体の相性がいいと感じる6つの条件

体の相性
恋人や夫婦間において、価値観や考え方などの心の相性がいいことは必須条件です。

しかし、心の相性がいいからといって、安心していてはいけません。

『体の相性』というものも、心の相性と同じくらい大切なことなのです。

『体の相性』とは、抱き合っているときや、しているときの相性のことです。

価値観の違いなどは、交際する前からでも知ることができますが、体の相性というものは、交際して、実際に抱き合ってみなければわからないものです。

ですから

『それまでは、なにも不快に感じたことがなかったのに、いざしようとしたら、ふと不快に感じてしまった』

なんて言う人も少なくなかったりします。

せっかくお付き合いできても、体の相性が良くないというのは、考えものですよね。

そこで今回は、体の相性がいいと感じる条件を6つご紹介します。

あなたの今後の交際に役立つかもしれませんよ?

 

体の相性がいいと感じる6つの条件

 



 

触っているとき・触られているときの心地よさ


 

恋人に触られて、不快に感じる人はそうそういないでしょう。

体の相性というのは、『手をつなぐ』『キスをする』『ハグをする』こんな簡単なことで、だいたいのことがわかるはずです。

手をつないで、指を触っているだけでも、気持ちよさや心地よさを感じられて、なおかつ、相手も同じように感じてくれていたら、それはもう相性抜群ということになります。

キスやハグも同じで、唇が触れることや体を合わせて相手の肌と触れ合うことに心地よさを感じられれば、体の相性はいいということになるでしょう。

アレだけが体の相性を決めるわけではありませんので、恋人との体の相性を知りたいのであれば、まずは簡単なことから試してみてください。

 

心地よく感じる匂い


 

 

匂いは、もっとも重要視する条件といっても過言ではありません。

 

普段はあまり気にすることがないかもしれませんが、いざ個室で二人きりになると、相手の匂いが直接自分に届きます。

そのとき、自分が好まない匂いであったら、一気に不快な気分になってしまうでしょう。

香水の匂いももちろんですが、体臭がもっとも気にする部分です。

キスをしたり、抱き合ったり、アレをするときには、必ず相手との距離が数センチ~0センチになります。

そんなときに、いちいち匂いを我慢するなんてできませんよね?

つまり、好まない匂いの相手とは、相性が良くないのです。

 

抱き合っているときに感じる幸せ


 

ギュッとお互いの体を抱きしめることに幸せを感じられないようなら、その相手とは相性が良くありません。

不安なとき、恐怖を感じたとき、抱きしめてほしいと思うことがあります。

そんなときに、心を押し殺してまで抱き合いたいと思いますか?

抱き合うのなら、幸せを感じたいですよね。

つまり、抱き合っているときに幸せを感じられれば、それは、体だけでなく心の相性もいいということです。

不思議なことに、抱き合っているだけで相手への気持ちが通じたりすることもありますからね。

 

差があり過ぎない体格


 

身長差がありすぎたり、体重差がありすぎると、どうしても体を重ねるときに不便に感じてしまいます。

『心が通じていれば、そんなことは小さな問題にすぎない』

という人もいるでしょうが

『あまり差のない体格の相手の方が、ストレスなく接することができる』

と考える人も、少なくないでしょう。

Hをするときにも、体格差がありすぎると体を重ね合わせるのに苦労しますし、身長差がありすぎると、キスをするにも大変です。

ですから、見た目だけで判断するのはいいことではありませんが、ストレスなくキスやHをしたいのであれば、現実問題として、体格差はけっこう重要です。

 

タイミングが合う


 

『手をつなぐタイミング』
『キスをしようとするタイミング』

など、イチャイチャしたいと思うタイミングが相手と同じだと相性がいいといえるのではないでしょうか?

相手がまったくその気でないのにキスをしようとしても、相手からしたら迷惑でしかないですもんね。

ですが、相手も自分と同じようにキスをしたいと思ってくれていたら、その後の行動もスムーズにできますし、なにより心が通じていると感じることができます。

 

気持ちいいところがお互いにわかる


 

手のつなぎ方やキスの仕方、アレの際の動き方など、自分が気持ちよく感じるところを相手がわかってくれていて、なおかつ、相手が気持ちよく感じるところが自分もわかる場合、体の相性がいいといえるでしょう。

こればっかりは、言葉ではなかなか言い表せないことなので、相手の視線や動きなどを見て、自分の感覚でやらなければいけません。

その感覚が合っているからこそ、相手を気持ちよくすることができるし、相手も自分のことをわかってくれているからこそ、自分も気持ちよくなることができるのです。

ですから、お互いに相手の気持ちいいと感じるところがわかるということは、体の相性がいいということになるのです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

今回は、体の相性がいいと感じる条件を6つご紹介してきました。

心の相性(価値観など)ももちろん大事ですが、体の相性というのも軽視していてはいけません。

体にうそをついていては、ストレスしか生まれません。

ですから、ストレスや不満なく相手と接していくためにも、自分と相手の体の相性を知っておくことは、必要なのです。

あなたが心の相性だけでなく、体の相性もいい方と良い関係を築いていけることを、願っています。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント