人の悪口を言う人の驚くべき心理

    人の悪口を言う人

    世の中には、陰でコソコソと人の悪口を言って盛り上がったり、口を開けば人のことを悪く言う人がどうしてもいます。

    この記事を読んでいるあなたは、そういった周囲からの悪口によって嫌な思いをしたり、何かしらの被害にあったことがあるのではないでしょうか?

    悪口というのは、例え自分のことではなかったとしても聞いていて気持ちの良いものではありません。多くの人が嫌な思いをするでしょう。

    それなのに、どうして悪口を言う人は、存在するのでしょうか?

    今回は、人の悪口を言う人の意外な心理についてお伝えしたいと思います。

     

    人の悪口を言う人の驚くべき心理

     



     

    気持ちの弱さがある


     

    悪口を言ってしまう人の心理状態として、特に多いのが気持ち、つまり、心が弱いということです。

    気持ちの弱さを隠すために、人の悪口を言うことで、自分が強いということを周囲に訴えているのです。

    人のことを悪く言ったり、陰でコソコソしている人は、本当は弱い人だ、という認識を持っていれば、相手に対して、さほど腹正しい思いをせずにすむかもしれませんね。

     

    嫌われるのが怖い


     

    人の悪口を言う人は、他者から嫌われることに対して、恐怖心を抱いていることが多いです。

    なぜかというと、人間という生き物は集団意識に属して生きていく本能が働いています。

    そのため、グループに属することに執着したり、そのグループから外れてしまうと強い不安に襲われてしまいます。

    よく上がる例として、学校のクラスでいじめが起こったとき、クラス全員で特定の生徒を集団で無視をしたり、悪口を言ったりするといった事件がありますよね。

    これは、人の仲間意識の本能が歪んで働いていてしまっていると言って良いでしょう。

    本当は人の悪口なんて言いたくない、いじめなんていけないことだ、と頭では分かっていても、集団からはみ出てしまうことへの強い不安感と恐怖心に負けてしまっているのです。

     

    自分が嫌い


     

    人の悪口を言う人は、本当は自分のことを嫌っている場合が多いです。

    心理学において、悪口を言う人の発言のほとんどは、実は自分自身に対して言っているということが立証されています。

    つまり、人の悪口ばかりを言っている人は、言葉では相手を悪く言っているけども、その悪口は実は自分に向けられている、ということなんですね。

    人の悪口を言う人のこういった心理を知っておけば、いざあなたが誰かから悪口を言われて傷つくことはないでしょう。

     

    本当は好かれたい


     

    人の悪口を言う人は、嫌われたいわけでは決してありません。

    本当は周囲から自分を好きになってもらいたいのです。

    好かれたいという気持ちが人一倍強い人、とも言えるでしょう。

    こういう人は、相手が自分を理解してくれている、自分のことを好いてくれていると思っているときは、良好な関係を築くことが出来ます。

    ですが、自分のことをどうやっても分かってくれないのだ、と思ってしまうと相手への好意的な感情が怒りに変わってしまいます。

    その怒りが、相手への悪口といった形で表現されているのでしょう。

     

    ネガティブ思考がある


     

    人の悪口を言う人は、ネガティブな思考の持ち主である場合が多いです。

    表面上は仲良くしている相手でも、本当は自分のことを良く思っていないのではないか、と相手の気持ちを疑ってしまうことが多いでしょう。

    こういう人は、根本的に相手を信頼することが、難しいです。

    そのため、相手に傷つけられる前に先に傷つけてやろう、といった防衛本能が働いてしまい、自分を守るために相手の悪口を言う、という行動をとりがちです。

     

    軽い気持ちで言う


     

    悪口を言われたほうは、誰しもが嫌な思いをしますよね。

    ですが、残念ながら悪口を言う人の中には、冗談感覚で言ってしまう人がいるのも事実です。

    言っている本人に悪気はないでしょう。それどころか悪口を言っている、という意識もないかもしれません。けれど、周りはそうはとらえません。

    こういう人は自分の知らないうちに、人から距離を置かれて気づけば孤立してしまうことになります。

    悪口を言う人が、あなたにとって気の置ける相手であれば、さりげなく忠告してあげてください。

     

    性格や価値観が合わない


     

    努力しても分かり合えなかったり、短所ばかりが目についてしまう人が、世の中にはどうしてもいます。

    そういった場合、相手の悪口を言いたくなってしまうこともあるでしょう。

    ただ、プライベートであれば距離を置けば良いですが、仕事となると難しいですよね?

    合わない相手と嫌でも付き合っていかねばならない、という環境は、辛いものがあります。

    ですが、仕事の場合だと、性格も価値観も異なる相手のほうが、様々な刺激を受けたり、自分にはなかった意見や発想を得られるなど、良い効果もあります。

    仕事上の関係であるならば、割り切って、適度な距離感を保ちながら上手に付き合っていくことが大切です。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    悪口を言う人は、劣等感が強く、人付き合いに臆病になっている人が多いです。

    今回お伝えしたように、軽い気持ちでつい悪く言ってしまう人もいます。

    どちらにせよ、人のことを悪く言ってしまう人のこういった心理を知った上で、あなたが嫌な思いをせずに過ごせるためにも、上手な距離感を見つけてください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント