人付き合いの面倒を最小限に留めて当たり障りなく付き合う6つの方法

人付き合い 面倒

人は本当に気の合う人とだけ付き合っていれば楽なものですが、そうも言ってはいられません。

かといって、望んでもない場所で無理にちゃんと交流すると、噂に巻き込まれたり、行きたくもない場所に一緒に行かなくてはならなかったり、悪口の対象になったり…と面倒な事が沢山あるのも事実です。

プライベートの人間関係は充実させ、職場や子供を巡るママ友関係などの人間関係は、面倒を最小限に留めて、当たり障りなく付き合うのも一つの方法かもしれません。

ここでは、人付き合いの面倒を最小限に留めて当たり障りなく付き合う6つの方法をご紹介します。

 

人付き合いの面倒を最小限に留めて当たり障りなく付き合う6つの方法

 



 

自分の話はしない。聞かれる前に相手に質問する


 

当たり障りなく付き合うには、自分の情報を漏らさないことです。

自分の事を明かせば、とやかく思われたり、逆に親近感がわいて、関わりは深くなっていきますので、まずは相手に話させるように仕向けていきましょう。

相手から話題が振られる前に、相手に質問してしまいましょう。そうすれば、相手が色々話してくれるので、自分のことを話さなくて済みます。質問力は鍛えておく必要があるかもしれませんが、これらはテレビの司会者をみていれば、とても勉強になります。

 

すべてに同意する


 

「そうですよね~」「本当ですよね~」と、すべてに同意してしまいましょう。たいがいのことはこれで流せてしまいます。

話していると、いや、私はこう思う。それはどうだろう? など、意見の相違が出てくると思います。

もちろん「本音で付き合う」ならそうしたことを相手に伝えていくことが必要です。でも、そうして本音で向き合うには、時に誤解や争いも招く可能性もあるのです。

それらを乗り越え「深い絆」となるわけですが、ここではそうした関係を築く必要のない相手なので、こうした面倒くさい過程に触れずに済むよう、とにかくひとまずすべてに同意をして流してしまいましょう。

 

悪口や不満に対しては応えない


 

すべてに同意はしていきますが、注意する点は、悪口や不満に対して意見を求められても、そこには応えない、ということです。こちらがマイナス要因に言葉を発すると、後々噂になって面倒くさいことになります。

悪口や不満に同調すれば、自分も一緒になって言っているのと同じこと。悪口を言えば、必ずどこかで自分も言われるようになります。

「え!!そうなんですか?!えええええっ!」と、オーバーリアクション気味で切り抜けていきましょう。

また、「へぇ!!そうなんですね~」と流しておくか、「〇〇だったのよ!!」という話に対して「〇〇だったんですね!」とオウム返しをしておく程度にとどめておきます。

悪口・愚痴・不満を言いたい人は、とにかく話して発散するのですから、こちらの意見は特に必要ありません。オウム返しをしておけば、相手はだんだんと発散して気持ちよくなり、落ち着いて来ます。

同意するけど、マイナス要因には同調しない。これがルールです。

 

相手を褒める


 

人は、褒めてくれる相手には、基本、攻撃をしません。少しでもいいところがあれば、めいっぱい大げさに褒めてしまいましょう。

相手が自慢してきたら、それにも「すごいですね!」と、褒めるのです。

そうすれば、陰口の対象になることもなく、相手から攻撃対象になったり、嫌われたり、ということがなくなります。もしかしてものすごく好かれる可能性はありますが….。

嘘を言う必要はないですが、相手のいいところを見つけて、褒めておけば、そのうちあなたにマイナスな話題も持ってこなくなるでしょう。

マイナスな話題を引き寄せる人には、やはりマイナスな要因があるのも事実です。あまり愚痴や不満を聞かなくてもいいよう、相手を褒めて、「この人の前で不満を言うのはやめよう」と思わせておきましょう。

 

「飲み会に来ない人」というキャラを徹底・確立しておく


 

本当はお酒が飲めても、「飲んだら次の日体調が悪くなる」、旦那様は別に外出してもいいよと言っていても「夜に外出すると旦那があまりいい顔しない」など適当なキャラクターを設定しておき、それを徹底していきましょう。

確立すればこちらのもの。頻繁に誘われずにすみますから「断る理由」をいちいち考えなくても済んでしまいます。

また、たまに顔を出せば、ものすごく重宝がられるのです。

 

本当に嫌なことには、キレ気味で断る


 

いつでも穏やかな人、なんでも「うん」という人、というわけではありません。怒らせたら怖い、という印象をつけておくことで、嫌なことを押し付けられたり、ということはありません。

本当に我慢できないことは、はっきりと断っておきましょう。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

本音で付き合えば、喧嘩が起きたり、近付きすぎたり、相手のことを心配したり、と深い関係性が出来て来ます。それがストレスとなることも多いのです。

そういった深い関係性が必要のない場所では、多少の「嘘」は許してしまいましょう。波風立てずに平和で穏便、それが必要な環境もあるのです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント