プレッシャーに弱いとはもったいない。強くなる5つの方法

プレッシャーに弱い

ご自分の性格からプレッシャーには弱いと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

プレッシャーとは、直訳すると精神的な圧力という意味になります。

仕事に置いてのプレッシャーや人間関係においてのプレッシャーなど、精神的な圧力がかかる場面はいろいろとあるでしょう。特に、人前で何かをしないといけない時に、上手くしよう、恥をかかないようにと思うと余計にプレッシャーはかかってくるものです。

しかし、ここぞという時に、プレッシャーに弱いと、思わぬ損をしてしまいます。プレッシャーに強くなって、どんな場面でも大丈夫という自信が持てれば、周りからのあなた自身の評価も上がるでしょう。

では、どうしたら、プレッシャーに強くなれるのでしょうか? 

ただ単に強気に構えて、高飛車な態度になってしまっていけません。5つのステップを踏んで、プレッシャーに強くなる方法を手に入れることができる方法をご紹介します。ぜひ試してみて下さい。

 

プレッシャーに弱いとはもったいない。強くなる5つの方法

 



 

プレッシャーを感じる場面について考える


 

プレッシャーとは、直訳すると精神的な圧力という意味です。

では、この精神的な圧力は、一体だれが与えるのでしょう。それは、職場の先輩だったり、上司だったりすることが多いでしょう。

プレシャーを感じるのは、もしかしたら、学校での教室での発表の時に、子供のころからプレッシャーを感じやすかったという人もいるでしょう。 

振り返ってみると、プレッシャーを感じる場面は、大勢の他者との場面の前で、あなたが何かをしないといけない時に感じるものなのです。
 

プレッシャーの正体を考える


 

物事には、物事の仕手(与え手)と受け手が存在します。

特に、プレッシャーに関して言うならば、精神的な圧力であっても、実は、受け手に関わる部分が重要な位置を占めます。どんなに、緊張する場面でも、全く緊張せずに事をこなす人も多いのです。

つまり、周囲からの圧力は同じであっても、プレッシャーを感じる人とそうでない人とがいるということなのです。実は、正体は自分の中になるということが多いのです。
 

プレッシャーを利用する


 

人前で、何かをする時に、そのことが難しい事であればあるほど、緊張は高くなるものです。しかし、その緊張は、物事を達成しようとする時には、なくてはならないものでもあります。

プレッシャーとは、これから自分が立ち向かおうとしていることへの準備として、体が反応をしているのです。全く緊張しないとなると、準備も何もしない人になってしまうかもしれません。

行き当たりばったりで何とかなるさという人も中にはいるかも知れません。それでは、良いパフォーマンスができません。

プレッシャーを感じるから、前もって準備して、発表などでは、練習してということになるのです。何事も準備をしないでいつもと違う事に臨む人は、あまりいないでしょう。

あなたが、自分でプレッシャーに弱いと自覚しているのなら、人よりも、準備が必要ということになるのです。
 

プレッシャーを減らす具体的な準備


 

プレッシャーは、自分の自信の無さからも生まれます。

あなたが準備を綿密にして、これでOKと思うことができたなら、さらに声に出して練習したり、時間を測ってみたりして予行演習をしても良いでしょう。その内容を知人や家族に聞いてもらうということも、自分では気が付かない点についてのアドバイスがあるかも知れません。

人前での発表などで、内容は準備できたけれどもプレッシャーを感じるという人は、発表をする姿をビデオなどに撮影して、客観的に分析することで、良くないところを直すことができます。
 

イメージトレーニング


 

人前で何かをしないといけない時には、前もって準備を済ませた上で、前日などに、頭の中でも予行練習をしてみましょう。

イメージトレーニングをして、成功するというイメージを確実な物にしていきます。こうすることで、過度な緊張は無くなって、プレッシャーを感じることもほどほどになるでしょう。

スポーツ選手では、イメージトレーニングをして自分が成功するまでの過程を何度も何度も頭の中で想像して、自分がするべきことを頭に焼き付けます。このイメージトレーニングをしていると、余裕が出てくると、違うパターンのイメージが湧いてくることもあるでしょう。

「こういう場合になったら、こうしよう。」という別の考えが出てくることもあるということです。これは、あなたの考えに、余裕が生まれてきたということです。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

このように、プレッシャーに強くなる方法を5ステップで繰り返していくことで、次第に慣れるということが起きてきます。

意識して、経験をしてその後の反省をすることで、次の場面でその反省を取り入れていくということができると、自分自身の力もついてきて、自信が持てるようになっていきます。

自信がつくと、経験をしたことがあるということで、プレッシャーにも強くなってきます。

人は、経験を積むことで、次に新しいことに挑戦する機会が来ても、自分の経験から、良い方法と言う物を見つけて、当てはめて行くようになるものです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント