ストレスで体調不良。人生をダメにする前にやるべき3つの事

ストレス 体調不良

誰しも、ストレスから体調不良になることはよくあることです。ストレスには、ストレッサーとなるものがあるはずです。それは、環境だったり、人だったり、避けられない出来事だったりと人によってもそのストレッサーは違っていますね。

その中でも、多いのは、人間関係によるストレスでしょう。また、不幸な出来事によるストレスも大きなものです。

ストレスの大きさやその人の性格や状況にもよるのですが、ストレスを感じても、何とか対処することができるのであれば、体調不良も軽くて済みます。

上手にストレスを発散することができないと、体調不調も悪化したり、長引いたりとなりがちなもの。対処法を間違えると、仕事に行けなくなったり、日常生活が回らなくなったりということにもなり兼ねません。

そこで、ストレスで体調不良になっていて、人生をダメにしてしまう前に、やるべき事について、考えてみました。実践してみませんか?

 

ストレスで体調不良。人生をダメにする前にやるべき3つの事

 



 

職場の人間関係でのストレスに対処する。


 

世の中には、いろいろな人がいます。だいたい、二つに分けると、ストレスを受けやすい人と、ストレスを与える人です。もちろん、ストレスを受けやすい人も誰かにストレスを与えているということは、意識的にも、無意識にでもあるものでしょう。

ストレスを感じやすい人は、ストレスを感じる人との関わりを、見つめ直してみてはどうでしょうか。

例えば、嫌いなのに、ついつい、関わってしまっているという場合、ちょっと距離を置いてみるのも良いでしょう。

人間関係のストレスの場合には、相手にだけ原因があるとは、言えません。自分の関わり方にも問題があることも多いのです。

しかし、自分が尽くしても、相手は、そうそう変わらないでしょう。あなたが疲れ果てるだけのことが多いはずです。

例えば、パワハラを受けやすい、いじめやからかいの対象になりやすい人は、ちょっと言われても、そのことを許す人のことが多いです。嫌だという意思表示をすると、その時には、悪く言われても、案外、その後には、別の人を対象にしたりすることもあります。

自分では、どうしようもないほどの環境で、体調不良も感じている時には、環境改善が必要となります。

もちろん、その職場にいる必要が無いのなら、転職をしても良いでしょう。しかし、転職をするのもマイナスになるのなら、思い切って、人事的に権力のある上の人に、相談をしてみましょう。

一時的に、職場はざわつくかも知れませんが、案外、ストレスを与える人ということは、周知のことかも知れません。そうなると、環境調整も、上司の役目なので、長い目で見れば、あなたが、仕事をしやすくなるでしょう。

 

家庭内でのストレスに対処する。


 

家庭内でのストレスとなると、よくあることが、嫁姑関係、嫁舅関係、婿姑関係、婿舅関係、夫婦関係でしょう。今では、嫁よりも、姑の方がストレスを感じているという人も多いのです。

その中でも、嫁姑関係は、ストレスが多いのが普通です。

育った環境、時代が違うので考え方は違います。さらに、大事な息子をとられたとなると、ストレスも大きなものです。

どちらかが、大きな心で対応するしかありません。同居、別居によってもストレスは違うでしょうが、皆が楽しくいられるように、お互いに、気遣いが必要です。気遣いの対応を続けることで、案外良い関係が作れたりもするものです。

他人なので、あまり口を荒げない方がお互いのためです。助けてもらうこともあるでしょう。家族は、多いほど、助け合いができるものです。

自分も、年をとる時が来るし、同じ立場になることもあります。できれば、高齢の人を配慮してという姿勢が大切だと思います。

夫婦関係も同じで、相手を配慮する気持ちを続けることが大切でしょう。しかし、体調が悪い等、お互いがしんどい時には、ぶつかることもあるでしょう。そんな時には、ちょっと距離を置いて、家庭円満を壊さないようにすることが大切です。

けれども、中には、ちょっと異常な性格の人もいるもので、そういう人が家族にいる場合には、一緒にいることで、あなたの人生が狂ってしまうということもあるでしょう。

そう感じているなら、準備をしてから、思い切って、別居や離婚をした方が良いかも知れません。その辺の判断は、後悔しないように、あなたが判断するべきでしょう。

 

避けられないストレスに対処する。


 

突然の愛する人との死別、障害や病気による体の欠損など、避けられない悲しいことも、長い人生ではあるものですね。

このようなストレスを抱えると、誰でも体調がすぐれなくなったりするものです。

障害を受けると、それを受容するまでの過程があります。悲しみ、怒り、自暴自棄、諦め、受容などです。これには、行ったり来たりということもあるでしょう。これらの過程で、悩みを誰かに聞いてもらうということは、とても大切なことです。聞いてくれそうな人がいたら、心に抱えた苦しみを聞いてもらいましょう。親身になってくれる友人や公的な相談所や、病院のワーカーでも良いでしょう。相談相手は、説教や意見をしない人の方が良いでしょう。受容的に共感してくれる人の方が良いでしょう。

何度も話しているうちに、自分の中でも心の整理ができたり、時間が解決してくれることもあるのです。

それでも、体調がすぐれないという人は、心療内科や精神科の医療機関に行った方が良いでしょう。中には、自分でストレスを対処しきれない人もいます。病院では、病気のこと以外にも、職場のこと、経済的なこと、生活のこと、あらゆることを相談できます。
 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

ストレスで体調不良になるということは、案外よくあることです。そして、他の人には、わかりにくいこともあります。

ストレスを抱えたまま、あまりにも我慢していると、さらに体調不良が悪化することもあります。退職や入院ということにならないように、上手にストレス発散したり、環境を調整したり、自分の考え方を改めるように努力してみて下さい。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント