女の嫉妬をかわして女性ばかりの職場で上手くやる7つの方法

女の嫉妬 職場
あなたの職場は、女性と男性の比率はどの程度ですか?

男性が多い職場よりも、女性ばかりの職場のほうが「女の嫉妬」があって、大変だという話を聞きます。

既に女性ばかりの職場にいるあなたも、今後、転職や部署異動などで女ばかりの職場を体験するかも知れないあなたも、“なぜ、女性ばかりの職場では嫉妬し合うのか”その心理を知って、上手に女の嫉妬を交わす方法を身につけておきましょう。

 

女の嫉妬をかわして女性ばかりの職場で上手くやる7つの方法

 



 

「横並びでいたい」気持ちを理解する


 

同じ職場で同じ部署。それなら同じレベルのはず・・・この変な横並び意識は、女性の方が強いようです。

高校も、大学も、同じレベルの知識や学歴の人としか関わらなかった、だから、同じ職場のあなたも、自分と同じレベルの学歴と環境でいるはず・・・

自分を基準にして物事を考えるから、自分に持っていないもの持っている職場の女性に嫉妬してしまう。

女の嫉妬は、自分と同じレベルと思った相手が、自分が得られない幸せや資格を持っている時に起こるもの。

そんな女の嫉妬の餌食になりたくないなら、まずは相手を良く知ってから、自分の事を話すことをおすすめします。

“自分の話を聞いてくれる”相手は、心を開きやすく、気持ちよく自己開示をさせてくれる相手でもあります。

「聞き上手になる」ことで、相手の情報を知ることは、女性ばかりの職場で上手くやる方法の1つです。

 

お局の第二の家のしきたりに土足で入らない


 

以前テレビで、職場に「こたつ」を持ち込んだ女性たちの話を聞いたことがあります。

社長でさえ「お客さんが来たときびっくるするから、困るんですけどね」というだけ。

でも、これって男性の職場では、絶対ありえませんよね?

女性は、職場も家庭も同じように考えがち。

その力関係が、その人にとって過ごしやすい状況だからです。

お局さん的な女性がいる職場で働いているのであれば、とりあえず、彼女の家にお邪魔する感覚で、彼女の職場でのパーソナルスペースに土足で入りこまないことが大切です。

もし、他人の家だったら、何を使うにも、どの部屋に入るのにも、相手に許可を得てから行動しますよね?

その感覚で、彼女に接することが、女性の職場で上手くやるコツです

あなたに、その職場での居場所ができるまでは、“職場に家庭を持ち込んでいる”なんて上司に相談するのは、絶対に避けた方が良いでしょう。

その結果がどうなろうと、あなたが意見したことが彼女の耳に入れば、想像を絶する女の嫉妬が、あなたに向かうことは確実です。

 

噂話をしない、悪口を言わない


 

女同士って、欠席裁判をしがちですよね?

いない人の悪口や噂話をする人が、必ず一人や二人いるのが女だけの職場の常。

そんな職場で、うまくやるには「噂話をしない」「悪口を言わない」ことです。

誰かに同意を求められても、それとなく聞いてなかったふりをしたり、話を逸らすことをおすすめします。

噂話をする人の心は、いつも誰かを下にしていないと不安なんです。相手は、誰でも良いのです。

そんな相手の話に合わせる事は、相手の思うツボ。

同じ考え=同じレベルと考えられ、いつかあなたも、その人の「女の嫉妬」の餌食になってしまいます。

職場の人の悪口や噂話に入らないし、乗らない。

その対応が、あなたは信頼できる人だと周りから評価されることにつながり、その結果、同じ感性を持った悪口を言わない人が、あなたの周りに集まってくるでしょう。

 

相手の行動を自分の肥やしにする


 

女性の職場は、要領の良い人や、ずるい人が結構います。

本来は自分の仕事であるのに押し付けてきたり、嫌なことは”家の用事”で免れようとしたり、ずるいって感じることも多いと思います。

でも、考えようによっては、それも相手の経験がなせる業。

その業を否定すると、たちまち女の嫉妬の渦に巻き込まれてしまいます。

あなたは、少し大人の対応をしてみてはいかがでしょうか?

相手の生きる知恵や対処を学ばせていただいていると考えてみると、あなた自身の気落ちが楽になるはず。

そして、自分が取り入れたらプラスになるものは取り入れ、不快なものは真似をしなければ良いのです。

今までそれで過ごしてきた、過ごせてきた女性の職場の先輩の行動を否定せず、観察してみましょう。きっと、これからのあなたの肥やしになる部分があるはずです。

そして、学ばせてもらったら、相手に学んだ部分を上手に伝えましょう。

自分でも気がつかなかった自分の良い部分を認めてくれた相手に、女の嫉妬を向ける人はいません。これも、女性の職場で上手くいく1つの方法です。

 

あなた自身が負のオーラの原因にならない


 

生きていると嫌なことが続けざまに起こる時期もあります。

そんな時、その辛さや不満を周囲にぶつける事で解消しようとすることってありませんか?

苦しみや嫉妬、妬みや嫉み、そんな負のオーラは、簡単に周囲の人を巻き込み、伝わっていきます。

負のオーラは、人に伝わる力が強いのです。

最初は、他の人からの負のオーラの影響だったとしても、あなたも一緒になって出すことで、相乗効果となり、最終的にはあなた自身に返ってくることさえあります。

負のオーラは、あなたから出さない、受け取らない、これも女性の職場で上手くいく方法の1つです。

 

職場以外で自分らしく過ごせる場所を創る


 

女性の職場は、大小の違いはあれど、どうやっても女の嫉妬は避けきれないものです。

でも、その職場の仕事が好きで、ずっと勤めていきたいと考えているのであれば、もう一つ、自分らしく過ごせる場所を持つことをオススメします。

この職場で頑張らなきゃと一生懸命すぎることが、職場でいい加減に過ごしている女性には、めざわりにうつり、女の嫉妬の標的になることもあります。

職場も大事だけど、もう一つ自分が大事にしているモノがあれば、職場での頑張り方も変わってきます。

自分らしく過ごせる場所を探すと言っても、たいしたことでなくて大丈夫。一人で過ごせる場所を創るだけでも良いです。あなた自身がリセットできさえすれば、それだけで良いです。

心に余裕があることは、職場の人間関係に振り回されない強さにつながります。

その結果として、職場での人間関係も、仕事も、上手くいくようになります。

 

輝いている自分を目指す


 

若いというだけで、仕事ができるというだけで、意味不明な女の嫉妬は向けられてしまうものです。

その嫉妬は、”少し”可愛いからって、”少し”仕事ができるからって・・・という、相手が持てそうなのに持っていない”少し”への嫉妬です。

その”少し”ではなく、同じ職場で働く女性が、真似できないほどの女性になることも、女の嫉妬から逃れる方法の1つです。

人は、輝いている人、生き生きしている相手に憧れ、そのパワーを分けて欲しいと願う部分があります。

あなた自身が、充実した一日を過ごし、素敵な女性として、人間として成長し続ける事ができれば、いつしか周囲の女性から一目置かれる対象に変わり、人間関係も上手くいくようになります。

ただ、それでもあなたを嫉妬する人は出ます。

2-6-2の法則で、2割の方は絶対あなたを否定したいのです。

でも、それは、法則。

あなたが同じ職場で働く8割の女性にとって、生き生きした気持ちのいい女性であれば、あなたに味方する女性の同僚が、あなたを守ってくれるでしょう。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

女の嫉妬をかわして、女性ばかりの職場で上手くやることができそうでしょうか?

職場の女の嫉妬に負けない、誰よりも輝いているあなたになることを目指して下さいね!

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント