他人と差がつく、分析力を鍛える効果的なトレーニング7つ

    分析力

    仕事で出世するには、分析力が必須といわれます。

    そもそも、分析とは何でしょうか?

    分析とは、すなわち「分かる」ことであり、「分ける」ことです。

    つまり、分析力とは、物事をひとつひとつ整理して、それぞれを明確に分ける力と言い換えられるかもしれません。

    そうした場合、インターネットが発達し、データが氾濫する現代社会では、非常に大切な能力と言えるでしょう。

    では、この分析力を鍛えるには、どうすれば良いのでしょうか?

    今回は、分析力を鍛える効果的なトレーニング方法を7つをご紹介します。

    これらの方法を活用し、ライバルに差をつけていきましょう。

     

    他人と差がつく、分析力を鍛える効果的なトレーニング7つ

     



     

    情報、問題点を書き出す


     

    まずはじめに、分析力を鍛えるには、すべての情報、問題点を紙に書き出すのが効果的です。

    たとえば、就職や転職活動における自己分析では、自分の経験や能力をすべて書き出し、自分を客観的に見つめることで、自分の強みや弱みが見えてきます。

    頭の中だけで考えるのではなく、実際に手を動かしてみることが重要です。

    もちろん、紙ではなくパソコンを活用するのも良い方法です。

    分析力向上の第一歩として、すべての情報、問題点の書き出しは欠かせません。

     

    数字で捉える


     

    現象を数字で捉えるようにすると、分析力が高まります。

    たとえば、「今日は暑いな」「寒いな」というのは感覚です。

    これを「今日は気温が28度もあるから暑いな」「8度しかないから寒いな」と数字を使って表現すると、非常に説得力が増します。

    数字で捉えることで、他の物と比較することも容易になります。

    物事をあいまいに捉えるのではなく、数字で具体的に考えるように意識づけていきましょう。

     

    比較する


     

    分析力を高めるためには、ある物を他の物と比較してみることが大切です。

    物事はひとつだけを見ていても、なかなかその本質を捉えることはできません。

    いくつかのものを比較することで、物事の関係性が見えるようになり、理解が深まります。

    たとえば、会社の売上であれば、前年の数字と当年の数字を比較してみる。

    そうすることで「こういう理由で売上が前年の120パーセントになった」などと、より深く、分析をすることができるようになります。

    さらには同業他社と比べて、自分の会社の売上はどうか。同じ地域の他の会社と比べるとどうか。

    ポイントを変えて、いろいろな方向から比較してみると良いでしょう。

     

    図解化する


     

    物事は数字や文章だけでなく、図やイメージで捉えると、理解が深まります。

    たとえば、数字はグラフ化してみる。

    そうすることで、情報がスッと頭に入りやすく、理解しやすくなります。

    図解化するというのは、余計な情報をそぎ落とし、物事を抽象化するということです。

    分析力をつけるのに必須の手法ですので、ぜひ覚えておきましょう。

     

    フレームワークを利用する


     

    ビジネス上の課題を解決する上で有効なのが、フレームワークです。

    フレームワークは、より最短経路で分析力を高めるためのツールともいえるでしょう。

    有名なフレームワークには、3C4C分析SWOT分析などがあります。

    フレームワークは、コンサルタントや経営学者の知恵を汎用的に活用できるようにしたものですから、活用しない手はありません。

     

    語彙を増やす


     

    冒頭のとおり、分析力とは物事を分ける力ですが、この分けた結果を表現するには、多くの語彙が欠かせません。

    たとえば、「味」を表現するにも多くの語彙が必要です。

    甘い、辛い、しょっぱい、すっぱい、にがい、風味がある、コクがある、滋味深い、芳醇である……

    では、語彙を増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

    それには多くの文章に触れるしかありません。定番は、やはり読書でしょう。

    分析力と読書量は、無関係ではないのです。

     

    アウトプットする


     

    分析力をつけるには、最終的に分析結果をアウトプットすることが必要です

    そうすることで、自分の理解も深まりますし、自分の考えを他人に見てもらうことで、新たな視点に気づくこともできます。

    幸いにも、現代は従来のノートなどのようなアナログツールのほか、パソコンやスマートフォンなどのデジタルツールが活用できます。

    インターネットのおかげで、SNSなどで自分から情報を発信することも容易ですから、分析力を鍛える訓練の場として活用していきましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    分析力は、一朝一夕に身につけることはできません。日々の意識と、積み重ねが大切になってきます。

    それでも、ここまで見てきた方法を活用すれば、より短期間で分析力を高めることができます。

    ぜひもう一度見直して、分析力の向上に役立てください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント