【夢占い】好きだった人が暗示する重要なメッセージ

夢占い 好きだった人

今回の夢占いは、好きだった人が暗示する重要なメッセージです。

キーポイントは好き「だった」人というところです。

つまり、好きな人ではなく、好きだった人ということで、完全に過去の人の話になります。

今回は、そんな好きだった人が暗示する夢占いに迫っていきます。

 

【夢占い】好きだった人が暗示する重要なメッセージ

 



 

好きだった人が出てくる夢


 

好きだった人が出てくる夢占いは、あなたが過去にやり残したことがある暗示です。

よくこの手の夢の夢占いでは、フロイトを持ちだして「願望の表れ」と単純に決めつけたがりますが、願望が見たままなら診断は必要なくなります。

好きだった人と夢で出会い、仲良くしたり、心が躍っても、それが現在のあなたの願望とは言えないのです。

夢は常に、象徴をもって潜在意識や、深層心理下にあるものをえぐり出し、真実を浮き彫りにするのです。

好きだった人が出てきたから、好きな人に会いたいと思っていると言うのは、非常に単純すぎて夢占いとは言えません。

過去に好きだった人が出てくる場合、その相手はあまり関係なく、やり残したことに対して気になっているのです。

 

好きな人と仲良くしていた夢


 

好きな人と仲良くしていた夢占いは、あなたが現在の状況に満足していない暗示です。

満足していないどころか、昔に戻りたいとまで思っています。

しかし、夢が知らせているのは、、それはやはり夢で見るような昔のことであり、とりかえすことは不可能だということです。

前へ進むと、必ず隣の芝生が青く見え、前の恋愛と比較してしまいがちです。

ですが、それはあくまで現状に対する不満で、比較対象として昔のほうが良かったと言うことではないのです。

夢は、今のことは今のことで解決すべきだと教えてくれているのです。

 

片想いだった好きな人が出てくる夢


 

片想いだった好きな人が出てくる夢占いは、現在のあなたの片想いに対する押しの一手を暗示しています。

過去において、片想いをした経験は、誰でもあることと思います。

現在、片想いに悩んでいる方は、その時の気持ちを思い出して、後悔の残らない選択をするように夢は警告しています。

以前に告白して上手くいった人には今度も勇気を持つように、過去に上手くいかなかった人にはいつも同じ答えではない、と言うことを知らせているのです。

人生には二者択一が意外に多く、告白しなければ後悔するだけでしょう。

 

初恋で好きだった人が出てくる夢


 

初恋で好きだった人が出てくる夢占いは、あなたが現在の状況に疲れ切っている暗示です。

懐古主義(かいこしゅぎ)といって、昔を懐かしんでばかりいる人がいますが、これはそれから以降の人生に良い思い出がないからです。

さらには、現在おかれている立場が苦しければ苦しいほど、昔のよかった頃の思い出にひたりたくなるのです。

それが、恋愛ということになると、本当に美しかった思い出は初恋しかないので、夢に初恋が出てきて現状の苦しさを教えてくれているのです。

今の恋愛はそれだけ上手くいっていないと言え、夢占いとしては別れることが吉であると言えます。

さかのぼるのが初恋というのは、かなりの重症だからです。

 

同性で好きだった人の夢


 

好きだったと言っても、必ずしも恋愛対象とは限りません。

昔遊んだ従兄や、近所のお兄さん、お姉さん、幼馴染など色々あるでしょう。

同性で好きだった人の夢占いは、その相手がとても寂しい状況になっているか、苦しい状況にあることを暗示しています。

幼い頃に仲が良くても、大抵は疎遠になっていくものです。

ひどい場合は、現在生きているのか、死んでいるか、どこにいて何をしているかさえ知らない場合は多いものです。

ですが、幼い頃にでも縁のあった人です。

近況を探りながら連絡をとってみてもよいのではないでしょうか?

 

好きだった人を怖く感じる夢


 

好きだった人が怖く感じてしまう夢占いは、あなたの罪悪感や、今の好きな人と仲違いを暗示しています。

好きだった人を怖く感じるのは、夢がそう感じさせているのです。

あなたの罪悪感は、今の相手を好きになり切れていないと思っていること、そして仲違いはそこから発生します。

つまり、あなたは今の相手よりも以前の相手がよかったのではないかと迷いを持っているのです。

夢は、そうではないことを明確に知らせているのです。

実際に、今の好きな人と付き合っていけば、その意味がよく判る日がきます。

 

好きだった人が結婚する夢


 

好きだった人が結婚する夢は、あなたの前進を暗示しており、吉事と言えます。

いくら好きな相手であったとしても、必ず自分と結ばれるわけではありません。

そんなことは判っている、という声が聞こえてきそうですが、頭では判っていても割り切れないのが人間の心です。

ですが、この夢を客観的に見ることができたのは、真の意味で、そのことが判った瞬間と言えるでしょう。

悲しい、辛い、祝福しよう、それぞれにそれぞれの考えや感情を持つでしょうが、夢はそれを見させることで一区切りをつけさせているのです。

どんな辛くて悲しいことでも、人間はやがて忘れていきます。

しかし、くすぶったままでは前に進むことができません。

この夢は、それを仮想ではありますがあなたに経験させているのです。

ですが、この夢自体はあなたの潜在意識下から出てきたもので、前進しようと言う心の表れでもあるのです。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

好きな人ではなく、好きだった人という過去形であることが今回は重要で、もしかしたらすでに忘れ去ってしまっている人が登場したというケースもあるでしょう。

しかし、かつて好きだった人は、ある意味自分の象徴でもあるのです。

その人がどんな人であれ、その人を好きになって、その人がゆえに心を動かされたことは変え難い事実で、それはあなた自身の心の表れでもあったのです。

好きだった人の夢は、まるで自分の写し鏡のようなものだったということです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント