【これならできる】存在感がある人の特徴11個と存在感を出す方法

存在感がある人の特徴

あなたの周りに「存在感がある人」はいますか?

誰からも注目を集め、周囲から一目置かれるような人は、老若男女を問わず、人々が憧れる存在です。

存在感がある人というのは、注目を集めるだけでなく、その言葉に説得力もあるため、リーダーシップを発揮することもできます。

きっと、このような存在感がある人になることができれば、充実した毎日を送ることができるはず。

もし今、「自分はそんな存在になれていない・・・」と落胆しているのであれば、今回はそれを覆すチャンスになるでしょう。

存在感がある人とない人の特徴を比較すると「どうすれば存在感が出せるのか」がわかります。

誰もが憧れる存在感がある人に、あなたもなってください。

 

 

【これならできる】存在感がある人の特徴11個と存在感を出す方法

 



 

存在感がある人の特徴


存在感がある人の特徴

存在感がある人には、そうなるだけの理由があります。

まずは、存在感のある人が持つ特徴を把握しましょう。

 

自分に自信がある


存在感がある人というのは、自分に自信があり、誰に対しても堂々とした態度で接します。

自分というものをしっかり持っているので、どんな場面でもおどおどすることなく、胸を張って対応することができます。

また、自分の責任もしっかりと理解しているので、誰に対しても責任のある言動を取ります。

こうした行動が取れる人は、当然のことながら説得力のある話し方ができるので、誰もが信頼し認めざるをえない状況になっていくので、一目置かれる存在となります。

 

コミュニケーション能力が高い


存在感がある人というのは、コミュニケーション能力も高いです。

自分に自信があるので、話し方も決しておどおどしていません。

落ち着いた口調で話し、周囲の様子を把握する能力にも長けています。

ですから、周囲の人々も安心してついていくことができます。

時折、黙っていても存在感を発揮するのがリーダーシップのある人の特徴であると言われることがありますが、それは大きな勘違いです。

黙っていても何となく感じている感覚は、存在感ではなく威圧感です。

威圧感は、相手を圧倒するような感覚のことなので、存在感とは似ているようで全く違います。むしろ、ネガティブなイメージを抱く言葉です。

本当に存在感がある人は、コミュニケーション能力が高いので、周囲に対して威圧するようなことをする必要がありません。

 

ブレない態度


発言と行動が一致しているブレない態度も、存在感がある人がもつ大きな特徴のひとつです。

言っている事とやっている事が違うような状態では、周囲の人々からの信頼を得ることはできません。

信頼されないということは、周囲から軽んじて見られているということ。

存在感がある人は、常に言行一致を意識してブレない態度を心がけています。

ですから、周囲からの信頼を集めることができるのです。

また、存在感がある人は、人と話をする時も、不確かな情報についての話をできるだけ避けるようにしています。

「~らしい」などと不確定な表現はせず、きちんと話を言い切りの形で終わるように気を配っています。

 

頼りになる


言行一致を意識したブレない態度が存在感がある人の特徴ですが、このような特徴を持っている人というのは、総じて頼りになる存在でもあります。

たとえば、仕事で困っている同僚があなたにある業務の処理の仕方を尋ねてきたとします。

あなたがその業務に精通していれば、当然、的確な答えが出せるので、相手はあなたを頼りになる存在だと認識することになるでしょう。

存在感がある人の真価が問われるのは、尋ねられたその業務に精通していなかったときです。

内容がよくわからなかった場合、おどおどしてしまい、相手に余計な不安を与えがちですが、頼りになる人は

「このことは、○○さんに聞けば分かります。」

と、ハキハキ答え、不安を与えることなく、最適な人を紹介できます。

つまり、頼りになる人というのは、困った時はあの人に聞けばいいと思われる存在の人です。

 

自分の意見をはっきりと言える


自分に自信があって頼りになる人というのは、しっかりと自分の考えを持っています。

自分の考えを持っているので、思考にブレがなく、状況観察能力にも優れています。

コミュニケーション能力も高いので、人の話に耳を傾ける聞き上手でもあります。

また、常日頃から自分自身の考えを高めるために、知識と教養を身につける努力をしています。

そうした努力や能力に裏付けられた発言が、相手の心を動かさないはずがありません。

そのような人が、ここぞという時に自分の意見を言うので、相手から存在感がある人だと認識されるようになるのです。

 

声が大きく積極的である


存在感がある人は、意見を述べる時に声が大きく積極的に話すという特徴があります。

自分の発言に自信があるので、声も大きくはっきりとした口調で話すことができます。

周りで聞いている人も、大きな声ではっきりと話す人の言葉には意識が向きます。

そうした様子が、周囲から見ると堂々としていて積極的に見え、存在感を与えます。

朝の挨拶などでも、大きな声ではっきりと声をかけてくれる人のことはよく覚えているのではないでしょうか?

積極的に大きな声で人と関わっていくことで、周囲に存在感を与えることが可能です。

 

いつもリラックスしている


存在感がある人は、自分に自信があるので気持ちも落ち着いています。

ですから、人と話をする時にもせかせかすることがなく、落ち着いた様子と声のトーンで話をすることができます。

せかせかしている人というのは、周囲から見ると自信がなくておどおどしているように見えてしまいます。

本当に自信があるのかどうかはわからなくても、いつもリラックスした気持ちでいると、落ち着いた様子に見られます。

 

謙虚でミステリアス


存在感がある人に対して、周囲の人々はミステリアスな印象を抱くこともあります。

これは一体なぜなのでしょうか?

存在感がある人は、自分に自信がある一方で、コミュニケーション能力が高く、人に対して細やかな気遣いもできます。

ですから、自分に自信があるからといって不必要な自慢話をしたり、高慢な振る舞いをすることはありません。

存在感がある人は、自分自身がいつも謙虚な姿勢でいることの大切さを理解しています。

そうした謙虚さと自信のある言動のギャップに、ミステリアスな印象が漂うのかもしれません。

 

個性的な雰囲気がある


周囲から見て謙虚でミステリアスな印象を与えることがある存在感がある人。

それは、存在感がある人はどこか個性的な雰囲気を持っていると言い換えることができます。

たとえば、外見にとてもインパクトがあったり、何か面白いことを考えていそうな印象を与えるなど。

アップル社のCEOだったスティーブ・ジョブズは、いつもシンプルな黒い服ばかりを好んで着ていました。

それが周囲に対して、ものすごい存在感を与えていたといいます。

どのような外見であっても、この人は何か違うという印象を与えることができれば、それは存在感につながります。

 

立ち姿が美しい


立ち姿が美しいというのは、表面的な印象のことのように思われるかもしれませんが、決して外見的なことだけではありません。

立ち姿が美しいということは、猫背ではなく姿勢が良いということです。

猫背な人は、自分に自信がない印象を与えます。

実際にそうではなかったとしても、周囲から見た時に猫背の人は自信がない様子に見えてしまうのです。

事実、自分に自信があって存在感がある人というのは、背筋をきちんと伸ばした状態の立ち姿をしていることが多いのではないでしょうか。

つまり、もし自分に自信を持てなくても、立ち姿を意識するだけで、周囲に対して存在感を与えることができるのです。

 

発想が柔軟である


存在感がある人は、インパクトのある外見や美しい立ち姿など、見た目に存在感があるのはもちろん、思考も柔軟です。

固定観念や決まったやり方にこだわらず、いつも何か新しいことができないかを探す発想の柔軟さを持っています。

人と違った考え方ができるがゆえに、他の人々とはひと味違ったことを成し遂げることができるのです。

そうした人は、会社などでも周囲から貴重な存在だと認識されるようになり、存在感を発揮することができます。

 

存在感がない人の特徴


存在感がない人の特徴

存在感がある人の特徴は、自分に自信があり、周囲とは謙虚に上手くコミュニケーションを取ることができるというものでした。

そんな素敵な存在感がある人がいる一方で、どうしても周囲から気づかれない存在感が薄い人、存在感がない人もいます。

存在感がない人は、なぜそのように認識されてしまうのでしょうか?

以下で、存在感がない人の特徴を紹介します。

 

対人コミュニケーションが苦手である


存在感がない人は、人との接触をあまりもたない人である場合が多いです。

必要以上に人との接触を避けてしまっていたり、人と関わることがあってもおどおどしてしまうような人は、周囲から存在を認識してもらえません。

人との接触を避ける人は、基本的に対人コミュニケーションが苦手です。

人の輪に入っていくことができず、入って行けたとしても上手にコミュニケーションを取ることができないため、おどおどした落ち着きのない態度を取ってしまうのです。

こうした特徴を持っている人は、周囲からあまり存在を認識してもらえない恐れがあります。

 

あまり自己主張をしない


自己主張をしないような人も、存在感がない印象を周囲に与える恐れがあります。

自分の意見をはっきり言うことができないと、周囲の人たちの記憶に残りません。

周囲とのコミュニケーションが苦手な人は、人前で自分の意見を言うことも苦手な場合が多いでしょう。

また、いつ自分の意見を問われるのかと、緊張して落ち着きのない態度を取ってしまう傾向も強いため、余計に自己主張ができません。

 

目立つのが嫌い


自分の意見を人前で言うことが苦手で、コミュニケーションにも自信がないため、存在感がない人はどうしても目立つことを嫌う傾向にあります。

人前では、できるだけ目立たないように振る舞い、意見を問われないようにします。

そうした振る舞いが存在感がない印象を周囲に与えてしまいます。

また、目立ちたくないために、外見も地味な様相にするように注意しています。

外見が派手だと、周囲の目を引いてしまい、注目を集めてしまうからです。

目立つのが嫌いな特徴は、存在感がない人の特徴の中でも特に大きな特徴になります。

 

自分に自信がない


ここまでお伝えしてきたことをまとめると、存在感がない人の特徴の最たるものは、やはり自分に自信がないということだと言えます。

対人コミュニケーションに不安を感じてしまうのも、人前で目立ちたくないのも、自分に自信が持てないからです。

また、自分の持っている意見に自信がないため、あまり自己主張をしないようになっていきます。

このような特徴を持つ人は、内面だけでなく外見にもその様子があらわれます。

服装や雰囲気はもちろん、立ち姿も猫背でおどおどしてしまう傾向にあります。

 

存在感がある人と存在感がない人


存在感がある人と存在感がない人

存在感がある人とない人の特徴を見てきましたが、毎日同じように会社で働いていても、その特徴の違いによってずいぶん存在感の有無が違っています。

では、存在感がある人とない人の違いをまとめると、そのポイントはどこにあるのでしょうか?

 

存在感がある人とない人の違いとは?


存在感というのは、どのような人でも持っているものです。

ですから、実際には存在感がないと思っている人でも、実は存在感を持っています。

ただ、存在感の有無にこれほどの差が生じてしまうのには、原因があります。

その原因は「自信」です。

存在感がある人の特徴の根底には、全て自信があります。

自分の存在に自信を持つことができる人が存在感がある人なのです。

一方で、自分の存在に自信がなく、いつも不安感を抱えているような人は、元々持っていた存在感を薄くしてしまっています。

社会を渡っていくには、ある程度、存在感がなければいけません。

仕事のスキルはいまひとつでも、人に好まれるような存在感を持っていれば、周囲の誰かが助けてくれます。

自信があるかないかで、社会の中ではここまで差が生まれてしまうのです。

 

存在感チェック


あなたは、周囲の中でどのような存在でしょうか?

存在感チェックというものがあるので、ぜひやってみてください。

存在感がある人は、周囲からも一目置かれますし、自分自身も自信を持って生きていけます。

反対に存在感がない人は、周囲から忘れられてしまいがち・・・

あなた自身の存在感はどのくらいでしょうか?

この機会に、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

存在感を出す方法


存在感を出す方法

存在感がある人は目立ちすぎて困ると悩んでいる一方で、存在感がない人はどうすれば存在感が出せるのかと悩んでいます。

こうした悩みは、自分が持っている存在感をどのようにして発揮し、また上手にコントロールしていくのかを知ることで解決します。

存在感を出す方法がわかれば、自分自身が目立ちすぎていると感じた時にもコントロールできるようになります。

今後の参考にしてくださいね。

 

人の輪に入るように努める


存在感を出すために一番大切な方法だといっても過言ではないのが、人の輪に入るということです。

人の輪に積極的に入ると、あなた自身の存在を周囲が認識してくれます。

会話などのコミュニケーションが苦手だといって、人の輪に入ることを避けていては存在感がなくなってしまいます。

会話が苦手な人も、まずは人の輪に入るというところから始めてください。

そうすると、徐々に周囲があなたの存在を認識してくれるようになり、存在感が増していきます。

 

少しでも自分から主張をする


人の輪に入ることに慣れてきたら、次は自分の意見を少しでも主張するようにしましょう。

あなたという人間が何を考えているのか?

どういう人間なのか?

こういったことを周囲に認識してもらう必要があり、そのためには自己主張しなければ始まりません。

自己主張することで、周囲があなたの存在を徐々に認めていくのです。

しかし、自己主張はあまりし過ぎても逆効果。

やり過ぎな自己主張は、周囲に嫌悪感を与えてしまう恐れがあります。

自分の意見を主張したら、相手の主張にも耳を傾ける努力を忘れないようにしましょう。

 

積極的になる


自分の意見を主張するためには、積極的になることが大切です。

自分の考えていることをきちんと相手に伝えようと思うなら、自ら進んで会話に入り、そして意見を述べる積極性が必要になります。

反対に、あまり意見を述べずに会話も受け身でいるような消極的な態度を取ると、どんなに存在感がある人でも徐々に存在感が薄くなっていきます。

あなたの存在感を発揮するためには、積極的に振る舞うことが大切なのです。

 

なぜオーラがある人は空気で人を動かせるのか?


存在感がなくても存在感を出す方法というのは、存在感がある人の特徴を具体的な行動で実践することでもあります。

ですが、その一方で何も行動していないのに、なぜかオーラがあると感じる人もいます。

オーラのある人がいると、何もしなくても人目を惹く雰囲気がありますし、そうした人の話には自然と耳が傾きます。

オーラがあると似た表現で、「華がある」という表現があります。

華があるというのは、外見とは全く関係のないもので、その人が生まれつき持っている資質でもあります。

華がある人は、なにをしていても人目を惹きます。

その人にしかない独自の魅力がそこにはあります。

そうした魅力は、やはり自分自身の心の中に自信を持っているかどうかで変わってきます。

本物の自信を持っている人には、周囲の注目を集める圧倒的なオーラがあるものです。

そんな人は決まって、過信して偉そうにすることはなく、自信がなくても卑屈にならず、いつも自然体でいます。

そうした本物の自信を持つ人にオーラが存在し、存在感として人を輝かせることができるのです。

 

まとめ


存在感がある人というのは、本物の自信をもつ人であり、周囲を惹きつけてやまないオーラをもつ人。

存在感のある人間になりたいのであれば、まず自分に自信を持てるようになることから始めましょう。

あなたも、存在感を発揮できるようになっていってくださいね。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント