自己開示をして男性の心を惹きつける8つの恋愛心理術

    自己開示 恋愛気になる男性ができた時、あなたはどう相手に自分をアプローチしていますか?

    自分をわかってもらいたい思いが強すぎて引かれてしまう、自分をうまく伝えられず誤解されがち…、そんな経験があなたを臆病にしていませんか?

    自己開示とは、『自分の体験や内面を相手に伝えること』。自己開示する事で、お互いを知ることとなり、その結果、居心地良さや安心感につながり、親近感が高まります。

    でも、相手が受け止める準備ができていない時に『丸ごと私を受け止めて』と、自己開示するのはタブー。

    それでは、いったいどうすれば、上手に自己開示しながら相手の距離を縮め、恋愛感情を深める事ができるのでしょうか?

     

    自己開示をして男性の心を惹きつける8つの恋愛心理術

     



     

    やっぱり第一印象は外せない


     

    人はどうしても、最初に与えられた印象に強く影響されてしまいます。

    これを心理学では「初頭効果」と呼びます。

    恋愛に関わらず、誰からも良い印象を受ける女性は、「愛されキャラ」で、恋愛に結びつきやすいもの。まずは、相手の心を開かせやすくするために、第一印象に失敗しないあなたになりましょう

     

    出会って3回までに意外性を見せる


     

    第一印象が最悪だった…と思っても、まだ間に合います。人は第一印象をベースにしながら、3回会う間に印象が固定化されるからです。

    これは、心理学でいう『スリーセット理論』と言われるもので、初回でちょっと失敗した・・と感じたら、次に会う時は自分らしさが出せるように心掛ければ、その意外性から相手の心をあなたに向かせるきっかけにできます。

    男性は、相手の意外な面に心惹かれるもの、さりげなく自分の違う一面を出してみましょう。これも自己開示の1つの方法です。

     

    パーソナルスペースを意識して


     

    あなた自身のパーソナルスペースを意識したことがありますか?

    人にはそれぞれ、パーソナルスペースがあります。

    好きだからといって、無遠慮に近づきすぎると、逆効果になることもありますが、気になる相手には、用事にかこつけて話をしながら、徐々にパーソナルスペースの幅を縮めていきます。

    徐々に距離が近づいたら、ここで、もうひと押し!

    いつもは右側に立っているあなたなら、左側から近寄ってみてください。相手は、少なからず『ドキッ』とすることでしょう。この『ドキッ』が、相手に恋愛感情を抱かせるコツの一つです。

     

    相手を知るための自己開示


     

    自己開示は、『自分の体験や内面を相手に伝えること』とお伝えしましたが、まだそれほど親しくない時期に、気になる相手にも自己開示してもらうことが大切です。

    ポイントは、楽しかった思い出や、ちょっと失敗したけど笑える話を、自分の方から切りだすことです。

    『子供の頃、○○したのが楽しかった』『旅行でこんなことがあった』など、まずは楽しい話題を持ち出します。そして、『○○さんは、どんなことあった? 』とYouメッセージを送ります。自分に話題を振ってくれたことで、相手も自分の事を話しやすくなりますし、楽しい話題は、お互いの心理的距離を近づけます。

    相手のことも知る事が出来て、心の距離も近くなる、自己開示の最初は、アイスブレイク的要素をうまく取り入れると良いでしょう。

     

    少しずつ見せる心の窓


     

    自分の悩みや弱みを話すことで、友達との距離が深くなったこともあれば、逆に離れてしまった経験をしたことがあると思います。

    これは、恋愛にも当てはまることです。

    特に男性の場合、相談されると『問題解決しなければ』と親身になって考えてくれる性質があるため、社会性の高い男性ほど、その傾向が強いです。

    仕事で困っている事や、うまくいかない事を、さりげなく相談してみましょう。

    その時のポイントは、彼のアドバイスを否定しない事と、その後の経過を伝える事です。

    男性は、女性のように「ただ、聞いてほしい」文化に慣れていません。男性の度量が、どの程度なのかを知るためにも、自己開示する内容は、解決しやすい悩み心配事から、少しずつ心の窓を開いていきましょう。

     

    相手の知らない面をI(アイ)メッセージで


     

    心理学には『ジョハリの窓』という概念があります。

    これは、心理学者のジョセフ・ルフト氏とハリー・インガム氏が提案したもので、自己を以下の4つに分類しています。

    ①自分も他人も知っている自分
    ②他人だけが知っている自分
    ③自分だけが知っている自分
    ④自分も他人も知らない自分

     

    自己開示する時、①の誰もが知っている自分の部分が多いほど、お互いが知っている部分が多くなります。

    ここでのポイントは、①を増やすには②を増やす必要があるという事です。相手が気づいていない部分を、あなたが相手が教えてあげることで、二人の距離が縮まり、親しくなることができます。

    また、相手が気づいていない部分を伝える時は、良いところをポジディブに伝える事です。言われた相手にとっては、『自分にこんな面があった』ことを知り、そのことに気づかせてくれた相手に親しみや信頼感を抱くことになります。

    『私にはあなたが○○に思える』という自己開示のやり方をうまく使って、男性の心を惹きつけることができれば、意中の相手との恋愛成就に一歩近づけることでしょう。

     

    言葉と文字で伝える自己開示


     

    会うこと、話すことで、相手の距離は縮まりますが、今はメールも大切なアイテムです。

    ここでのポイントは、『余韻を残すメールの使い方』です。

    言葉では言いにくい、悩みや相談もあると思います。その時には、メールを使う事になりますが、メールですべてを伝える事は、少しリスキーです。

    男性は、あまり語感を読むことに長けていません。また、文字の言い回しは、誤解につながりやすいものです。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの実験結果から、言葉で伝わるのは、全体の7%であるという話もあります。

    言いにくいことはメールでさらっと伝えて、『続きはあった時に』としてください。

    そのメールをもらった彼は、あなたの話に興味を強く持ちます。

    これは、心理学では『ツァイガルニック効果』と呼ばれ、未完のものに強く惹かれる心理を利用したものです。恋愛には、こうした心理をうまく利用し、相手をひきつけるテクニックも大切です。

     

    笑顔は相手への最大の自己開示


     

    赤ちゃんの無邪気な笑顔に警戒心を持つ人はいませんよね?

    笑顔は、誰にでもできる自己開示ですが、ここでのポイントは、気になる相手にだけ見せる笑顔です。

    いつも笑顔のあなたでも、彼に向ける笑顔は、更に思いをプラスしたいところ。人が相手から受ける印象の約6割がしぐさや表情からといわれています。彼を見つめる時間を多くしたり、しぐさをプラスして、相手に思いを伝えましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    恋愛で使う自己開示は、ただ自分の弱い部分、守ってほしい部分を相手に伝える事ではありません。

    相手を理解し、自分も理解してもらうための方法です。

    恋愛でいつも同じところで立ち止まるあなた、お伝えした8つの方法のうち、どれかひとつで構いません。ぜひ、試してみて下さい。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント