彼氏と別れたいけど良い方法が思いつかないあなたに7つのアドバイス

彼氏と別れたい

出会いがあれば別れもあるのが人の世の常ですが、これが男女の仲となるとそこに相手への情の問題もあってそう簡単に断ち切るのは難しいものです。

多くの恋愛相談の問題や実際のトラブルの原因も相手への意思表示不足に起因していることが少なくありません。自然消滅を願う人も多いでしょうが、相手の心理からすればなぜ突然連絡が取れなくなった? 会ってくれなくなった? という疑心暗鬼が膨らみ、挙句の果てはストーカー行為に走らせてしまうことになりかねません。

勿論、ストーカーになるような人間に元々性格的欠陥があるものですが、出来るだけその被害を自分に及ばさない意思表示はどうすれば良いのか?

これから彼氏と別れたいあなたに役立つ7つのアドバイスを授けますので、ぜひ一読ください。

 

彼氏と別れたいけど良い方法が思いつかないあなたに7つのアドバイス

 



 

連絡する回数を少しずつ減らす


 

女性からいきなり『別れたい』と一方的に意思表示して連絡を絶ってしまうと男性によっては、そのショックや反動からストーカー行為に走ってしまう危険性があります。

そこで徐々にフェードアウトさせていく方法を考えましょう。

その最も一般的で効果的な方法は、『少しずつ連絡する回数を減らす』という方法です。

彼氏への連絡回数を少しずつ減らすことによって、それとなく相手にも悟らせていくことが出来れば自然消滅的に分かれることが可能です。相手から嫌われることがあるかもしれませんが、むしろそれで『自然消滅』出来るなら好都合だと割り切りましょう。

 

分かれる理由を工夫して相手に告げる


 

相手のためを思えば、しっかりとあなたの意思を伝えることが重要です。

面と向かって言い難い為に、いつまでも思わせぶりな言動や態度は、かえって相手のために良くありません。徐々に連絡が取り難くなっていること、会う回数が以前と比べて減ってきている状況から、相手も恋が終焉に向かっていることは察知しているはずです。

しかし、あなたの現実をはぐらかすような言動が続けば、相手は心のけじめを付ける機会が得られず、いつまでも未練を引きずり、恋の再スタートの時期を遅らせてしまいます。

『別れる理由』を何にするか? ということは重要です。相手が嫌いになった、醒めたというのが本音でしょうが、それをストレートに伝えると話しがこじれてしまいます。相手の自尊心を傷つけないような言い方に留意しましょう。『付き合ってみたけど、こういうところの価値観が違うので、友達としてしか見られなくなった』というように、ある程度本音も混ぜて、相手が冷静に判断できるような言い方が良いです。

『仕事を優先したい』『一人の時間を大切にしたくなった』という理由も補助として加えるとより効果的です。

 

分かれる理由を伝える時間帯に注意する


 

別れを切り出す時間帯は、『夜より昼』がお勧めです。

夜は、お互い仕事で疲れています。ストレスから憂鬱になっていると、別れをすんなりと受け入れてくれなくなる可能性があります。また、夜の闇が、人の心に影を落とし、余計に悲しみを引き起こしてしまいがちです。

時間帯としては、『午前中からお昼に掛けて』が、ベストです。

それと肝心なことは、電話やメールではなく、直接会って伝えることです。

 

自分が悪者になる覚悟をする


 

相手がまだ好意を持っている以上、傷つけずに別れるということは無理です。

曖昧な言い方をして自分をいい子に見せると、相手は中々別れてくれなくなります。そこで、自分が悪者になる覚悟を決めて、しっかりと別れることを告げることが大切です。

その場合、人格は無論のこと、自尊心を傷つけるような、きつい言い方は禁物です。あなたが、相手の何に引っ掛って別れる気持ちに至ったのかを明確に伝えることが肝心です。

恋愛が終わりを迎える時に、誰も傷つかないことはあり得ません。お互いが傷つくことになるわけですが、悪者になっても絶対に分かれるという決意で挑みましょう。

 

彼氏に優しさを見せない


 

優しい性格の女性には少し難しいかも知れませんが、別れることをはっきりと伝えた以上は、優しい態度は必要ありません。そのような態度が逆効果となって、彼にまだやり直せるかもと期待を抱かせてしまいます。

外見は強そうに見えても、恋愛にナイーブなところは男性の方が多く持っています。過去の恋愛に未練がましく、しがみつく傾向にあるのも男性の方が多いです。

一度は好きなった相手に、別れる時もつい、情をかけてしまう気持ちも分かりますが、後を引きずらない為にも、毅然とした態度を崩さないことが必要です。

 

別れを曖昧にして距離をおく


 

これは場合によりけりで、決して勧められる方法ではないのですが、彼がDV的傾向の持ち主で、別れると言えば、カッとして暴力をふるうなどの場合に有効な方法です。

こちらから別れることは伝えずに徐々に距離を置き、冷却期間を持たせて相手の感情を冷める方向へ持っていってしまうという方法です。

何となく別れたのかなあと相手に思わせるような曖昧さをもって、可能なら彼氏が浮気するよう持っていく、お互い他の人を好きなったという形で別れに持ち込む方法です。相手もそれで『潮時』と思ってもらえれば大成功です。

 

連絡を一切断つ


 

もう終わりにしたい恋愛なら、相手への連絡や接触は一切断つべきです。

思い出まで消すことは無理ですし、そこまでする必要はありませんが、当面は心から相手のことを追い出しましょう。万一会っても言葉は掛けない。出来れば身を隠すなどの対応が望ましいですが、会ったとしても必要最低限の挨拶だけに留めましょう。

メールアドレスや電話番号も削除しなければいけません。『お誕生日おめでとう』や『あけましておめでとう』などの記念日や時候の挨拶メールも一切必要ありません。お互い別の人生を歩んでいるときに、誤解を招く連絡や態度は慎むべきです。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

彼氏と別れたい時の7つのアドバイスをしっかり頭に入れて、ケースによって方法を活用すれば上手な別れ方が可能です。

ただ残念なことに、人間は感情に左右されやすいので、マニュアル通りには行かず、思わぬ反撃に合うこともあるかも知れません。その場合でも、冷静に自分の気持ちをはっきり伝えれば、いつかは相手にも分かってもらえます。

別れた後でもお互いの人生は先があるのですから、前向きに生きていくことを態度で示しましょう。

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事ができるのです。

「ココロクリア」では、専任のプロ鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント