あなたはKY? 空気が読めない人の特徴と対処法、改善方法

空気が読めない人

あなたは、自覚がないのに周囲から「空気が読めない人」だと言われることがありませんか?

あなた自身は正しいと思っていても、空気が読めない人だと指摘されると傷つきますし、ストレスにも感じます。

もし、周囲からそうしたことを何度も言われることが続いているなら、一度、自分と周りがどのように違うのかを理解しておいた方が良いでしょう。

そこで今回は、周囲から「空気が読めない人」だと言われる人の特徴と、その特徴に合わせた対処法と自分がそうであった場合の改善方法をお伝えします。

そうした人たちが持つ特徴を理解することで、自分がどのような行動や言動を取っているのか客観的に見ることができますし、対処法がわかれば周囲に合わせることもできるようになります。

「空気が読めない=KY」と呼ばれてしまう自分を変えるきっかけにしてみてください。

 

あなたはKY? 空気が読めない人の特徴と対処法、改善方法

 



 

空気が読めない人の特徴とは?


周囲から「空気が読めない」と言われる人には、共通する特徴があります。

空気が読めない人は、社会に出て孤立しやすい傾向にあり、周囲からも嫌われやすいため、ストレスから「うつ病」などになってしまう人も多いようです。

ですから、空気が読めないと言われる人ほど、周囲を困らせないように、できるだけ空気を読んでいけるようになっておいた方が良いでしょう。

空気が読めるようになるためには、まず、空気が読めない人の特徴をしっかり理解することが大切です。

 

一般常識に疎い


空気が読めない人の特徴の一つに「一般常識に疎い」というものがあります。

社会に出て働く時には、世の中の慣習や常識に、ある程度、従っていかなくてはなりません。

しかし、空気が読めない人は、一般の人たちが考えていることが理解できないことが多く、普通だったら誰もが知っているような一般常識に疎い傾向があります。

そのため、会社の中でも、どこか普通ではない言動を取ってしまい、周囲から浮いた存在になってしまいます。

この言動自体に深い意図はないのですが、周囲からは誤解をされてしまいます。

 

自己中心的な性格


上記で「一般常識に疎い」という特徴をお伝えしましたが、なぜそのような状態になってしまうのでしょうか?

それは、空気が読めない人というのは「常識=自分」だと思う傾向が強いからです。

つまり、空気が読めない人ほど「自己中心的な性格」をしていることが多いということになります。

どんな場合も自己中心的なので、一般常識がどうであれ、自分が正しいと思えば構わず突き進みます。

そうした状態を見て、周囲の人たちは空気が読めない人と判断します。

他人のことが気になる性格であれば、周囲からの指摘にも意識を向けることができるのですが、そうではないため、自己中心的な性格が強ければ強いほど、空気が読めない言動が多くなります。

 

話に平気で割り込む


他人の反応が気にならないため、他人の話などにも平気で割り込みます。

例えば、特に仲良くもないのに話に割り込んできて、そこから勝手に自分の話を長々と語り出すような人がいませんか?

そのような人が、まさに空気が読めない人です。

空気が読めない人は、上述したように自己中心的な性格をしていることが特徴ですから、自分ルールに基づいて行動しています。

その人からすれば、自分が話したいと思ったことをただ話に行っただけで、決して悪気があってしたことではないのですが、周囲の顔色を伺うことができないため、相手の気持ちを理解することができません。

ですから、周囲はとても気まずい思いをしなくてはならなくなってしまうのです。

 

視野が狭い


空気が読めない人は、自分の目に見えているもの、自分の考えが全てですから、周りのことを全く見ていません。

このような「視野が狭い」状態も、空気が読めない人の特徴です。

何を言っても、どんな行動を取っても、すべてが自分中心ですから、自分を客観的に見ることができません。

もし自分を客観視することができれば、そもそも、空気が読めないなどと言われることはないでしょう。

広い視野を持って自分を客観視できなければ、周囲と同調して社会生活を送っていくことはできません。

 

人の話を聞かない


空気が読めない人は、全て自分のタイミングや自分のルールで動いているので、誰かと会話する時も、自分の話したいように話します。

話す内容を気にすることなどありませんし、平気で話に割り込みます。

注意力が散漫で好奇心旺盛なところもあるため、話にすぐ飽きてしまい、すぐ違う話に話題をすり替えようとします。

また、人の話を聞いていないので、何を言われても的外れな相槌ばかり打ってしまいます。

全てが自分中心ですから、他人の話には興味がないのです。

そのため、どんな話があっているのか…などと、話の内容を深読みせず、適当に返事をしてしまう傾向にあります。

ですから、自分が嫌味を言われていても気付かず、褒め言葉だと捉えることさえあります。

 

自尊心が高く、他人に厳しい傾向がある


さらに、空気が読めない人には「自尊心が高い」という特徴があります。

空気が読めない人というのは、常に自分中心で物事を考える傾向が見られます。

ですから、自分の行動に自信を持っている人が多く、他人に対して厳しい面がみられます。

自分のことは棚に上げて、他人の失敗にはとても厳しく指摘するようなところがあるので、周囲ともトラブルを起こしやすいです。

この特徴を持っている人とトラブルになった時、自尊心を傷つけてしまうような言動を取ると、深みにはまってしまい、大きな問題に発展してしまいますので、注意が必要です。

 

孤立しやすい


集団の中でいつも孤立しやすい人も、空気が読めない人の要素を持っています。

なぜなら、上述したような特徴を持っているので、周囲の人たちから避けられがちだからです。

ただ、本人は空気が読めないという自覚がありませんから、自分を避けている集団の中へも構わず入っていこうとするため、さらに周囲から煙たがられます。

 

「かまってちゃん」が多い


ただ、空気が読めない人の中には、自分が周囲から避けられていることに何となく気が付いてしまう人もいます。

そんな場合に多いのが「かまってちゃん」になるというものです。

周囲から避けられないように、集団に入っていけるように、必死で会話に入っていこうとします。

その結果、周囲に対して「かまってほしい」「仲間に入れてほしい」という空気を作り出してしまい、その気持ちを周囲に押し付けようとします。

 

口が軽い


空気が読めない人は、基本的にあまり深く物事を考えていません。その上、「自分には甘く、他人には厳しい」特徴も持ち合わせています。

そのため、他人のこともあまり深く考えずに「言ってはいけないこと」などをサラッと口にしてしまう…口が軽いところがあります。

その場にいない友人の秘密や、目の前にいる友人に「太ったね」などと、デリカシーの無い発言をしてしまうのも、こうした特徴があるからです。

つまり、他人に対して気を利かせることができないため、こういった言葉をかけると相手が傷つくかもといった想像ができないのです。

また、たちの悪いことに、自分に自信があるため「この話をしたらみんなが面白がってくれるはず」などと考え、他人の秘密でも躊躇することなく、ベラベラ話してしまうようなところもあります。

 

時間にルーズまたは厳しい


空気が読めない人に共通してみられる特徴として「時間に対する概念が他人と異なる」というものがあります。

時間にとてもルーズでドタキャンが当たり前な人と、時間にものすごく厳しくて相手の遅刻など絶対に許さない人とに二分されます。

これらの特徴は、相反することのように思えますが、実は共通することがあります。

どちらも「時間に対する感覚が自分中心である」ということです。

時間にルーズな人は、当然、自分のペース重視で動いているため、他人に合わすことができません。(潜在的には合わさない。)

また、時間にとても厳しい人も、自分が決めたルールに他人が従わないことが許せません。

このような特徴がある人は、自己中心的な性格で「空気が読めない人」だという可能性があります。

 

見栄っ張り


空気が読めない人の中には、「見栄っ張り」な人も多いと言われています。

事ある毎に、自分を相手よりも上に置きにいこうとします。

特に、誰かと何かを競っているわけでもないのに、どんなささいなことでも周囲と張り合おうとします。

TPOをわきまえず、誰にでも、どこででも、見栄を張ってしまいます。

 

真面目で頑固者


空気が読めない人ほど自分中心なところがあるため、変に真面目で頑固者なところがあります。

こうした人は、周囲の人たちが話している冗談も理解できず、真に受けてしまうため、トラブルを起こすことが多いと言われています。

自分と同じような真面目な性格の人ばかりが周りにいれば良いですが、社会に出てしまえば決してそんなことはありません。

色々な人たちと交流して付き合っていく内に、様々な場面で、変に真面目で頑固なところが垣間見えてしまい、周囲から浮いてしまいます。

 

空気が読めない人への対処法


世間一般から空気が読めないと言われる人は、自分中心に物事を考えることがベースと様々な特徴が形成されています。

では実際に、あなたの周囲にこうした「空気が読めない人」がいる時に、あなたやあなたの周囲の人たちはどのように対処すれば良いのでしょうか?

 

「自分中心」ではない価値観を伝える


空気が読めない人が持つ特徴の多くは、自己中心的な性格で常に「常識=自分」といった価値観が原因だと考えられます。

自分の考えが全て正しく、その考えが常識だと思っているために、人の話を聞かなかったり、自尊心から周囲とトラブルを起こします。

ですから、まずは世の中には色々な考え方や事情があるということを伝える努力をしてみましょう。

話しても理解してもらえない場合には、相手の特徴をよく理解して「こういう考え方もある」のだということを、コツコツと伝えていくと良いでしょう。

そうするうちに、少しずつ自分と他人の価値観が「違う」ということに気付いてくれるかもしれません。

 

できるだけ怒らないようにする


空気が読めない人というのは、自己中心的な性格ゆえに「自尊心が高い」という特徴も持っています。

ですから、上述した「価値観の違い」などを伝える時には、話し方に注意が必要です。

できるだけ怒ったりせず、落ち着いて話をするように心がけましょう。

空気が読めない人というのは、文字通り「空気が読めない」のですから、たとえあなたが怒っても、なぜ怒られているのかが理解できません。

そのため、自尊心だけを傷つけられたと勘違いしてしまい、あなたに対して、怒り返してくることもあるかも知れません。

そうした事態を避けるために、できるだけ怒らないように関わる努力をしましょう。

 

期待をしない


空気が読めない人ほど、周囲に対して気が利かないし、人の話を聞いていません。

ですから、どんなシチュエーションで相手が何をを言っていたとしても、こちらはできるだけ相手に対して期待を持たないようにしましょう。

空気が読めないのですから、気を利かせてあなたのために話を合わせたり、何かをしてくれるようなことはありません。

また、人の話もあまり聞いていないので、相槌を打っていたとしても、その内容までは覚えていないことも十分あり得ます。

最初からあまり期待をしていなければ、腹を立てたり、トラブルになるようなことは起こりません。

必要以上に相手に対して期待を持たないことが、空気が読めない人と上手に付き合っていく秘訣なのかも知れません。

 

状況を教えてあげる


空気が読めない人の中には、時折「私、空気が読めないから…」と自己申告する人もいます。

確かに、そうした人の中にも空気が読めない人はいるかも知れませんが、本当に空気が読めない人は自身が空気が読めないことにまず気付いていないものです。

ですから、空気が読めない人に対しては、できるだけわかりやすく、かつ、周囲に気付かれないように状況を教えてあげると良いでしょう。

空気が読めないと自己申告してくる人は、自分の性格を理解しているので、自分で対処することができます。

本当に対処法が必要な人というのは、まさか自分自身が空気が読めない人だなんて思いもしていない人です。

もしあなたが、そんな人の存在に気付いた時には、わかりやすくコッソリと状況を伝えてあげましょう。

 

話を聞いてあげる


空気が読めない人の多くは、自分中心の言動が目立つ人です。

いつも自分の話を真っ先に話したいと思っています。

ですから、相手が納得するまで話を聞いてあげましょう。

ある程度、自分の話をしてしまったら、今度はあなたの方から相手に伝えたいことを話すと良いです。

ですが、相手は空気が読めない人ですから、もしかしたら、再びあなたの話を遮って自分の話を始めるかも知れません。

その時も、決して怒らず話を聞いてあげるのです。

そうしたやり取りの繰り返しの中で、空気が読めない人は「対人コミュニケーション」を学んでいきます。

あなた自身が慣れないうちは、しょっちゅう話を遮られて、ストレスに感じることもあるかもしれません。

ですが、あなた自身のコミュニケーションスキルもあがるのは確かですから、この機会に挑戦してみてもよいかもしれませんね。

 

病気の可能性を考える


ここまで、空気が読めない人の対処法を色々とお伝えしてきましたが、色々試してみても一向に改善しない場合は、そもそも空気が読めない原因が何らかの「病気」による可能性を考えてみましょう。

空気が読めない症状が見られる病気には、「アスペルガー症候群」「ADHD」などの「広汎性発達障がい」と呼ばれる病気があります。

「空気が読めない人」の中には、性格や特徴によるものではなく、こうした病気を抱えていることが原因である場合もあります。

最近では、「大人の発達障がい」などもあり、子どもの発達障がい以上に、周囲の理解が得られにくいケースも増えていると言います。

もし気になる時には、そうした病気を診断することができる専門医もあるので、促してみても良いかもしれません。

 

空気が読めない人と上手く付き合う秘策とは?


ここまでの対処法を踏まえた上で、空気が読めない人と上手く付き合う秘策はあるのでしょうか?

一番大切なのは、「空気が読めない人の特徴をしっかりと理解して付き合っていく」というものです。

空気が読めない人の心の根底にある感情は「自分中心」です。

常に、自分の感情が最優先になるため、相手の立場を考える余裕がありません。

そのため、周囲とのコミュニケーション能力が低いのです。

空気が読めない人の気持ちを理解してから、上述した対処法を試していけば、あなたはきっと空気が読めない人にとっての貴重な理解者になることができるでしょう。

「自分中心である相手の気持ちを理解してあげる」ことが、空気が読めない人と上手く付き合う一番の秘策なのです。

 

もしあなたが「空気が読めない人」だと言われたら?


ここまでは、あなたの周りにいる空気が読めない人の特徴やその対処法などについて詳しくお伝えしてきました。

しかし、もしあなた自身が周りから、空気が読めない人だと言われてしまったら…どうすれば良いのでしょうか?

空気が読めないということは、ある意味で「対人コミュニケーションが取れない」と言われているのと同じです。

それは、社会人として生活していく上で、ネックになってしまうことなのではないでしょうか。

そこで最後に、空気が読めない特徴を直す方法、空気が読めるようになる方法についてお伝えします。

 

空気が読めない特徴を直す方法


空気が読めない人というのは、自分中心で物事を考えているため、「相手が何を考えているか? 」を想像することはありません。

ですから、他人とコミュニケーションを取る時でも、自分のことばかり話してしまいます。

つまり、対人コミュニケーション能力を身につけて、他人と会話する時のコツを把握すれば、空気が読めない自分から卒業することができます。

そこで、空気が読めない人が持つ特徴をできるだけ直していくための方法をお伝えします。

 

沈黙を大切にする


空気が読めない人が持つ特徴の中には、「口が軽い」とか「人の話を聞かない」など、会話にまつわるものが多く見られます。

そのことから見てもわかるように、会話のコツをつかんでおけば、空気が読めないなどと言われることはなくなります。

そこで大切になるのが「沈黙」です。

空気が読めない人というのは、この沈黙がとても苦手です。

会話の中で沈黙が流れると、すぐに自分の話をしたくなってしまい、人の話を聞かない状態になってしまいます。

ですから、沈黙が流れても、自分から話し始めずに相手が話し出すのを待ってみましょう。

上手に会話するコツは、「相手に話をさせて、自分は聞き役に徹する」ことです。

相手の話も自分の話だと思って、沈黙を大切にしながら会話をするように心がけておきましょう。

 

何でも即答しない


「沈黙を大切にする」ということからもわかるように、会話の中で大切なのは「即答をしない」ということです。

あなたが空気を読めない人から、空気を読める人に変わりたいのであれば、相手の話に対して何でも即答してはいけません。

空気が読めない人というのは、あまり物事を深く考えない傾向にあります。

ですから、相手の話を聞いて、その意味を深く考えないまま答えてしまうと、その答えの内容によっては相手を怒らせてしまうことがあるのです。

そうしたことを繰り返していては、いつまでもたっても、空気が読めない人のままです。

誰かと会話をする時には、何でも即答しないようにして、相手が「何を考えているのか? 」をよく考えてから発言するようにしましょう。

 

相手のことを考える癖をつける


次に、会話の時に何でも即答しないようにすることができるようになったら、会話だけでなく、いつも相手のことを考える癖をつけるようにしましょう。

自分がこの話をしたら「相手がどう思うか? 」と考えるようになれば、すぐに即答もしませんし、失言も避けられます。

会話のテクニックに自信がない人や、周囲の人たちから空気が読めないと言われてしまう人は、こうしたことを常に意識しておくだけでも、空気が読める人に近づけます。

いつも相手のことを考えながら発言ができる人間になっていきたいものですね。

 

空気が読める人間になるには?


では、ここまでお伝えしてきたような方法に取り組みながら、空気が読める人間になっていくためには、どのようなことが一番大切なのでしょうか?

空気が読める人間になっていく上で一番大切なことは、「経験」です。

一般常識の疎さも、人との関わりの中で経験を積んでいくことで変わっていきますし、自己中心的な性格も相手のことを考える癖をつけて経験を積んでいくことで改善できます。

つまり、空気が読めるというのは、「人生の中で積み重ねる経験から得る感覚」のことなのです。

普通に空気が読める人というのは、小さい頃から自分と周囲との関わりの中で、人を喜ばせたり、悲しませたりする経験を得て、その経験を積み重ねることで空気が読める感覚を覚えています。

しかし、子どもの頃に人との関わりが乏しかったり、また病気など何らかの原因でそうした経験を積む機会があまり無かったりすると、空気を読むということがどのようなことなのか知ることができません。

その結果、大人になって「空気が読めない」と言われてしまうのです。

経験を積むのは、今からでも決して遅くありません。

周囲から空気が読めないと言われても、できるだけたくさんの「経験」を積んでいくことが大切です。

 

まとめ


空気が読める人になるには、しっかりと周囲を観察して自分自身の経験値を上げていくことが大切です。

しかし、空気が読める人にも、空気が読めるがゆえの悩みもあります。良いことばかりでなく、ストレスがたまることもあるということを知っておいてください。

また、空気が読めない人にも、空気が読めないからこそ、人に対して物怖じせずに関われる…などといったメリットもあります。

どちらにしても、それぞれに「強み」があることを覚えておくと良いかもしませんね。

その上で「空気が読めない人」と「空気が読める人」のどちらになりたいと思うのかは、あなた次第です。

そうした判断を下す時に、ぜひこちらの内容を参考にして考えてみてくださいね。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント