心理カウンセラーがやっている信頼関係を築く9つの方法

信頼関係あなたは、人と信頼関係を築くのが得意ですか? それとも、なかなか一歩が踏みだせず、悩んでしまうタイプですか?

心理カウンセラーは、クライアントとなる方と信頼関係を結ぶことにかけては、プロフェッショナル。しかし、何の工夫もなく、いきなり信頼関係を結ぶことはできません。

では、どんな工夫しているのか?

心理カウンセラーが実践している信頼関係を築く方法をお伝えします。

 

心理カウンセラーがやっている信頼関係を築く9つの方法

 



 

相手のトーンに合わせる


 

あなたは相手の声のトーンや表情の変化に気を配る方ですか?

心理カウンセラーは、相手に出会った瞬間の相手の声のトーンや表情から、相手の気分や気持ちを感じとろうとします。

相手が明るい時は明るく、相手に元気がない時は少しトーンを落として、相手に配慮した態度をとって、相手に安心感が持てるように心がけます。

だからと言って、相手に合わせて元気のない顔をするわけではありません。

相手の気持ちのトーンを読み取りながら、「私はあなたを受け入れる」というオープンな態度と表情を相手に伝えます。

相手のトーンに合わせる中には、TPOを考えた服装などの身だしなみも大切なポイントです。相手が『ドン引き』しない態度と服装は、信頼関係を作る上で欠かせません。

 

相手のパーソナルスペースを確認


 

あなたは、相手が受け入れやすい距離感を意識していますか?

心理カウンセラーは、相手がどこに座るのか、どんな場所を好むかも意識しています。

初対面で一緒に食事をしたり、一緒に歩いたりする時には、

『この位置に座って、大丈夫ですか? 』
『歩く側は、どちらが良いですか? 』

などと、相手が受け入れやすいスペースを確認すると、相手は自分を優先してもらった気持ちを抱きます。

 

自己開示で安心を勝ち取る


 

相手と初対面で会話が弾まないときは、心理カウンセラーは、自分から自己開示を行い、相手の気持ちをほぐすことを心掛けます。

ポイントは、相手の緊張を『ほぐす』ことです。

「今日は天気が悪くて大変でしたね」や、「今日はわざわざいらして下さってありがとうございます」という相手へのねぎらいを示し、自己紹介をした後に、相手に関わる会社や出身地の話などを尋ねます

相手へのめぎらいや感謝を伝える、相手が話しやすいための自己開示のテクニックは、信頼関係を築く上で、非常に重要ですので、ぜひ覚えて使うようにしましょう。

 

『あいづち』と『わかる』を使って相手を受け入れる


 

相手との信頼関係を気づくときのコミュニケーションスキルとして、『相手を受け止める』ために『あいづち』を上手に使って、相手に自分が話を聞いていることを伝えます。

また、相手が気持ちや思いを話している時には、相手の体験を自分の事として感じ取れた時は「その気持ち、わかる」と、相手が感じた気持ちに自分も共感したことを伝えます。

例えば、相手が仕事で息詰まった時、あなたは、どう相手の話に耳を傾けていますか?

相手が「今日、上司に頼まれたように仕事を提出したつもりだったのに、うまくいかなかった」とあなたに話をしたとしましょう。

あなたが、もし「ちゃんと聞いてから、やればよかったのに」と言葉を返したら、相手はあなたを信頼するでしょうか?

相手:「今日、上司に頼まれたように仕事を提出したつもりだったのに」
あなた:(頷き、視線を相手に向ける)
相手:「うまくいかなかったんだ」
あなた:「そうなんだ。うまくいかなかったんだ」または、「そうなんだ、大変だったね」

このようにあなたが、相手の会話を受け止め、相手に返すことで、相手は安心して次の言葉を発することができます。

相手の話を批判をせず、受け入れる事が信頼関係を築く近道です。

 

『要約』『言い換え』で相手の気持ちを整理・確認


 

相手の話を引き出して、相手を理解した時に、心理カウンセラーが行うコミュニケーション技術に、相手の話の『言い換え』『要約』と呼ばれるものがあります。

これは、相手の話を整理する意味と、話にずれがないかの確認をする意味があります。

相手の話が途切れたタイミングを見計らって、『今の話は、○○ということですよね。合っていますか?』と聞いてみます。合っていれば「そうなんだよ! 」とつながり、合っていなければ、相手は「いや、少し▲▲が違うかな。」と言葉が続きやすくなります。

『要約』のポイントは、「短く伝える」「相手に確認」する事です。

『言い換え』は、相手の気持ちに気づきや、変化をもたらすコミュニケーションスキルです。

例えば、相手が「私は細かすぎるって言われるんです」と、マイナスのイメージで自己評価をしたとしたら…

「物事をよく観察してるってことですね」
「慎重な方なんですね」

と言った、プラスのイメージの言葉に言い換えます。

相手との信頼関係を築きたいときには、『相手が受け入れやすい言葉で言い換える』ことが大切です。

 

『もう少し詳しく教えて 』ドアオープンのテクニック


 

相手の事を知りたい、あなたの話を通してあなたを知りたいと思う時に、心理カウンセラーが使う方法です。

相手と信頼関係を築くためには、相手の言葉や思いをきちんと理解する必要があります。

その自分の思いを「今の話、もう少し教えて」と、相手にボールを投げる事で、相手もボールを受け取り、うまく返そうとします。

比較的簡単に使えるフレーズですので、日常の会話の中に盛り込んで、練習してみましょう。

 

『オープンクエスチョン』を上手に使う


 

相手の方に「ありますか?」「欲しいですか?」と質問をすると「はい」「いいえ」の答えが返ってきて、その後の会話が広がらない経験をしたことありませんか?

この質問の方法は、『クローズドクエスチョン(閉じた質問)』と呼ばれています。

その逆で、『オープンクエスチョン』と呼ばれるものがあり、これは、相手の会話を引き出すテクニックで、「○○についてどう思いますか? 」「○○をどう感じましたか? 」というように、相手が○○について話をしやすいように質問します。

会話が多くなるほど、お互いを知る時間が増します。

会話を単語で終わらせない『オープンクエスチョン』のバリエーションを増やと、相手との信頼関係を築くきっかけは、右肩上がりで増えていきますので、少し意識してオープンクエスチョンをするようにしましょう。

 

相手の『沈黙』を大切にする


 

何かを話している時、言葉を選んだり、気持ちをうまく表現しようとしている時に『沈黙』することがあります。

あなたは、この沈黙を苦手と感じやすいでしょうか?

沈黙は、相手が考えている相手の時間です。

相手の表情を見ながら、今の沈黙が『考えている時間』か、他の意味があるのかを判断します。

そして、もし他の意味があると感じたら『私の方から話しても良い? 』と確認してから、相手の時間を自分の時間に移行することも大切なポイントです。

 

あなた自身が安定すること


 

心理カウンセラーが、信頼を勝ち取るために心掛けている一番大切なことがあります。

それは、人から信頼されるために、『自分自身の心身が安定する』ためのストレス解消方法を身につけることです。

自分の心に余裕がない時は、相手を受け入れる余裕がなくなります。

『疲れているな』『余裕がないかも』と感じたら、あなた自身の気持ちに正直になり、ストレスを解消することを優先します。

あなたの心身のゆとりが、相手に伝わり相手も気持ちを開くのです。

自分がリフレッシュできる方法を、沢山持っていることも、カウンセラーの隠し技

あなたも真似してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ


 

いかがでしたか?

心理カウンセラーが実践している信頼関係の構築術についてお伝えしました。

同僚や気になる相手と信頼関係を作りたい時、ここでお伝えした9つの方法を実践してみて下さい。

最初はうまくいかなくても、繰り返すうちに、相手の反応が変わってくるのが実感できます。

信頼関係を築くには、あなた自身が心を開いて、その思いを伝える事です。

自分に無理せず、相手が話を続けたくなるコミュニケーションを心掛けて下さい。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント