不器用な性格でお困りのあなたへ。治さなくて良い7つの理由

    不器用

    不器用で、自分の思うように生きることができないあなたに、是非、目を通して頂きたいトピックスです。

    不器用な人は、『自分は不器用だから仕方ない』と、どこかで、あきらめていませんか?

    他人を自分の思い通りに変えることは大変難しいことですが、あなたは、『自分』という一人の人間を、自由に操ることができるのです。ただ、その方法を知らないだけなのです。

    そして、その方法さえ理解して、実行することができれば、あなたは、『自分がなりたい自分』になることができます。

     

    不器用な性格でお困りのあなたへ。治さなくて良い7つの理由

     



     

    不器用な自分を無理に治す必要がない、自分ひとりでできる心理操作の方法


     

    『センタリング』という、自分の潜在意識に働きかける心理操作方法を御存知でしょうか?

    『センタリング』とは、文字通り、自分の潜在意識や存在を、自分の中心へ持ってくることを意味します。

    簡単に言い表すと、あなたの気づいていない潜在意識の中にある、そして、実際に存在する宇宙と地球のエネルギーを受け取って、自分を充電する心理操作方法のひとつです。

    やり方は、いたってシンプルです。

    不器用な人でも、簡単にできるようになります。

    ・まず、落ち着いて、体を真っ直ぐな状態にします。(座っていても、横になっても、立ったままでも構いません。)

    ・それから、体の真ん中に、頭のてっぺんから、おへその下にある丹田を通って、尾?骨へと、一本の芯を通します。(あくまでもイメージです。)

    ・集中して、体の真ん中に、一本太い芯を通してあげてください。

    ・体の中心を通る芯がイメージできたら、あなたの頭の先から、頭上はるか彼方に無限に広がる広大な宇宙へ、頭の中を通っている芯の先を伸ばしてみてください。

    ・壮大な宇宙のイメージとパワーを、頭の先のアンテナから感じられたら、今度は、体の中心に通した太い芯の反対側を、マグマが燃え盛るパワー全開の地球に向けて、伸ばしてみてください。

    ・地球の奥深く、グラグラと煮え立つようなマグマから、エネルギーを吸い上げるようなイメージが出来ましたら、次に、下腹にある丹田に意識を集中してください。

    ・体の中心に通した一本の太い芯の両端から、宇宙の限りない広大なエネルギーと、地球の燃え盛るような深いエネルギーを吸い取って、それらの両方を、下腹にある丹田に集めてみてください。(まさに、宇宙と地球のエネルギーを吸収して、下腹に集めるイメージです。)

    ・ここまで、できれば後は、とても簡単です。下腹に集めたエネルギーを、今度は全身に巡らせるように、行き渡らせてください。

    ・全身に、宇宙と地球のエネルギーを感じられたら、力を抜いて、深く息を吐き切って下さい。

    ・これで、あなたのエネルギーの充電は、完璧に完了しました。

    『苦しい時の神頼み』と、良く言われますが、苦しい時や落ち込んだ時、疲れた時や自信が失われた時は勿論、元気な時に実行すれば、するほど効果が出てきます。

    最初は、上手くイメージ出来ず、上手に出来なくても、繰り返し行うことで、必ず効果が出てきます。

    自分の知らない間に、パワーアップしている自分に、ある日、ふと気づいて、びっくりします。

    是非、長い目で御自分を見守ってあげながら、根気よく続けてみてくださいね。

    どんなに不器用な人でも、必ず結果が出ます。

     

    今の自分の心と体の状態を知ることが一番大切です


     

    不器用ではなく、上手に生きていくためには、『現在の自分を知ること』が、とても重要です。

    『人のフリ見て、我がフリ治せ』という言葉がありますが、自分以外の人のことは、客観的に良く理解できても、いざ、自分のことは、なかなか客観的に見たり、冷静に判断することは難しいものです。

    自分の心と体が、今、どんな状態にあり、どのような状況に置かれているのか?

    何が原因で、今の自分の状態になったのか?

    第三者を見るように、自分のことを俯瞰で見ることは、困難なことです。

    どうしても、自分の感情が入ってしまったり、他の人から言われた言葉や、自分以外の人が自分へ向ける態度やらが、気になってしまうものです。

    不器用な人なら、なおさら、『自分は不器用だから、大丈夫だろうか?』とか、『自分は不器用だから、あの時、大丈夫だっただろうか?』などと、自問自答を繰り返してしまいます。

    もっと、『自分に自信を持って生きたい』と思いませんか?

    有名な心理学者のアドラーは、こんな風に人々を導いています。

    『今現在、上手くいかない自分の人生を嘆き、失敗の原因を探したり、誰かのせいにするより、未来の楽しみに、目と心と体を向けよう。そうやって、自分の身に過去に起こったことや、現在起こっている悪い出来事よりも、未来に待っている良い出来事に注目しなさい。そうすれば、自然と自分の今やるべきことが、わかってきます。』

    と、アドラーは言っているのです。

    ですから、どんなに不器用な人でも、ダメだと思ってしまう自分や、失敗を恐れることも、嘆く必要もなく、ただただ、自分に問いかけてみてください。

     

    『私は今、どうしたいのだろうか?』


     

    現在の状況や条件は考えに入れずに、自分の正直な気持ちを聞いてあげて下さい。

     

    『私は将来、どのようになりたいのだろうか?』


     

    今の自分が、理想の自分には、とても遠いところに存在しているとしても、自分の望む理想を思い描いて、ワクワクしてみてください。

    この時も、『あれがこうだから、無理。』などという考えは一切捨てて、想像だけをしてみて下さい。

     

    『では、私の望む自分になるために、どうしたら良いのだろうか?』


     

    今、手っ取り早く、一番初めに自分にできること、一番簡単なことは何だろうと、自分の周りを見渡してみてください。

    ヒントは必ず、どこか思いがけないところや、案外と、あなたの近くに転がっています。

    決して諦めずに、願い続けていれば、どんなに手の届かないと思っていた遠い目標にも、必ず手が届くのです。

     

    『案ずるより産むがやすし』


     

    考えてばかりで、石橋をたたき続けて、怖がって渡らなければ、目的地には、たどり着けません。

    まずは、どんなに不器用で、亀のように歩みが遅くても、最初の一歩を踏み出すことが、大切なのです。

     

    『たとえ不器用でも、あなたは自由です。』


     

    あなたは、不器用なのではなく、自分の思い描く姿になるスピードが、自分以外の人より少し遅いだけなのです。

    ですから、本当は、何も、どこも、治さなくて良いのです。ただ、なりたい自分を明確にして、行動するだけで良いのです。

     

    まとめ


     

    おわかりいただけましたでしょうか?

    『センタリング』でエネルギーを充電し、なりたい自分を設定して、一歩踏み出すことで、あなたは、不器用な人ではなくなります。

    いいえ、あなたは不器用な人などでは、ありません。

    器用に生きていく方法を知り、実行さえできれば良いだけなのですよ。たとえ、誰かより時間がかかっても・・・。

    その時間も、丸ごと御自分の人生を楽しんでくださいね。心から、願っています。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント