理由が解明! 結婚しない男の心理7つ

結婚しない男の心理何故か結婚の話になると態度が煮え切らない。「私のこと好きじゃないのかな」と不安になっているあなた。

もちろん、男性と女性では結婚に対する意識が違います。しかも、出産などのリミットがない男性は、女性よりも将来をのんびりと考えがち。

しかし、はたして『のんびり考えているだけ』でしょうか?

一口に「結婚しない男」といっても理由はさまざま。

今回は結婚しない男の心理7パターンをお伝えします。

あなたの彼はどのタイプでしょうか?

一緒に紐解いていきましょう。

 

理由が解明! 結婚しない男の心理7つ

 



 

恋愛と結婚は別モノ、と割り切っている男


 

仕事も安定しているし、結婚願望だってちゃんとある。場合によっては恋人もいる・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

彼らはズバリ『恋愛と結婚は別モノ』と冷静に分析しています。

また、仕事などが充実しすぎているため「一応願望はないことはないけれど、焦るほどでもないかな」というのが正直なところです。

さらに恋人がいる場合は「付き合っている分にはいいけれど、いざ結婚となると決め手に欠けるかな」なんて思っていたりもします。

この手のタイプは、周囲が結婚ラッシュになったり、近しい人の幸せそうな家庭の様子を目の当たりにすることで、具体的なイメージや意識を持つことが多いでしょう。

 

結婚にメリットを見出せない男


 

適齢期だし適度にお見合いの話なんかも来るし、一応給料も安定している・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

『結婚と恋愛は別モノ』と割り切っているケースのほかにもう1つ、ズバリ『結婚にメリットを見出せない』という重大な理由が挙げられます。

とにかく独身は自由だし気楽だし、このご時勢、家事全般にもあまり困ることはありません。

ところが、結婚してしまえば責任はつきまとうし、自由は制約されてしまうし、なにより人間関係が煩わしくなる!なんて。

この手のタイプは「結婚したい時が適齢期」と言わんばかりに、タイミングがあった時に付き合っていた人と結婚することが多いでしょう。

 

結婚したいが収入に不安を抱えている男


 

結婚願望はあるのです。なんなら今すぐにでも結婚したいんです・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

結婚を左右する重要すぎるファクター、それがズバリ『経済力』

そうです、このご時勢収入に不安を抱えている男性は大勢いるのです。

職種・業種にもよりますが、正規雇用への道が遠い人や、巷で言われているより遥かに低い給与額で頑張っている人もいます。その他業績に左右される給与、ボーナスカット(ボーナス自体がない、というところも多いようです)などなど、収入の問題は男性にとっては本当に重い問題のようです。

この手のタイプは「恋人も共働きで支えてくれる」など、解決策が明確に見えてきたときに結婚に踏み切ることが多いでしょう。

 

同棲が『凶』と出てしまっている男


 

結婚を視野に入れ、今現在同棲もしている・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

実は、同棲のメリットとデメリットは背中合わせ。

相手の素を見ることができる分、粗も見えてしまうのは、男性も女性も同じことです。

また、家事分担や金銭問題、価値観の相違など否応なく現実をつきつけられて、心ひそかに幻滅していたり、逆に居心地が良すぎて、わざわざ『結婚』という形をとるのが、億劫(おっくう)になってしまっている場合もあります。

この手のタイプには、けじめが大事。

早い段階から話し合い、共同生活のルールや守らなかった場合のペナルティ、同棲期間などを定め、必ず期間内までに互いに結論を出すようきっちりと約束を取り決める必要があります。

 

結婚以前の問題? 女性の扱いがわからない男


 

きちんと勤めてもいるし、性格に特に難があるとは思えない・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

結婚願望もあります。人によっては、いわゆる婚活もしています、なのに・・・なのに!

残念ながら『女性が苦手』。いやいっそ『人付き合いが苦手』と自ら言いきってしまう消極的な男性だってたくさんいるのです。

どうにも女性の扱い方がわからないから、デートも成功しないし、服装やおしゃれにも今ひとつ興味をもてないし。

この手のタイプは、結婚云々の前に、お付き合いの段階から始めなくてはいけないのですが、一応悩んではいても、どことなく諦めムードが漂っていたり、達観してしまっていることもしばしば。

消極的な面もひっくるめて受け入れつつ、優しく導いてくれるような女性に心惹かれることが多いでしょう。

 

女性に異性を感じられない男


 

公私共に充実していて、女性との交流もにぎやか・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

ファッションなども洗練されていて魅力的ですし、女友達も多いのですが、その『女友達が多い』のが曲者。

女性=恋愛対象ではなく、女性=同志みたいな感覚になってしまっているのです。

しかも男性本人も、炊事洗濯掃除その他は一通り、場合によっては、そこらの女性より完璧にこなせてしまうので、家事をしてくれる存在の必要性はあまりなかったりして。

この手のタイプの周囲には、さばさばした女性が多い傾向があります。

彼の周りの人間をよく観察し、彼女たちとはちょっと違った面を見せると良いでしょう。

 

同じ轍を踏みたくない、と慎重になってしまう男


 

落ち着いていて、それでいてふとしたときに陰を感じさせるような・・・なのに、結婚しない男の心理を読み解いてみましょう。

実はその人、過去に離婚歴がありませんか?

なかには何度も戸籍にバツをつけてしまうような人もいますが、たいていは同じ失敗をしたくないと慎重になるものです。その他養育費の支払いや面会など具体的な問題を抱えていたり、子供が成人するまでは責任を果たしたいと強く思っている人も多いです。

この手のタイプと、いざおつきあい・結婚となった場合、あなたはいろいろと苦しむこともあるでしょう。

特に、あなたが初婚の場合は、あらゆる嫉妬に苛まれるかもしれません。

譲れるところ、譲れないところを明確に話し合っておくことが、あなた自身のメンタルを護ることにも繋がります。覚えておきましょう。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

さて、男性の心理を読み解いたところで、あなたには、3つの選択肢が用意されました。

『彼が結婚する気になるまで待つ』
『結婚の意志がないなら別れる』
『いっそ結婚という枠にとらわれず恋人同士で過ごす』

先が見えないと不安になるのは、男性も女性も同じです。

故に余計なストレスを抱えない秘訣は『タイムリミットを定めること』です。

あなただけが振り回される必要はありません。

互いが同じ方向を見られないのならば、あなた自身が決断を下したって良いのです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント