上から目線でモノを言う人の心理を理解してサラッとかわす方法

上から目線学生でも社会人でも、何故か妙に上から目線で話して来る人がいます。

それほど親しい訳でもなく、差して何らかのアドバイスを求めた訳でもないのに偉そうに語ってくるのです。

自分自身が未熟である事は理解出来ても、だからと言って上から目線で話して来る人より劣っているとは限りません。それは、相手からしても判らないことのはずです。

とはいえ、社会人となったら相手をあからさまに批判は出来ませんし、立場上、絶対に否定的になれない相手が存在します。

そこは大人の対応で、自分の中で、グッと我慢すれば良いのですが、そう言う事が続くとストレスにもなってきます。

では、そのストレスも溜めずに、サラッとかわす方法は無いのでしょうか?

 

上から目線でモノを言う人の心理を理解してサラッとかわす方法

 



 

己を知らぬ可哀想な人


 

上から目線で話す人は、2種類に分ける事が出来ます。

1つは、誰にでもそうである人

もう1つは、相手との力関係を考慮に入れている人です。

どちらにしても、自分と言うものを判っておらず、自分の力量も判っていない人が多いと言えます。

前者の場合は、単にがさつなだけとも言えますが、後者の場合は、自分の事は判っていないけれども、他者の事は細かく見ているのです。

他人の事ばかりが気になって、自分の事が疎かな人ほど上から目線になります。

実に可哀想な人と言えるのです。

 

抑圧されていた人ほど偉そうになる


 

今までの人生で抑圧されていた人ほど、上から目線でモノを語るケースが多いです。

そう言う性質の持ち主ですので、当然、交友関係は広いとも言えず、良好な他者との関係を築く事が出来ずにいた筈です。

その上、家庭でも抑圧された教育を受けていた可能性は非常に高いと言えます。

抑圧されていた分、新しい環境に身を置く際に、他者よりも上の立場でいたいと言う深層心理が働き、上から目線でモノを言う人間になってしまっているのです。

 

キチンとした教育環境がなかった人


 

そもそも上から目線でモノを話す人と言うのは、端的に言えば礼儀知らずな訳です。

とすれば、キチンと礼儀や礼節を教えてもらえる環境になかった人のなれの果てでもあります。

相手との力関係を推し量らずに、誰にでも上から目線で話す人に当てはまるタイプです。

上下関係であったり、団体行動などをまともに教えてもらえなかった可哀想な人なのです。

 

著しい想像力の欠如


 

上から目線で話す人は、相手が自分より優れているかも知れないと言う考えに至らない人です。

特定の話題であったとしても、相手が自分よりももしかしたら数段その事に造詣(ぞうけい)が深いかも知れない? と全く想像力が働かない訳です。

もしかしたらと少しでも考える事が出来る人ならば、様子を見ながら上から目線になるのが普通と言えるでしょう。

それを頭から自分が上と断じて上から目線で話す人は、結局は恥ずかしい言動をしていると言う事になるのです。

 

極めて自分に甘い人


 

他者に対して上から目線で話せる人は、自己評価が極めて高い人と言えます。

つまり、自分に対して甘い人であり、客観性に乏しい人間であるのです。

根拠もなく、実績もなく、単純に「自分なら出来る、やれば出来る、出来ないのはやらないだけ」と言った理論で自分の評価を高く置く人なのです。

こう言う人は、当然のごとく自己評価が間違っている為、成長がありません。

最後には自分自身が泣く羽目になります。

 

弱い人ほどなりやすい


 

上から目線で話す人は、一見強そうに見えますし、優秀に思えてしまう事もあるかもしれません。

もしくは傲慢で、偉そうに見えるでしょうが、その心理を探ってみると、実はものすごく弱い人である事が判ります。

上から目線で話すのは、結局自己武装をしているだけなのです。

他者より劣っていると言ったマイナス思考を持ちたくが無いゆえに、必死に自分を守っている人なのです。

人一倍弱いために、自分がそう思ってしまう事や、他人にそう思われる事から逃げ続けている果ての言動と言う事なのです。

 

中身が空っぽ


 

上から目線の人の心理もさることながら、その人の言動もまた中身が空っぽである場合が多いのです。

自尊心ゆえに出る上から目線ですから、そこに中身は伴っていません。

裏付けがある上から目線であれば、誰もそれを上から目線だとは思いません。

上から目線だと感じるのは、良く知りもせずに判った様な顔で知ったかぶりをするから上から目線だと思われるのです。

つまり、そう思われる他人の話す事には基本的に中身がないと言える訳です。

 

自分が安心する為


 

ある特定の物事に関して上から目線で話す人は、その事について自分が他者よりも優れている、上手くいっていると実感したいが為の言動と言えます。

良くありがちなのは、特定の事柄に関して相談などした時に上から目線で対応してくる場合です。

少なくとも、その事柄においては相談者よりも自分が上であり、上手くいっていると言う安心感ゆえについつい上から目線になるのです。

とは言え、上から目線で語る程出来ているのかと言うとあくまで自己診断ですので当てにはなりません。

 

上から目線の人は駄目人間の典型


 

上から目線の人は結局のところ、自分に自信が無く、根拠が無い自信で何とか武装しようとしている人なのです。

他人に誇れるものも、目に見える実績もなく、自分が他人よりも優れていると言う実感が全く持てない事がそうさせているのです。

上から目線で話す事でしか他人より優れていると実感出来ないのです。

ですが、結局はそれも虚構であり、上から目線で話したところで実が伴っていないのですから、本来は虚しいだけなのです。

自分で意識していないところで、その事を本人が理解している為、益々武装してしまうのです。

真に自信がある人や、実績のある人はむしろそれを隠して謙虚であるケースが多く、何もない人に限って上から目線で語ったりするものなのです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

良く知っている人でも、初対面の人でも、上から目線で話して来る人には辟易します。

腹が立つ場合も少なくないでしょう。出来る事なら止めて欲しいし、やり込めたい気持ちも出てきます。

しかし、学生ならいざ知らず、社会人ともなれば、他人に対して上手に対応する能力が求められます。

上から目線で話す人はここまで説明してきたとおり、大変、可哀想で惨めな人です。

そんな人に腹を立てても、それはその人と同じレベル、同じ土俵に立つ事になり兼ねません。

哀れな人だと思って軽く受け流す事が賢い大人の対応と言えるのです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント

  1. @名無しさん  says:

    理解しました。
    我々上から目線に感じとられる側は
    秘かに生きていきます。

    • 匿名 says:

      いるんですよ、人の持病に対しても考えないで自分が「仕事してた、仕事していた、
      求職中だから」偉いと勘違いしてて身勝手な人が。相手にされなくなるのわかってないね

  2. あらま says:

    流しても流しても流しても流しても上からどんぶらこっこやってくるんだよ上から目線が。
    文頭にあるように、そういうことがつづくとストレスになるんだよね。

コメント