恋の駆け引きの意味、わかってます?

    駆け引き 意味雑誌・テレビ・ネットで紹介された恋の駆け引きのテクニックを使ってみて、実際どうでしたか?

    ほとんどの方が、結果が思わしくないのではないでしょうか。

    上っ面の駆け引きテクニックだけを実践しても、失敗するのは当たり前です。そのテクニックで効果が出る理由、テクニックの意味を理解できていないために、本来の使い方からズレが生じてしまっているのです。

    そういったズレを解消すべく、これから、恋の駆け引きのテクニックの失敗例とその原因についてお伝えします。

     

    恋の駆け引きの意味、わかってます?

     



     

    当て馬のご利用は計画的に


     

    恋の駆け引きについて、「すべての財・サービスの経済的価値は、それらのものの希少性に依存する」という希少性の原理から、以下のようなアドバイスがされることがあります。

    他の男性を当て馬に使って、やきもちを妬かせれば、恋人の自分に対する執着心が湧いて、愛情もアップするはず。

    しかし、自分に自信のない男性は、嫉妬するよりも先に貴女のことをあきらめて、他の女性を探す選択をするのです。

    また、自信家の男性の場合であっても、当て馬にする人のレベル次第では、「あの程度の男と比較されること自体が不愉快」と、嫉妬するどころか激怒することもあります。

    恋の駆け引きとして、当て馬を使うということは、ハマれば確かに素晴らしい威力を発揮しますが、あなたの恋人の性格を見極め、当て馬にする男性のレベルを慎重に選択しないと、一発で破局に向かいますので、危険です。

     

    吊り橋と思っているのは貴女だけ


     

    恐怖による緊張感と恋愛による緊張感を人間の脳が混同しやすいという事実は、吊り橋効果という名前でよく知られています。

    その吊り橋効果に着目して、恋人と一緒にちょっと怖いスリルのある場所に行ってみようというアドバイスがあります。わりと手近な例では、お化け屋敷や、ホラー映画等ではないでしょうか。

    恋の駆け引きに、吊り橋効果を利用しようとして失敗する体験談を聞いて感じることは、人間によって恐怖に対する感覚が相当に違っているという事です。

    同じホラー映画を見たとしても、貴女が純粋に怖がっても、相手の男性は脚本やら演出やら特撮効果やらに駄目出しを入れているといった感じで、すれ違いが生じているのです。

    ドキドキさせれば良いと表面的な意味だけで理解してもうまくいかないわけです。こういう心のすれ違いこそ(恋愛関係にとって)真の恐怖かもしれませんね。

     

    ボディタッチと心理の誘導


     

    パーソナル・スペースという言葉も聞いた事があるでしょう。

    人間の周囲にある見えない円状の個人的空間、テリトリーの事で、この心理的空間をラインとして、異性を意識し始めたり、緊張や不快感をおぼえたりします。

    ボディタッチは、相手のパーソナル・スペースに入り込むことです。

    確かに、異性として意識をしてもらいやすくなると、恋愛のチャンスも広がるのですが、同時に不快感をおぼえられるリスクもあります。

    相手に多少の不快感を与えることを承知の上で、それが許されるほど自分たちは親密な関係なのだと、相手に思い込ませるように心理を誘導するテクニックが伴って、初めてボディタッチは恋の駆け引きに有効な技術になります。

    つまり、親密な関係だと思い込ませる心理誘導テクニックがないと意味がないという事です。

     

    甘え上手になるためには


     

    貴女に関係する課題を男性に与えてあげる事で、その分、男性があなたのことについて考える時間が増えます。自分の存在を認識してもらうほど、好感が高まっていく現象のことを、心理学では、単純接触の原理と呼んでいます。

    この単純接触の原理から、男性に意識してもらうために、1回の時間の長さよりも、回数を重視して、頻繁に会ったり、連絡を取り合ったりしましょう、とか、メールやプレゼント等で、それ見る度に貴女を思い出す・考えてもらう時間を増やすようにしましょう、と言ったアドバイスがあります。

    男性に自分のことを考えてもらう時間を長くとってもらうために、甘えたり頼ったりするということは、恋の駆け引きとして確かに有効なのですけれども、男性に与える課題のレベルをうまく調整できなければいけません。

    課題を与えるということは、男性に負担を強いるということでもあることに気をつけてください。その悪印象が、単純接触の原理によって生じる好印象を打ち消してしまうことが結構あるからです。

    甘え上手と呼ばれる女性は、まったくの天然のように見せかけて、往々にして優れた人間観察眼の持ち主であることも多いです。

     

    付け焼刃の知識による同調技法


     

    昔から「似た(煮た)者夫婦は焼かない(妬かない)夫婦」と言いますが、自分と相手の同質性を強調することで、相手に好意を持ってもらおうとする恋愛テクニック(同調技法)の存在は昔からよく知られており、実践されている方も多いでしょう。

    これもまた失敗経験談をよく聞くパターンでもあります。

    女性が、意中の男性が好きなジャンルの音楽を一生懸命に聞き始め、そして、会話のネタにしようとするわけです。

    すると、残念ながら、往々にして知識の底が極めて浅いため、「自分に話題をあわせてくれようと努力してくれている」というプラス評価ではなく、「自分が好きなジャンルを侮辱された」というマイナス評価が下されることが往々にしてあるのです。

    付け焼刃の知識による同調技法は、真面目なタイプの男性から、嫌われやすいので、使う相手を適切に見極めてから行ってください。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    恋の駆け引きが一筋縄でいかないということは、古今東西、いつの時代でも言われていることです。

    恋に限らず、駆け引きという名の心理テクニックを有効に使いこなすためには、自分の能力やセンスを底上げするための努力をしたり、事前に準備を積み重ねことが重要です。

    でも、安心してください。

    駆け引きの意味を調べている時点で、あなたにはその素養があります。あなたならば、きっとできます。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメント