に思うほど「彼女に苦労はかけたくない」と真剣に結婚のタイミングを図ります。

仕事が軌道に乗り、養えるという自信ができた時にこそ、『プロポーズしたい』と考える男性は、大勢いるのです。

転職、転勤、異動などの区切りの時期には、プロポーズする男性が増加します。

普段から彼の支えになれているような女性ならば、こういったきっかけで、結婚を申し込まれるかもしれませんね。

逆に、新しい環境に慣れようと頑張っている時やプロジェクトに取り掛かっている時、多忙を極める時には、そのような余裕は持ちたくても持てません。

つい「私との事をどう考えてるの? 」なんて、業を煮やして聞いてしまいそうになるかもしれませんが、彼の今の状況をよく読んで、待つべき時には一歩退いてあげましょう。

 

周りが結婚した時


 

女性は、周囲が結婚・妊娠・出産ラッシュになった時に結婚を意識する方が多いかもしれませんが、何も女性だけに限った話ではありません。

男性もやはり、周囲が結婚していくと自分と照らし合わせて考える事が多いのです。

「親友の家庭に呼ばれた時に、父親の顔をして子供をあやしているのを見て、自分も結婚を意識した」

「幸せそうな様子を見て、うらやましいと思った」

という話を良く聞きます。

もっとも、こちらからあれこれと誰かの結婚話などを持ち出すのは、かえって、うっとおしがられます。話題にするなら、ほどほどにしてください。

 

彼女の『家事が得意な一面』を見た時


 

男性は胃袋でつかめ、とはよく言いますが、彼女の手料理が美味しかったり、裁縫(さいほう)が上手なのを見かけたりした時に、結婚を意識するタイミングが訪れる男性も多いです。

特に、料理は重要なポイントです。

自信のない方は、自炊で練習してみるとか、(お母様がご健在の方は)教えてもらって作ってみるとか。時間の拘束や月謝などを考えると、簡単にはいかないかもしれませんが、料理教室に通うのも1つの手ではあります。

毎回凝ったものを作る必要はありません。気合を入れすぎると空回りしかねません。

男性は、結婚のタイミングをごくごく自然な流れの中で感じるものなのです。

 

親に言われた時


 

やはり親の力は強し! 結婚を考えたタイミングに

「親から言われた」

「お見合い話が来た」

というのも含まれています。

特に、自分の親から言われて意識した男性は、多いようです。

反面、圧力が強すぎて「言われるのが嫌で、最近は親と顔を合わせ辛い」なんていう意見も。

ここも「自然な流れで出た話」くらいだと、男性も、警戒せずに結婚について考えてくれるようですね。

彼女の親から言われるのも効果的ですが、あくまでも、挨拶した流れでごくごく軽く言われる程度に留めておくと、彼も「信頼されてるのかな」と好意的かつ抵抗無く受け入れやすくなる傾向があります

 

子供ができた時


 

最近は、晩婚の傾向があるため、なんとなく長期間つきあい続けているカップルも多いようです。

そんな時に『子供ができた』というのは、結婚を真剣に考えるタイミングに成り得ます。

結婚しなくても居心地良いけれど、年齢的にもそろそろかなぁなんて、漠然と考えているカップルには、良いきっかけとなるでしょう。

もっとも、この流れを安易に結婚のためのきっかけとして考えるのは、オススメしかねます。

確かに「若くて子供を産めば、バツ一子持ちになったとしても、人生やり直せる時間があるからお得」という意見もありました。離婚自体は珍しくありませんし、一理あるのかもしれません。

ですが、1つだけ、声を大にしてお伝えしたいのは、

『結婚より離婚の方が、肉体的にも精神的にも、はるかにエネルギーを使います』

2人を結びつけるために宿ってくれる命もあるでしょう。多少順序が逆になっても、これをきっかけとして一緒に幸せを築き上げていく覚悟を互いにもてるのならば、『おめでた婚』は、けして咎められる事ではありません。自信をもって幸せになってください。

しかし、『子供』を『人間の命』を、結婚の手段に利用するのは、間違っています。

どうかそこだけは、履き違えないでくださいね。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

女性が考えるべき点は、相手が描く結婚のタイミングを知る事と、自分はそのタイミングに合わせられるかを検討する事です。

男性にとって結婚とは、責任とリスクを背負うものです。

自信が持てず、プロポーズに踏み切れない場合もあります。

かといって、女性にも適齢期や人生設計があります。

幸せな結婚を夢見るなら、きちんと向かい合って話し合い、お互いの認識を同じ方向にあわせるところから始めてみましょう。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント