【夢占い】亡くなった人が暗示する重要な意味

    夢占い 亡くなった人

    人が亡くなると、身近な人ではなくても悲しい気持ち、暗い気持ちになります。

    普段は意識していない「死」というもの、人はやっぱり死ぬものなんだと強く思わされます。

    特に、身近な人が亡くなった時は、心はいつまでも元に戻らずに、ぽっかり穴が空いたままになります。

    それは、夢で見ても同じ気持ちでしょう。

    しかし、亡くなった人の夢は悲しい、寂しい、辛いと言うだけでなく、重大な意味を持つことが多いのです。

    今回は、亡くなった人が暗示する夢占いの重要なシグナルについて解説します。

     

    【夢占い】亡くなった人が暗示する重要な意味

     



     

    亡くなった親の夢


     

    亡くなった親の夢占いは、端的には言えませんが、あなたの現状に問題がある暗示です。

    なぜ端的に言えないかと言うと、その時の故人の表情や状態、それを見ている自分の状態や感情に左右されるものだからです。

    ただ、この夢は吉凶の関係ない夢で、亡くなった人によって、ぽっかり空いた心の穴を埋めるための夢なのです。

    人間は「忘却の生物」で忘れるからこそ生きていけるのですが、それはその時の感情を忘れることができるだけで、起きた事実を忘れるわけではありません。

    それゆえに、自分でも意識していないところで、心や精神に大きなダメージを負ってしまっているのです。

    そのダメージを軽減するために、夢に亡くなった人が出てくるのです。

    そのほとんどは、常に「共にある」ということを知らせてくれるものです。

     

    亡くなった人が呼んでいる夢


     

    亡くなった人が呼んでいる夢占いは、単純に死者が自分を引きよせているのではなく、今後注意しないとそうなるということを暗示しているのです。

    この夢を見た時、死者が本当にあなたを呼んでいるのではありません。

    近い未来に、注意しないといけないことが待っていることを示しているのです。

    特に、それは死にも関わる大きなできごとです。

    例えば、近い内に飛行機に乗ったり、電車に乗ったりする用事があったり、海や山などの広大な自然に行く予定があったりする場合、そこでの事故が想定されます。

    この夢を見た時には、できる限り静かに時が経つのを待つべきですが、それが無理なケースも当然あります。

    そんな時は、細心の注意をはらって、できる限り情報収集して少しでも危険が回避できるようにしましょう。

     

    亡くなった人に何かをもらう夢


     

    亡くなった人に何かをもらう夢占いは、あなたが近い将来に、実現したい夢に対するチャンスをもらえる暗示です。

    もちろん、この意味を持つ場合は、その亡くなった人が少なくとも知人以上である必要はあります。

    何をくれたかは、恐らく夢の中でも定かではないでしょうし、夢では明確でも覚醒時に覚えてはいないでしょう。

    しかし、くれたものが何かはそれほど重要ではありません。

    亡くなった人がくれるものですから、当然物質的なものではないということなのです。

    元々夢がない人でも、良いことに転換できるチャンスがくる夢です。

     

    亡くなった人と食卓を共にする夢


     

    亡くなった人と食卓を共にする夢占いは、近い将来あなたに重大な病気やケガがおそってくる暗示です。

    よく昔から、異次元のものや、あの世のものを口にしてはいけないと言います。

    もし、それを口してしまえば二度と現世には戻れないからです。

    亡くなった人と食卓を共にしているということは、食卓に並べられた料理はまさにあの世のものです。

    それゆえ、それを口にしようがしてまいが、その夢自体が病気やケガを知らせているものなのです。

    しかも、この夢を見た時の病気やケガは、かなりの重度のもので、下手をすると命に関わります。

    この夢を見た後はしばらくの間、病気やケガなどに注意して、できる限り注意して生活しましょう。

     

    亡くなった人と話している夢


     

    亡くなった人と話している夢占いは、近い未来にあなたに大きな凶事が降りかかることを暗示しています。

    夢の中での会話というものは聞こえないケースが極めて多いと言えます。

    また、夢を見ている時には聞こえていても、目覚めた時に覚えていることはほとんどありません。

    亡くなった人があなたと話している夢も同じで、亡くなった人は今後あなたに何が起きるのか教えてくれているのですが、あなたには判りません。

    この夢を見た時は、あなたかあなたの近親者などに不幸なことが起きます。

    もし、夢の中で話していることが聞こえたり、覚えていることができれば、その凶事を避けることができるでしょう。

     

    見知らぬ亡くなった人の夢


     

    見知らぬ亡くなった人の夢占いは、あなたが知らぬ内に、誰かに恨まれていることを教えてくれています。

    しかも、そのことで近い将来に大きなトラブルを抱えてしまうことも教えてくれています。

    その相手は、全く知らない人ではないかも知れませんが、少なくとも普段から交流がある人ではありませんし、思い出すのも時間がかかるような相手です。

    しかし、この夢を見た時、その相手だけではなく、あなたの人となりが周囲の人から煙たがられていることも暗示しているのです。

    この夢を見たなら、自分をかえりみて、人間関係を見つめ直しながら他者との交流をもっと大事にしましょう。

     

    亡くなった兄弟姉妹の夢


     

    亡くなった兄弟姉妹の夢占いは、彼らの死を乗り越えたところに幸福が待っていると言う暗示です。

    よほどの年齢でない限り、兄弟姉妹が亡くなっているということはないでしょう。

    にも関わらず、亡くなった兄弟姉妹がいると言うことは、不慮の事故や病気で亡くなった経緯があると言え、悲しみもひとしおだと思います。

    よっぽど年月が経たない限り、その辛さや悲しみは癒えることがありません。

    そんな兄弟姉妹が夢に現れた場合、それを乗り越える必要があることを教えてくれているのです。

    そして、その乗り越えた向こう側に幸福や吉事が待っていることを示しています。

     

    亡くなった祖父母や先祖の夢


     

    亡くなった祖父母や先祖が出てくる場合の夢占いは、現在の全てを捨てて新しい人生を始めないと大変な凶事にあうという暗示です。

    この夢を見た時は、現状の生活や、性格、性質までも見直す必要がある時です。

    今の生活の全てが間違っているということを夢が知らせているのです。

    特別、社会に反することをしているわけでも、人を苦しめているわけでもないとしても、現在の生活やあなた自身の精神に問題があると教えています。

    この夢を見たなら、自分が正しい、自分は間違っていないと思ったとしても、一度立ち止まり自分をかえりみてみましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、亡くなった人が暗示する夢占いの重要な意味について説明してきました。

    亡くなった人の夢は、近しい人であればあるほど、霊的なものか、夢占いや心理学的なものなのかの区別がつきにくいと言えます。

    よく、死んだ肉親が夢枕に立つと言いますが、夢占いが確立する以前からこういった夢には大きな意味があるものとしてとらえられてきたのです。

    亡くなった人も色々で、その数だけ占いの意味も変わってきていますので、しっかり把握して対応しましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント