男性が好き避けする心理と7つの見分け方

好き避け

相手の事を好きなのに、好きじゃないふりをして避けようとすることを、好き避けと言います。なお、好き避けの反対語として、素直に相手のことを嫌いだから避けることを嫌い避けと言います。

男性が好き避けをする心理としては、女性の好き避けと同じく、好きなひとを目の前にして緊張してしまう感覚が辛いからだとか、下手な言動を見せて嫌われたらというネガティブな気持ちに悩まされるからだとか、そもそも女性と接するのが苦手だとか、そういった理由もあります。

ただ、男性社会において、異性関係を仕事に持ち込んで、全体の作業効率を低下させるということが強いタブーとなっていますので、男性の好き避けには、異性関係を仕事に持ち込みたくないということも理由になりえます。

今回の記事においては、男性が好き避けする心理と7つの見分け方を紹介します。

 

男性が好き避けする心理と7つの見分け方

 



 

自分から連絡しないのに返信は早い


 

こちらがメールしても全く返事がない場合は、嫌われている可能性がありますが、普段は連絡して来ないのに、こちらからメールするとすぐ返事をくれる場合は「好き避け」の可能性があります。

仕事において、異性関係をめぐる混乱をあまり持ち込みたくないといったタイプの男性であっても、必要な連絡をするという名目がつくのであれば、好意を持っている相手に対する返信が、自然と無意識に早くなるものです。

 

感情的な意地悪をされる


 

男性からすれば、女性のことを好きなのだけれども、それをアピールすれば、周囲との和を乱してしまう場合があります。

好きという感情と人間関係とのバランスを保ちたいという二つのアンビバレンツな感情が認知的不協和を引き起こす場合、社会人にあるまじき感情的な意地悪を引き起こすことがあります。

単純に相手のことを嫌いというのであれば、むしろ相手に気づかれないように、罠を仕組んで陥れる方が効率的であるとも言えます。

そういうことが理解できて、実行する能力も十分にある男性が、感情的な意地悪を女性にする場合には、その底に、相手に対する好意が潜んでいる好き避けである可能性があります。

 

話しかけられると顔が赤くなる


 

好きな人の前に立つと、脳の中に「恋愛ホルモン」とも呼ばれるドーパミンという物質が過剰に分泌されます。そして、ドーパミンは交感神経を優位にするため、心身が興奮状態になります。

これがドキドキの正体です。

さらに、緊張すると頭に血がのぼるので、手足は冷たいままなのに、顔だけがカーっと熱くなるという現象が起き、顔が赤く見えるのです。

そういう生理的反応は、なかなか隠せるものではありません。

避けられている女性の側からアプローチをかけて男性の顔が赤くなる場合、好き避けである可能性が高いです。

 

避けるくせに視線がよく合う


 

好きな人の顔の表情は、無意識に観察してしまうものです。

一緒にいるときは目を合わせてくれないのに、なぜか、ふとした拍子に目があう機会が多い場合、その男性は、避けているはずの女性の顔の表情をよく観察しているということです。

そういう場合は、もちろん好き避けの可能性が高いです。

 

笑顔のときに口が笑ってから目が笑う


 

たとえ、嫌い避けであっても、お互いに仕事上の必要などで接触があったときに、社交辞令やマナーとして作り笑いをしなければいけないケースがあります。

本当にうれしいときの笑顔は、目と口が同時に笑い、つくり笑いは口が笑ってから目が笑うまでタイムラグがあるという判別方法は、おぼえておきましょう。

ある男性がある女性のことを普段は避けているとして、どうしても必要があって会話しなければいけないと言う場合に、男性が女性に対して、作り笑いしかしないときには、もちろん、嫌い避けであるという可能性が高いです。

 

仕事において必要な指導も他人任せ


 

男性社会において、自ら仕事上のアドバイスをした場合、アドバイスされた側ができなかったときには、アドバイスした側にも指導責任というものが発生してしまう事が多いです。

他人に指導の役割をふれば、そういう指導責任を回避することができます。

そういうことを知っている男性が、自ら指導するには、ある程度、指導される側への愛情が必要になってきます。

男性が、仕事において、必要な指導も他人任せにしているというのは、嫌い避けの可能性が高いと言えます。

 

攻撃準備動作が見え隠れする


 

相手と目を合わせない理由として、目を合わせていれば攻撃衝動が高まりすぎてしまうからだという理由もあります。怒りを抑えるため、目を合わせないのです。

荒事を多く経験している男性は、目の前に不愉快な相手がいれば、ついつい暴力に訴えるという選択肢を頭の中でイメージしてしまうものです。

目をそらした男性が拳を握り込むような動作などを見せている場合には嫌い避けを疑いましょう。

 

まとめ


 

いかがだったでしょうか?

男性の場合の好き避けは、女性の場合の好き避けに比べて、職場の人間関係に気遣うケースが多いように思われます。

『好き避け』と『嫌い避け』を区別するにあたって、今回の記事でご紹介した見分け方を参考にしてください。’

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事ができるのです。

「ココロクリア」では、専任のプロ鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント