アドレナリン全開になるやる気を出す方法7つ

やる気を出す方法

「仕事もプライベートも充実させたい!」

それなのに、いまいちやる気が起きない……

やる気を出す方法がわからない……

そんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか?

たとえば20代の独身男性であれば、常にやる気全開で仕事をバリバリこなし、ライバルの同僚に差をつけたいところです。

それなのに、どうしてもやる気が起きない。もしくは、やる気が続かない、ムラがある……

それでは困ってしまいます。

今回は、心理学的な観点から、アドレナリンが全開になるやる気を出す方法7つお伝えします。

 

アドレナリン全開になるやる気を出す方法7つ

 



 

人にほめてもらう


人は誰しもほめられるとうれしくなり、たとえお世辞だとわかっていても気分が高揚します。

そして、ほめられ続けると、自分に自信が生まれ、自分が考えている以上に能力があるのではないかと思うようになります。

自分にそのような期待をもつと、人はやる気が生まれ、自分が思うような姿に本当に変化していきます。

これを心理学では「自己成就予言」といいます。

「きれいだよ」と言われ続けた女性が、本当にきれいになることってありますよね。自分をほめてくれる人の側に身をおくことは、とても重要なことです。

 

注目を浴びる


職場で上司や同僚から注目を浴びるとテンションが上がります。

人の目が集まることで、自己顕示欲が大いに満たされ、快感や幸福感を得るからです。

こういう状態のときは、やる気が全開になり、能力以上のことを成し遂げてしまうことがあります。

このように、人から注目されることで生産性が高まることを、心理学では「ホーソン効果」といいます。

かつてアメリカのシカゴの工場で、照明の明るさと生産性との関係を調べる実験が行われ、その効果が実証されたことから、その工場のあった地名をもって命名されました。

 

責任を背負う


集団で作業をしていると、ついついやる気がなくなり、手抜きをしてしまいがちです。

逆に2、3人の少人数で作業をすると、責任感から積極的に作業に関与しようとします。すると、充実感が得られ、もっと貢献しようという意欲も生まれます。

集団の中で「自分がやらなくても誰かがやってくれるだろう」という心理のことを、「リンゲルマン効果」または「社会的手抜き」といいます。

集団で群れずに、少人数で個々が責任を負うような環境に身をおくと、自然とやる気を出てくることでしょう。

 

ゲーム性を取り入れる


ついついゲームを長時間してしまったり、パチンコや競馬といったギャンブルにはまって、のめり込んでしまうことがあります。

なぜ辞められないのか?

これをやる気に結び付けられたら、すごいパワーが得られそうですよね。

秘密は、心理学でいう「部分強化」にあります。

ゲームもギャンブルも、毎回同じ結果だとわかっていたら面白くありません。たまに好結果が得られるからこそ、そのときの快感が大きく、麻薬のようにはまってしまうのです。

このように、ある行為に対して、たまに報酬があることを「部分強化」といいます。

あることを達成したときのご褒美がランダムで決まるなど、ゲーム性を取り入れる工夫をしてみてはいかがでしょうか?

なお、このようなゲーム性を取り入れてモチベーションを高める施策のことを「ゲーミフィケーション」といい、やる気を出す方法として、近年大きな注目を集めています。

 

ちょうどいい目標を立てる


やる気は、目標の立て方でも変わってきます。

低すぎる目標でも、逆に高すぎる目標でもやる気は出ません。

自分にとって、「失敗するかもしれないけれど、頑張ればなんとか成功するかもしれない」そんな目標が一番やる気が出ます。

会社に通勤するとき、時間に余裕があれば走りませんし、完全に遅刻であればあきらめます。走ればなんとか間に合うかもしれない。そんなときこそ、猛ダッシュするはずです。

本人にとってちょうどいい目標に対するやる気のことを「達成動機」といいます。

やる気を出す方法がわからないという人は、いま一度、自分が立てた目標を見直す必要があるかもしれません。

 

目標を公言する


公の場で自分の目標を発表すると、実際にその目標を達成するための行動を起こす確率が高くなります。

これを心理学では「パブリック・コミットメント」といいます。

家族や職場の上司、同僚に目標を公言するのもいいですが、現代はインターネットを使って、自分の考えを発信することがカンタンにできます。

SNSやブログなどで自分の目標を公言し、自らを鼓舞してやる気を高めると良いでしょう。多くの人の注目を浴びることにもなりますし、やる気を出す方法として大変有効です。

 

歩く


最後に、やる気を出す方法として一番カンタンにできるのが、歩くことです。

やる気が出ないから、行動できないのではありません。強制的にでも行動するからこそ、やる気が出るのです。

科学的にも、歩くことでドーパミンやセロトニンといった、やる気ホルモンが分泌されることがわかっています。

体と心はつながっています。

深く考えすぎずに、まずは体を動かしましょう。

やる気を出す方法として、もっとも手軽でコストも掛からず、誰にでもすぐにできるのが、歩くことなのです。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

やる気が起きないというのは、昔から人類共通の悩みであり、古今東西でさまざまな実験や研究が行われてきました。

現代では、やる気を出すためのメカニズムが科学的に解き明かされ、多くのやる気を出す方法が確立されています。

今回取り上げた7つの方法は、それらの中でも特に有効だと思われる手法であり、心理学や脳科学的に、効果が実証されているものです。

ぜひこれらのやる気を出す方法を活用し、アドレナリンを全開にして、自らの目標を達成してください。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント