浮気をする男の心理ベスト7

    浮気 男 心理巷には『浮気をする男の心理』を見破るためのノウハウ集が溢れています。

    『男の浮気』に頬弄されている貴女も、浮気中の貴方も一度は、その分野の書物を手にしたことでしょう。

    しかし、書物に書かれているノウハウを実践しても『男の浮気』から解放されず、虚しさを味わうことも少なくありません。

    そうならないよう、本当に『男の浮気』の忌まわしさから脱却してもらうためのサポート説明書として、男性心理をまとめたのがこの記事になります。

    女性の方は、男に騙されないための備えとして絶対に見逃さないでください!!

    男性の方は、自分の振り返りのために必見です!!

    『男の浮気』は他人事ではありません。気づいてからでは遅すぎます。

     

    浮気をする男の心理ベスト7

     



     

    女性への飽くなき好奇心を満たすため


     

    男性にとって女性は、日々の生活の中で最も気になる存在です。

    男性は職場や通勤途中で『好きなタイプの女性』を追い求めていることが多いです。女性への単なる好奇心は、男の本能によって欲求へと変貌し、更に男を『浮気』という行動へかき立てます。『浮気』を、男の本能の成せる過ちと捉えるか、男の野心と捉えるかは様々です。

    巷では『浮気は過ち』と捉えていますので、『浮いた心』へ走らない手立てが必要になります。

    『女性への単なる好奇心』の域を出ないようにするためには、『心を浮かせない』自己暗示が大切です。

     

    自分の存在位置を築くため


     

    男は職場の中で日常的に自分の存在位置を絶えず意識しています。

    社会的地位や経済的余裕、幅広い人脈、女性にモテることをバロメーターとして、社会的存在位置を築き、周りから認められようと心血を注いでいます。

    特に女性にモテたい欲求が強くなると、様々な手段で複数の女性の興味を惹こうとします。

    こうして、複数女性との交際が実現できた男は、社会的存在位置を築いたと勘違いすることになります。これが『男の浮気』の始まりです。

     

    心の寂しさを紛らわす


     

    男は寂しい存在です。

    家庭の中でも居場所がなく、奥さんからは邪魔者扱いにされ、子供からは頼りにならない存在として見られ、疎外感に陥る男は多いです。

    寂しさから、心にポッカリ空いた穴を埋めようとし、救いを女性に求めて奔走するようになります。

    男の心の大きな穴は、一人の女性では満たされないこともあり、寂しい男は更に女性を求め続けて『狂走』し始めます。

    『狂走』が男を『浮気』へと走らせます。

    心の寂しさを女性以外に求めることのできる男性は幸いです。

     

    妻への反感


     

    男は、自分の気持ちを理解してくれない妻に反感を抱くことがあります。

    『夜のベッドを共にしたいが拒否された』など、きっかけは様々です。

    こうした不満を解消するために、男は『自分の気持ちを理解してくれる』女性を他に求め始めます。

    他の女性へ拠り所を求める気持ちがエスカレートすると『男の浮気』へと奔走し始めます。

    男は単純な動物なので、短絡的な心境変化で『浮気の心理』に陥ってしまいます。

     

    ストレス解消


     

    今の世の中、男性も女性も仕事の疲れからストレスを抱えることは日常化しています。

    積もったストレスを解消するための手段として『浮気』で紛らわそうとする男は少なくありません。

    『浮気』は一時の楽しさと快楽を体感できるため、ストレス解消には最高と考えがちになるのです。

    しかし、『男の浮気』の結果が男女間の思惑へと変貌し、新たなストレスを生むことになります。

    こうして、ストレス解消のための『浮気』がもとになり、更なるストレスまみれに陥る男も稀ではありません。

     

    社会的ステータスを追い求める


     

    社会的なステータスを獲得した男の中には、更なる『男のステータスシンボル』を追い求めることがあります。

    男の我欲が『新たな欲』へと、かき立てることになるのです。

    『新たな欲』が『男の浮気』への道しるべになっていくのです。

    『男の我欲』から、複数女性との交際を実現できた男は、社会的なステータスシンボルを獲得できたという錯覚に陥ります。

    この錯覚が『男の浮気』へ歩み出す引き金になるのです。

     

    性的欲求を満たすため


     

    妻だけでは満足できない男。

    一人の女性だけでは満足できない男。

    このような男は、本能に身を任せて更なる女性に向かって走り出すことになります。

    本能と理性の葛藤の中で本能に支配された男は、未知の女性に向かって奔走し始めます。

    本能に支配された男にとって、『未知』は『浮気の心理』の原動力になるのです。

    このような男にとっては、『未知』の女性が救世主として映るのです。

    あたかも幻覚の世界に没入したかのような心理状態に陥るのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    世間では『浮気は過ち』と捉えていますので、『男の浮いた心』を落ち着かせる手立てが必要になります。

    『男の浮いた心』を魚釣りに例えると、水面に漂って浮いているウキになります。

    ウキのように漂う『男の浮気心』には、釣り糸を通して引っ張ってくれる錘(オモリ)が必要です。

    錘があれば『浮気をする男の心理』を杭止めることができます。

    男性と交際中の貴女は、錘になって『男の心が漂って浮かない』ように引っ張ってください。

    浮気中の男性である貴方は、この気づきをキッカケに『浮気をする男』を卒業しましょう。

    女性である貴女は、『浮気をする男の心理』を男性診断に活かしてください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント