頭がぼーっとする原因を見つけて対処する7つの方法

    頭がぼーっとする誰でも頭がぼーっとする、何か思考が働かないなんて事は良く経験する事でしょう。特に、心が忙しくなる現代においては、その傾向が顕著と言えます。

    心理学的にもそれは明白です。

    あまりに考える事が多かったりすると、逆にどこかの部分で全てが停止してしまうのです。その事で、頭がぼーっとすると言った症状が出るのです。

    もちろん、原因はそれだけではありません。

    うつ病の様な気分障害的な状態でも成り得ますし、もっと単純なところで言うと”恋をしていて”頭がぼーっとする事もあります。

    心理的要素だけではなく、当然、身体の不調からも起き得ます。

    頭がぼーっとすること自体は仕方が無い事ですが、どんな場面にあっても、ぼーっとする様では様々な事に支障を来してしまいます。また、出来る事ならいつもスッキリした状態でいたいものです。

    そこで、今回は頭がぼーっとする原因と対策をまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。

     

    頭がぼーっとする原因を見つけて対処する7つの方法

     



     

    睡眠不足が頭がぼーっとする原因をもたらす


     

    頭がぼーっとする理由としては、当たり前と言えば当たり前の理由に思えるかも知れません。しかし、睡眠不足と言うのは、様々な理由で引き起こされますし、解消法も様々です。

    そして、睡眠は人間にとって必要不可欠なものであり、睡眠が上手にとれないと、頭がぼーっとすると言った問題だけでは済まなくなる事が多々あるので、軽視しない様にしましょう。

    眠れないなら、睡眠薬や、睡眠導入剤を使用すれば良いのではないか?

    と考える人も多いでしょう。ですが、これらの薬品に頼った睡眠は決して質の良い睡眠とは言えず解決策とは言えません。

    また、薬に依存した睡眠の場合、目覚めも良くなく、覚醒後もむしろ頭がぼーっとする状態は解消出来ません。睡眠がとれない要因は、基本的に心因性であることがほとんどです。

    質の良い睡眠の為には、その心の問題を解決するか、睡眠の際にそれらの問題から思考を切り離す訓練をする必要があるのです。

    しかし、それらを意識的に行うのは困難です。

    心理的方法の前に、物理的に思考を薄くする為の前準備をしましょう。就寝時間を3時間の幅で決めます。この幅が狭いと、自分を心理的に追い詰め、逆効果になるので余裕のある設定をします。

    次に、その時間から逆算して、寝る時間の3時間前からは食物を摂ってはいけません。寝る設定時間の約2時間前に1時間かけて入浴します。出来る限り湯船に浸かる時間を長めに。

    水分は充分に補給します。入浴中は手足等を常に動かし、疲労感が出る様にします。つまり、これは身体の負担を極限まで無くし、且つ思考が鈍くなる様に身体を疲労させる事が目的です。

    精神的原因の要素を取り除こうとすればするほど、それに囚われてしまい、逆に眠れなくなることになりますので、こうした事を日課とし、癖を付けていく事で良質な睡眠を目指します。

    目覚めた場合、時間が何時であれ、ナチュラルに睡眠を摂る事が出来るまでは、そのまま起きている様にして下さい。無理に寝る、無理に起きると言う事が最も負担になるのです。

    これに慣れてくれば、やがてナチュラルに質の良い睡眠が可能になりますので、そうなってしまえば睡眠が起因の頭がぼーっとする現象は改善出来ます。

     

    ストレスが原因となる


     

    人間には様々なストレスがかかります。脳機能的には精神的圧力を感じると、精神だけではなく実際に血圧が高くなったり、身体的な様々な部分に支障が出たりもします。

    心理学的にはこれらをストレッサーと呼称しますが、物理的な面での損傷も多い為、ストレスの基になっている原因が解決した後でも、精神的損傷が治らない場合があるのです。

    その為、ストレスがなくなり、睡眠が取れても、頭がぼーっとする状態が改善しない場合が多々あるのです。

    これに対処するには、ストレスが掛った時点で先を見越しておく事です。

    ストレスは精神的なものだからと油断せずに、物理的な身体のケアを忘れずにしておく事が重要になります。

    そのタイミングを逃せば、専門医にかかるしか治療は困難です。

    後は自然治癒を時間を書けて行う以外ありません。

     

    レジャーでも時としてストレスになる


     

    レジャー的な楽しい事であっても、精神的に負担がかかることがあります。

    特に、ゲームはその可能性が最も高いものと言えます。結局、ゲームは程度を問われます。

    どれだけの時間ゲームに有するか、どう言った種類のゲームをするかで大きく変わって来るのです。いわゆるゲーム脳は、ストレスによる無関心に結び付きます。

    このストレス無関心が、頭がぼーっとする事に繋がっていくのです。

    ゲームは、時間的には1日1~2時間が精々です。また、プレイする時間帯を選びましょう。

    睡眠を削って深夜に行うのは絶対にしてはいけません。また、睡眠3時間前までには止める様にしておきましょう。でないと興奮状態になり、良好な睡眠が摂れません。また、そうしないと眠りが浅くなってしまう場合があります。

     

    自律神経失調症が原因でなる


     

    現代は、自律神経失調症になる人が極めて多い時代です。

    ただ、この病気はその基準が100%定められた病気とは言えません。あくまで症状や起因する事で診断されます。

    多くは、やはり社会性ストレスや、心理的圧迫によるストレスから発症します。

    症状としては、片頭痛や起立性低血圧、過敏性腸症候群、過呼吸など様々です。

    当然集中力低下、思考低下により、頭がぼーっとすると言った状態が恒常的に続いたりします。ここまで行くと自己改善や治療は困難です。

    心療内科や、精神科医にかかり適切に治療するのがベストと言えます。

     

    うつ病が原因でなる


     

    現代病の代表的疾患のうつ病は、今や非常に患者数が多い病気です。

    明確な治療指針がなく、うつ病になる原因も実に多様です。とは言え、大きな精神的負担が要因の大半を占めます。

    うつ病の場合、うつ病になる直前から頭がぼーっとする事が多く、うつ病になると更にその頻度が多くなります。うつ病にならない様にする事は困難です。

    また、うつ病になって治療する事も現代においては、未だかなりの困難を要します。

    うつ病の場合も、専門医にかかって治療する事がベストですが、うつ病治療の薬品によっては、逆効果になる場合もあります。つまり、治療薬自体が頭をぼーっとさせてしまう効能のものもあると言う事です。

    しかし、自然治癒はほぼあり得ません。また、自身で治療する事は危険でもあります。

    一旦遠回りにはなるかも知れませんが、専門的にシッカリと治療する事こそが頭がぼーっとすることへの対処となります。

     

    低血糖症の改善


     

    甘いものを摂り過ぎると血糖値が下がり、頭がぼーっとするのです。

    この時、集中力が著しく欠如し、無気力状態に陥ります。大量の糖分の摂取は、脳に直接悪影響を及ぼすのです。

    甘いものを常用すると、インシュリンが常に分泌される状態になり、常に甘いものを摂取しなければいけない状態になります。その為、常に頭がぼーっとする状態が続くのです。

    この状態を改善しないと、体質がよりそう言う状況で無ければならない状態になり、日々集中力が欠如したままになります。これを改善するには、糖分を断つ必要があります。

    ですが、一度に完全に止めてしまうのは、既にそんな身体になっている場合、より思考力が失われ、極めて悪い状態になるので、段階を経て減らしていき無くしていくようにしましょう。

     

    同じ状況、状態を避ける


     

    人は、心理的にも肉体的にも、同じ状況や状態にあると頭がぼーっとする様になります。

    例えば、職場で自身のデスクに、ほとんど動かずにほぼ同じ状態で座っていたりすると良くありません。

    物理的に考えても血液の巡りなどが悪くなり、脳機能も低下してしまいます。

    リフレッシュは重要な要素で、定期的に少し身体を動かして運動する事などが大切です。

    あまりに狭い場所で同じ姿勢でいたりすると、いわゆるエコノミー症候群などの心配もありますので、同じ状況や同じ状態でいる事は出来る限り避けましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    頭がぼーっとする原因は様々です。一時的なものから、完全な疾患によるもので恒久的で、本格的治療を有するものなど、理由も対処法も一定とは言えません。

    また、自己治療が不可能なものや、原因が常に明確であるとは限らないものもあり、専門医の治療なくして改善出来ないものも多々あります。

    頭がぼーっとするのは、集中力の欠如や、無気力で済まない理由でなる場合も多く、自己診断で自己判断で、自身で治療をすると言う考えは危険なケースもあります。

    ここでの内容を参考に、危険が無く、確実な方法で、頭がぼーっとする状況を改善し、脱却する様にして下さい。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメント