病院に行く前にできる恐怖症を克服する5つの方法

恐怖症 克服

恐怖症は、倫理的な原因と関連しています。

病気の中では、神経症という大きなくくりになります。恐怖症性不安障害と呼ばれるものです。

通常は、危険ではない様々な対象や状況を特徴的な方法で回避します。

その症状を起こす人は、その人の関心が、動悸やめまいのような症状に集中することもあって、しばしば死ぬこと、自制を失うこと、あるいは気が狂ってしまうことへの強い恐怖と関連しています。

他の人がその状況を危険とも脅威とも思わないのだと知ってもその不安は軽減しません。

恐怖症を生じる状況に入ると考えただけでも、予期不安を感じてしまいます。ひどくなると、生活に支障が生じるので、病院に行った方が良いですが、病院に行く前に恐怖症を克服する方法を考えてみましょう。

 

病院に行く前にできる恐怖症を克服する5つの方法

 



 

原因を探る


 

恐怖症性不安障害は、抑うつ症状とも合併します。たとえば、何かの引き金があって、それからその恐怖症が始まったということがあります。たとえば、事故だったり、災害だったり、DVだったり、など心当たりがあるかも知れません。それが恐怖症と関係があるかもしれません。

自分が恐れていた事実と余裕がある時に向き合って、一体何があったのかを冷静に考えて、自分は悪くないとか、そうするしかなかったなどと事実を受け止めて、事実の整理をしてみましょう。恐怖症になったこととの関連性のある事実をもう一度、受け止め直してみて下さい。もしかしたら、事実を受け止めることで、落ち着くことができるかも知れません。

 

広場恐怖


 

開放的な空間に対する恐怖、群衆の中にいたり、安全な場所(通常は家)にすぐに戻ることが困難であるような場所(空間)にいる恐怖です。

日本では、満員電車、特急列車、地下鉄、バス、飛行機などに乗ることの恐怖(乗り物恐怖)であることが多いです。逃げることが困難な教室、エレベーター、会議室などでの閉所状況も多いです。

恐怖症性障害では、最も無力感を感じやすく、完全に家にこもってしまう人(外出恐怖、不登校、出社困難)もいます。パニック障害を伴う場合と伴わない場合があります。できるならば、ちょっとその恐怖の対象まで近づいて行って、しんどくなったら戻る、ということができれば自身がついてきます。それができれば、次はもう少し先まで行って見るということをしてみましょう。少しずつ回復することができるかも知れません。戻れない場所では、誰かについてきてもらうということが必要でしょう。

 

社会(社交)恐怖症(社会不安障害)


 

社会恐怖は、昔は日本では対人恐怖症と言われてきた恐怖症と似ています。

人前で話すときに緊張してあがってしまい、声が震えてしまったり、どもってしまったり、顔が真っ赤になってしまったり(顔面恐怖)、頭が真っ白になってしまい言葉がでず、そこに立ちすくんでしまうような体験から生じる不安障害です。

軽ければあがり症や対人緊張症と言われます。発症は他人を意識し、自意識過剰になりやすい小学生高学年から中学生頃が多いです。自己臭(口臭、腋臭)恐怖、ガス・失禁恐怖、視線・正視恐怖、電話、発汗、公衆トイレ恐怖などたくさんあります。

これも、苦手な事を克服するために、自分で少しずつ練習して、慣れていくそして、自信を持つことができれば状況は変わってくるかも知れません。誰かに見てもらって、大丈夫と言われれば安心できます。安心できる誰かを見つけることからはじめると良いでしょう。

 

特異的(個別的)恐怖症


 

特定の動物への接近、高所、雷、暗闇、閉所、特定の食べ物など特定の者への恐怖症です。

これは、対象がはっきりとしています。できるだけ、その対象に近づかなければ、問題はありません。特異的な恐怖症は、子供のころから成人期早期に生じ、何年も続きます。自分の障害を理解して、認知の歪みを修正して、不安状況に対し回避をせずに徐々に接していき、慣らして行って自信をつけるということを繰り返します。

 

抑うつ症状


 

恐怖症は、抑うつ症状もあることが多いです。

自分の考え方の癖を知ったり、受け止め方の傾向を知ることで、ストレスへの対処法を何か見つけましょう。疲れていたら、休息をよく取るなど、自分でも健康に気を付けましょう。症状がひどい時には、睡眠を十分にとることが大切です。
 

まとめ


 

いかがでしたか?

病院に行かずに自分で、何らかの症状を治すには、ちょっと専門的な知識も必要です。

方法を詳しく紹介した本を読んで実践したり、また、人生論など、読書で知識を深めたりして、考え方を柔軟にするということも必要でしょう。

こだわりがあり、自分は神経質だという人は、ちょっとぐらいなら大丈夫と大らかに考えて行動することも大切です。

できれば、信頼できる友達や家族との交流をたくさん持ってメンタル的にも安定を心がけると良いでしょう。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント