息苦しい、胸が苦しい……その原因は◯◯です!

    息苦しい,胸が苦しい

    最近、息苦しくて呼吸がうまくいかなかったり、胸が締め付けられているかのように苦しかったりすることはありませんか?

    そういう状態が続くと、なにか病気になってしまったのではないかと不安になってしまい、さらに気になってしまいます。

    不安になるのは、どうして苦しいのか、その原因がわからないからでしょう。

    人間は心理学的に見て、知らないものに対して恐怖を覚える生き物です。

    ですので、今回はあなたがなぜ息苦しい、胸が苦しいと感じるのか、その原因を突き止めて、改善への道をお伝えします。

     

    息苦しい、胸が苦しい……その原因は◯◯です!

     



     

    息苦しい、胸が苦しい主な症状


    息苦しい、胸が苦しい時は以下のような症状が主に見られます。

    • 呼吸が早くなり、息苦しい感覚を覚える。
    • 呼吸が浅くなって、深い呼吸をしようと思ってもできない。
    • のどが詰まっている、または締め付けられている感覚がする。
    • 胸に圧迫感がある。

    このような症状に身に覚えがある場合は、楽観視せず、少し気をつけたほうが良いかもしれません。

    あまり長引かせてしまうと、場合によっては、胃酸過多便秘などの合併症も引き起こしてしまう可能性があります。

     

    主だった原因はストレス?


    現代はストレス社会と言われて久しいですが、実はこうした息苦しさや胸の苦しみは、ストレスからきていることが多々あります。

    もしかしたら、息苦しさや胸の苦しさから、何度か病院に足を運んでみたものの、お医者さんからは特に病気の原因になるウイルスは見当たらないと診断されて困ってしまった、なんてことがあるかもしれません。

    ストレスが原因のときは、こういうケースが多く見られます。

    どうしてストレスが原因になるのかというと、ストレスが溜まっている状態だと、体はリラックスすることができず、筋肉がこわばってしまいます。

    そうすると、胸の気管支周辺の筋肉が固くなってしまい、いつも通りの呼吸の動きができなくなるために、息苦しく、胸が苦しくなってしまうのです。

    少し立ち止まって、ここ最近ストレスをため込んでいなかったかどうか、振り返ってみてください。

     

    ストレスが引き起こす息苦しい、胸が苦しい状態になる病気


    ストレスの多い生活を送っていると、次のような病気を引き起こしてしまい、息苦しさや胸の苦しみを感じる場合があります。

     

    自律神経失調症


    息苦しくなる、胸が苦しくなるのは、自律神経失調症の症状の一つです。

    緊張状態が続いていることで、体の中の自律神経が乱れ、ひどい手汗や息苦しさを感じることなどがあります。

     

    過換気症候群


    『過呼吸』と呼ばれることもあります。こちらもストレスや不安が関係しているケースが多くあります。

    症状としては、脳が誤って酸素不足だと思ってしまい、酸素を多く取り入れようと呼吸を早くしてしまい、体内の二酸化炭素濃度が下がった結果、息苦しさを誘発してしまいます。

     

    ストレス以外が原因で息苦しい、胸が苦しい状態になる場合


    息苦しく、胸が苦しくなるのはストレスだけが原因ではありません。

    ぜんそくやパニック障害、お酒の飲みすぎやたばこの吸いすぎなども考えられます。こうした場合、

    • 発作的に苦しくなったか
    • 時間が判るほど突然苦しくなったか
    • 咳はひどいか、痰は出ていないか
    • 急に悪化してはいないか

    といったことがないか確認してください。

    これらの症状が見られる場合、病気の可能性が高いので、一度お医者さんに診断してもらった方が良いでしょう。

    また、『姿勢の悪さ』が原因で息苦しくなっていることもありますので、そちらもチェックしてみてください。

     

    対処法について


    もしあなたが、ストレスが原因で息苦しさや胸が苦しい場合、今から提示する対処法を少しずつ実践してみてください。

    徐々にですが、体の調子は良くなっていきますので、焦らずゆっくり取り組んでみましょう。

     

    日光を浴びる


    朝起きた時に太陽の光を5分から10分ほど浴びてみましょう。

    太陽の光を浴びることで、体内時計が調整されて生活リズムが整っていきます。そうすることで自律神経のリズムも整い、体がほぐれてきます。

    目を閉じて、体全体で日光の温かさを感じましょう。

     

    軽めの運動


    忙しいと忘れがちですが、運動は健康にとても良い影響を与えてくれます。

    体があちこち硬直している場合、実はストレッチよりも運動した方が体をほぐすのに効果的だったりします。

    定期的にウォーキングやジョギング、水泳などをしてみましょう。

    『気持ちいいな』と感じるくらいで大丈夫です。

    ダイエットや美容にも良い習慣ですので、生活の中に取り入れる努力をしてみてください。

     

    腹式呼吸を意識する


    夜寝る前でも大丈夫ですので、ベッドにあお向けになり、体の力を抜いて吐く方に意識を向けながらゆっくりと呼吸してみてください。

    そうすると、自然とお腹で呼吸していることに気がついていきます。

    このお腹で呼吸する方法を腹式呼吸と言いますが、自律神経を整える作用があります。

    そのまま寝てしまっても大丈夫ですので、今夜から早速やってみてください。

     

    まとめ


    呼吸が苦しかったり、胸が苦しい状態が続いたりすると、普段何気なくできたことが煩わしくなってしまって、辛く感じることもあるでしょう。

    不安になると、ますます症状がひどくなってしまいますが、原因がわかれば、こうした不安も、少しですが緩和されて、ちょっとずつ症状と向き合えるようになります。

    焦らず、ゆっくりでいいので、自分のペースで、今できることをやってみてください。

    東洋占星術 x 心理学 !?

    東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

    「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

    悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい


      コメント