学歴コンプレックスを克服する5つの方法

    学歴コンプレックス 克服

    学歴コンプレックスという言葉を、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

    自分よりも優秀な大学を卒業している相手に対して、コンプレックスを持ってしまい、自分を相手と比べて必要以上に下に見てしまうことです。

    「学歴社会」と言われる現代では、珍しいことではありません。

    あなたも、身近にいる高学歴な人に対して、こんなふうに感じたことはありませんか?

    ・自分より高学歴の相手に対して、卑屈になってしまう。
    ・高学歴な人に会うと「どうせ自分なんか・・・」と落ち込んでしまう。
    ・自分より高学歴な人を前にすると、意見が言えなくなってしまう。
    ・高学歴な人がミスをしたところを見ると、安心する。
    ・人の学歴が気になる。
    ・自分の子どもの教育を、厳しくしすぎてしまう。

    現代では、学歴を基準にして社員に採用する企業が少なくないこともあり、必要以上に学歴を気にしてしまう傾向があります。

    上記の条件に当てはまって、「自分は学歴コンプレックスかもしれない」と感じたあなた。

    今回は、この学歴コンプレックスを克服するためのメンタルアドバイスと、具体的な方法をお伝えしていきます。

     

    学歴コンプレックスを克服する5つの方法

     



     

    学歴コンプレックスがどうして生まれるのか


     

    現代の若者たちは、幼いころから「受験」を経験しています。

    不景気で就職難のこの現代、子どもの将来を心配するあまり、ついつい過剰に教育熱心になってしまう親御さんたちが増えてきていることもあり、幼稚園に始まり、中学、高校、大学と、人生のほとんどの時間において、学歴における勝ち負けを経験し続けているのです。

    勉強ができる=勝者勉強ができない=敗者、というイメージを長年持ち続けてきたため、自分よりも勉強ができる高学歴な相手に対して、克服するのがなかなか難しいほどの学歴コンプレックスを持ってしまうのです。

    では、長年持ち続けた学歴に対する優劣のイメージを、どうすれば克服できるのでしょうか?

     

    他人と自分を比べない


     

    相手と自分の学歴を比べて、「あの人には勝てないな・・・」などと、自分の劣っている部分にだけ注目して卑屈になることをやめましょう。

    相手と自分を比較して見る癖がついてしまうと、今度は逆に自分がどう見られているかが気になってきてしまいます。

    人には必ず、長所と短所の2つがあります。

    短所にばかり注目すると、学歴コンプレックスはいつまでも克服できず、どんどん強くなっていくばかりです。

    学歴に限らず、相手の長所を見つけたら、自分と比べることはせずに、素直に尊敬しましょう。そして、自分にも同じようにちゃんと長所があることも理解しましょう。

    相手と自分を比べて卑屈になって悩むより、ずっと気持ちが楽になるはずです。

    自分で自分を認めることが、学歴コンプレックスの克服で最も重要なポイントになります。

     

    得意分野を追及する


     

    スポーツや料理、つりなど、なんでもいいので自分が得意な分野を追及してみましょう。

    学歴コンプレックスは、勉強に対する自分の努力が認められなかったトラウマが原因になっていることもあります。

    たとえ、勉強以外の分野であっても、自分ががんばってきたことが認められれば、それが自信につながりますよね。

    自分に自信を持つことができれば、ほとんどのコンプレックスは克服できるのです。

     

    もう一度勉強と向かい合う


     

    勉強ができないことで学歴コンプレックスを感じてしまうのなら、逆療法を試してみませんか?

    もう一度勉強と向かい合って、自分が満足いく目標をクリアして克服するのです。

    資格を取得する、スクールに通うなどして、自分が納得いくまで勉強して、「自分はがんばった」という達成感を味わうことで、学歴コンプレックスは克服できるはずです。

     

    高学歴でも悩みがあることを知る


     

    高学歴の人が、必ずしも、すべてにおいて満足した人生を送っているわけではないようです。

    高学歴の人からも、悩みを聞くことがあります。

    ・高学歴を鼻にかけて、お高くとまっていると思われて嫌煙される。
    ・高学歴だからこのくらいわかるでしょうと、ちゃんと説明をしてもらえない。
    ・人をばかにして見下している、と誤解される。

    高学歴な人にも、高学歴コンプレックスというものが存在します。

    誰にでも、自分の学歴に対するコンプレックスは何かしらあるものです。

    自分だけが特別に劣っている、などと思い込んで落ち込まず、悩みはみんなあって、克服しようと努力していることを知りましょう。

     

    学歴で人を判断する人とは付き合わない


     

    世の中には、学歴でしか相手を判断できない、という人もいます。

    知り合ったばかりなのに、やたらと学歴をきいてくるデリカシーのない人が、あなたの周りにもいませんか?

    学歴コンプレックスに悩みながら、さらにそんな人と付き合っていたら、学歴コンプレックスはいつまでたっても克服できません。

    周りにそのような人がいて辛い思いをしているのなら、さりげなく距離を置きましょう。

    人との付き合い方で最も大切なものは、コミュニケーション力です。

    誰かと誰かを比べることではなく、人それぞれの魅力に注目してくれるような、人間力の高い相手と付き合うことで、いつしか自分も、誰かと自分を比べるようなことはしなくなっていきます。

    誰かと自分を比較することがなくなれば、コンプレックスは自然に克服できるでしょう。

    人の学歴がやたら気になっているその人も、実は学歴コンプレックスを持っている、なんてこともありえますね。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    何度も繰り返しになりますが、学歴に限らず、コンプレックスを克服するのに一番大切なことは、「自分で自分を認めること」です。

    学歴が高い低いよりも大切なのは、自分自身がどうあるか、です。

    自分の学歴に満足できず、自分を過小評価しているのは、他の誰でもない「自分自身」なのです。

    学歴コンプレックスを持つ人には、努力家で高い向上心を持っている傾向があるという話も聞きます。

    だからこそ、「自分はまだまだだな。もっとがんばらなければ」と思う気持ちが強すぎて、比較したり、自分を過小評価しすぎてしまうことがあるということですね。

    自分は学歴コンプレックスなのかも知れないと感じるあなた。

    あなたは努力家で、常に向上心を持って物事に挑む、すばらしい人です。

    ときには自分が成し遂げてきたことを思い返して、自分で自分をほめてあげてくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント