【女子力アップ】美人オーラの作り方4つ

美人オーラの作り方

「もっと美しくなりたい」「もっと可愛くなりたい」という願いを胸に抱いている女性は多いはず。

いつまでも美しくありたいという自分磨きの一環として美人になりたいと願う女性もいれば、気になる男性に振り向いてもらいたいために美人になりたいと願う女性もいらっしゃるので、美しくなりたいと願う理由は様々です。

しかし、美人になりたいと願う反面、顔立ちやスタイルがコンプレックスで、美人になることを半ば諦めている方もいらっしゃるでしょう。

確かにスタイルが良かったり、整った顔立ちをしている女性には注目が集まりやすいです。

しかし、美人かどうかはそれだけでは決まりません。その人が醸し出しているオーラで美人かどうかが決まるのです。

そこで今回は、美人オーラの作り方についてお話します。

 

【女子力アップ】美人オーラの作り方4つ

 



 

これで印象が決まる! 笑顔は美人オーラを作る重要な要素


 

例えば、お洒落なブティックに入ったとします。

そこには、スタイルがよく、整った顔立ちのモデルさんのような店員さんがいます。あなたは、そのお店で服を試着しようとしますが、店員さんはにこりともせずに試着室へ案内します。そして、あなたが試着した服を購入すると、店員さんはぶすっとした表情のまま「ありがとうございます」と言いました。

この時、あなたならどう思うでしょうか?

「もうこのお店には行きたくない」「愛想のない店員だ」などと感じるのではないでしょうか。そして、この店員さんをスタイルがいいとは感じても心の底から「この人は美人だな」と羨むことは出来ないでしょう。

取り上げた例は極端ではありますが、それだけ笑顔は人のイメージを作る上で大切な要素だということです。

先程の例の店員さんとは逆に、笑顔で明るく接客されたら気分がいいですよね。

笑顔は、見ている人の心を明るくするのです。そして、その明るさは自分にも返って来て、笑顔で過ごすうちに自分も明るい気分になれます。

普段から口角を上げるように心掛け、微笑むことを大切にしていれば、それを続けるうちに身に付き、普段から明るい美人オーラを出すことが出来るようになるのです。

 

美人になるための言葉遣いや言葉選び


 

丁寧な言葉遣いは、「マナーを身に付けている人」というイメージを持たれやすく、好感度を高めることが出来ます。

逆に、乱れた言葉遣いをしていると性格まで乱暴なのではないかと思われてしまうこともあります。

ですから、美人オーラを作るためには、まず言葉遣いを見直してみましょう。

また、言葉というものは印象に大きく影響します。言葉は、人の心の傷を癒すことも、反対に傷を付けることも出来ます。

生きていると、誰かを注意しなければいけない場面に遭遇することもあります。こうした時には強い口調で怒ったり、その人のミスを何度も何度もねちねちと繰り返し口にしてしまいやすいものですが、これでは注意をされた人の心は傷付いてしまいます。

ですから、指摘するべき点を指摘したら、「誰にでもこういうことはあるから、これからは気を付けようね」と一言添えるようにしましょう。この一言が、注意された人の心を救います。

 

優しさや思い遣りは美人オーラを強めてくれる


 

心の中は目には見えませんが、その人が持つ優しさはオーラとして醸し出されるものです。

美人オーラには、優しさも多く含まれています。

いくら整った顔立ちをしていても、困っている人に気付いておきながら無視をしている姿を見たら感じが悪いと思えますよね。

わざとらしい作り物の優しさは反感を買いますが、心が持つ真実の優しさは自然と周りの人から好感を集めます。

ですから、ちょっとした気遣いを自然に出来るようになれば、気遣いをすることで美人オーラが溢れます。

また、気遣いをしてもらって嬉しくない人はいません。気遣われた人から「ありがとう」と言われたり、その人が元気そうになった姿を見たりすると、自分も嬉しくなり、その嬉しさが優しさを膨らませてくれます。

 

自分に自信を持つと美人オーラが自然に溢れる


 

自分自身に嫌なところが無い人なんていません。

人見知りな性格をコンプレックスに感じている人もいれば、身長が低いことをコンプレックスだと感じている人もいます。みんな、何かしらのコンプレックスを抱えているのです。

コンプレックスは自らの欠点に思えてしまいますが、そのコンプレックスがあるからといって全てにおいてダメな人ということにはなりません。誰にでもコンプレックスがあるのと同じように、誰にでもその人の魅力があります。

コンプレックスを気にしていると、じめじめとしたオーラしか出ませんが、自分のいい所を見付けて「私はこういうところが凄い!」「私、頑張ってるじゃん!」と胸を張ると姿勢もよくなり、口角も上がります。そして、自分に自信を持った人からはキラキラとした美人オーラが漂うのです。
 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

美人は顔やスタイルだけで決まるものではなく、言葉遣いや思い遣りなど日常のちょっとしたことで美人オーラを生み出せるのです。そして、自分自身を好きになることも美人オーラを作るために大切なことです。

「自分は美人じゃないから……」と自分を否定し、美人になることを諦めず、美人オーラの作り方を心がければ自然と美人になっていけるのです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント