傲慢な人の考え方の7つの特徴

    傲慢な人

    あなたの周りに傲慢な人はいますか?

    その人のことを周囲の人は、どう思っているでしょうか?

    傲慢な性格の人は、その言動のせいで、男性からも女性からも嫌われてしまいます。

    それは、プライベートでも、職場でも同じです。

    あなたが、今後の人生において、誰とでも円滑な人間関係を築きたいと思っているのなら、傲慢な部分を直し、謙虚な気持ちを持つことが重要です。

    今回は、傲慢な人の特徴や考え方をお伝えしますので、自分自身に傲慢な部分はないか、一度振り返ってみましょう。

     

    傲慢な人の考え方の7つの特徴

     



     

    自分が一番優れた人間だと思っている


     

    傲慢な人は、自分が一番優れた人間だと考えています。

    ですから、自分のすることは常に正しく、自分は、いつも人よりも優位に立っていると思いながら生きているのです。

    そのため、いつも上から目線で人と接し、他人を否定します。

    これでは、周りの人々が疎ましく思うのは当然です。

    あなたも、自分に自信を持っていたとしても、傲慢にはならずに、他人の優れた部分に目を向けたり、人の言い分を聞き入れたりする姿勢を持ち続ける努力をしていきましょう。

     

    プライドが高く、負けを認めることができない


     

    傲慢な人は、自分が人より優れていると考えているため、とてもプライドが高い特徴を持っています。

    傲慢な人は、自分が相手より劣っていることや、相手に負けたことを認めることができません。

    ですから、例えば、同僚が自分よりも仕事で良い結果をおさめたとしても、素直に『おめでとう』とは言えず、嫌味や憎まれ口をたたいてしまう傾向があります。

    あなたも、傲慢な人だと思われたくなければ、悔しい思いをおさえて、素直に負けを認めてみましょう。

    あなた自身の欠点や、足りない部分を正面から受け止めることができれば、あなた自身の成長にもつながります。

     

    自分以外の人を認めていない


     

    傲慢な人は、自分が一番だと考えているわけですから、自分以外の人のすることや言うことを認めようとしません。

    友人同士で出かける計画を立てていても、他の人の希望のプランを聞き入れず、自分のやりたいことを押しとおそうとします。

    傲慢な人の周りにいる友人たちは、いつも我慢を強いられてしまうので、いつのまにか傲慢な人から離れていきます。

    もしあなたにも『こんなことがあったな』という心当たりがあるなら、次回から3回に1回は自分の意見を貫くのをやめ、相手の希望も認め、尊重してみましょう。

     

    人を馬鹿にしている


     

    自分以外の人を常に下に見てしまうのが、傲慢な人の特徴のひとつです。

    相手の良いところには目がいかず、相手が自分よりも劣っていると信じきってしまっているのです。

    相手を『馬鹿にしている』という感情があると、傲慢な人がいくら隠しているつもりでも、その言動の端々から、必ず相手に伝わってしまうもの。相手からは、すっかり嫌われてしまいます。

    あなたも傲慢な人間にならないために、相手の良いところや優れた点を見つけるクセをつけてみましょう。

    そうすれば、相手を馬鹿にすることもなくなりますし、相手から好ましく思われるようになるでしょう。

     

    感謝の気持ちがない


     

    傲慢な人は、『なんでもひとりでやってきた』という自負があります。

    何かに成功したときや、良い結果を得たとき、『全て自分のおかげだ』、『私の努力の賜物だ』と考えてしまうのです。

    実際には、その成功の裏には、周囲の人々からの協力や応援があったに違いありません。もしかしたら、単に幸運だっただけかもしれません。

    しかし、傲慢な人はそれに気づかないため、周りの人々や幸運に対する感謝をしないのです。

    この世の中には、ひとりで生きていける人などいません。

    あなたも、いつも側にいてくれる家族、友人、職場の仲間はもちろん、実際には会ったことがない人、顔が見えない人々にも、支えられて生きているということを忘れないようにしてください。

    いつも感謝の念を持っている人は、傲慢になることは決してありません。

     

    知ったかぶりや負け惜しみを言ってでも、相手より優位に立ちたい


     

    あなたが職場や仲間内で、新しいアイディアを提案し、賞賛を浴びたとします。

    そんなとき、傲慢な人は『それ、私も同じことを前から考えていた! でもたいしたことがないと思っていたから、提案しなかっただけ』と負け惜しみを言うでしょう。

    もしあなたが、傲慢な人が知らない情報を知っていて、傲慢な人に話しをしたとしたら、傲慢な人は『ああ、それね。それなら知っているわ』と、知ったかぶりをするでしょう。

    周りの人から見ると、実に滑稽で、引いてしまうような光景ですが、本人は必死です。

    いつでも、相手より優位に立っていたいのです。

    このような傲慢さで、人から嫌われないために、自分以外にスポットライトが当たったときこそ『さすがね! 』、『すごいわ! 私には思いつかなかった』など、人を褒めるようにしましょう。

    あなた自身も傲慢さを消すことができますし、相手を喜ばせてあげることもできます。

     

    自分を変えようとしない


     

    傲慢な人は、自分のことを『神のように万能であり、特別な存在である』と考えています。

    ですから、いくら周りの人に嫌われようが、苦言を呈されようが、自分自身のふるまいを改めようとはしません。

    非は、自分にではなく、相手にこそあると信じているので、自分を変えるのではなく、相手を変えようとしてしまいます。

    もし、あなた自身が『相手に変わってほしい』、『相手を変えたい』という傲慢な考え方を持っているのであれば、まず自分自身に何か悪い部分や足りない部分はないかを振り返ってください。

    そして、ほんの少しでも良いので、あなた自身の考えや使う言葉、態度を変えてみるのです。

    すると不思議なことに、周囲のあなたに対する態度も変わってきます。

     

    まとめ


     

    傲慢な人の考えや言動を読んでみて、あなた自身にも思い当たる節がありませんでしたか?

    傲慢な人というのは、周囲の人々に不快な思いをさせてしまうだけでなく、傲慢さから、自身の欠落した部分や、誤った考え方、偏った価値観に気づくことができないため、人として成長するチャンスを失ってしまいます。

    ですから、あなたと他人の人間関係を良好に保つためにも、あなたを魅力的な人間に成長させるためにも『謙虚さ』を身につけることが、非常に重要になってきます。

    この記事が、どうすれば傲慢な気持ちを捨てて、謙虚になれるのかに気づくきっかけなれば、うれしいです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント