傷つきやすい人の性格の特徴とは?原因と直し方まで解説!

傷つきやすい 人,傷つきやすい 性格

誰かが放ったひと言に、とても傷つき立ち直れない・・・

あなたは、そんな自分の性格に苦しんでいるかもしれません。

傷つきやすい人は、一般的に物事に対する感受性が強く、傷つけられたことに対して強く反応し、復元する力も弱い傾向にあります。

人の言葉に自分の評価を求めることなく、自分自身をきちんと評価できるようになることで、人に振り回されない自分になることができます。

傷つきやすい人の性格の特徴とその性格をなおす方法についてご紹介します。

 

傷つきやすい人の性格の特徴とは?原因と直し方まで解説!

 



 

傷つきやすい人の性格の特徴


あなたを含め、まわりにいる人のなかでも、ちょっとした相手の言葉や態度で傷ついてしまうタイプの人はあまり苦労せずに、思い浮かべることができると思います。

傷つきやすい人の性格的な特徴としては

  • 自尊心が高く、自分の意見に反対されると、感情的になりやすい
  • 冗談が通じにくい
  • 落ち込むといつまでも気持ちを引きずる
  • 周囲のマイナスの感情を受けやすい
  • 情に流され、自分を守ることができない
  • 自己愛が強く自尊心が高い
  • 自己評価が低く、必要以上に相手に反応に敏感
  • 他人に対する評価や態度は厳しいが、自分に対しては甘えが出やすい
  • 劣等感や罪悪感が強い

 

など、一見相反する行動にも見える性格的な特徴をあげることができます。

ですが、共通して言えることは

「相手の言葉や態度に過剰に反応し、心に傷を負いやすい性格である」

ということです。

 

傷つきやすい性格の原因


傷ついやすい性格になる最も大きな原因は、「自分を客観的に見ることができない」ことにあります。

自分を愛する気持ちが強すぎたり、自分に自信がなさすぎたりするために、相手の言葉を受け止める強さをうまく調節できずに、真正面から受け取ってしまいます。

そのため、周囲の人からみると「軽い気持ちで言ってみただけ」「普通に注意したつもりだったのに」レベルのことでも、傷ついやすい人にとっては自分に向けられた批判や非難という大きな”石のつぶて”として受け止めてしまうため、深く傷つき、傷が治るまでの時間を要してしまいます。

また、傷つきやすい人は同時に、劣等感、罪悪感、不安を抱えていることが多いのも特徴です。

そのため、周囲の不用意な言葉で、心に隠している劣等感や罪悪感、不安が刺激されると、心の芯を突かれたように傷ついてしまいます。

いうなれば、傷つきやすい人は、感受性が強く、繊細な心の持ち主です。

ですが、その反応の良さ、線の細さゆえに、相手の少しの攻撃や批判、時にはアドバイスに対してさえも、耐えられずに傷ついてしまうことになります。

 

傷つきやすい性格をなおす方法


では、傷つきやすい性格を直し、生きやすくするには、どうすればよいのでしょうか。

 

人と自分を比較しない


傷つきやすい人は、自分と他人を比較する「考え方の癖」をもっています。

同僚や友人の関係において、上下関係はないはずなのですが、気づくと、自分より上、自分より下という評価をくだしています。

その評価におうじて、相手に優越感や劣等感を抱くため、相手の言葉が自分の予想に反する場合、傷ついてしまうのです。

ですが、相手はあなたを「上か下」「敵か味方」という視点で常に見ているわけでもなく、また、仮に相手の言葉のとげがあったとしても、それは相手の機嫌次第の側面もあります。

相手を「敵・味方」「上・下」という比較や評価で判断しないようにすることが、傷つきやすい性格をなおす方法のひとつです。

 

相手に期待しすぎない


自己愛が強いタイプ、自信がなく相手に振り回されやすいタイプの傷つきやすい性格の人は、相手に期待するがゆえに「裏切られた」と傷つくことが多くなります。

どんなに相手が自分をわかってくれているように思えても、必ず相手にはあなたの知らない一面があります。

それは、あなたが相手に見せない一面があるのと一緒。

相手に期待しすぎず、相手に自分の理想や期待を重ねないことも、傷つきやすい性格をなおす方法のひとつです。

 

自分の長所も欠点も受け入れる


傷つきやすい人は、自分の長所や短所を受け入れることが苦手です。

そのため、自分が劣等感や罪悪感を抱くことを指摘されると、怒りや傷つきを感じます。

誰もにも、良い面・悪い面があり、得意・不得意があります。

その事実から目をそらせてしまうと、自分を認め、自分らしく振舞うことができなくなります。

そうすると、自分に向けられた誰かの言葉や態度に無防備なまま対峙することになってしまい、深く傷つくことになります。

自分の良い面・悪い面、得意・不得意を受け入れ、自分軸を強くもつことで、まわりの人に対して自然なあなたを出せるようになります。

そうすれば、相手もあなたの素顔を理解することができます。

お互いが理解し合うことができれば、相手の言葉も、あなたが受け止めやすい柔らかで暖かなものに変わっていくはずです。

 

まとめ


傷つきやすい人は、感受性が高く、繊細な気持ちの持ち主です。

それは、小さな変化に気がつきやすく、人の気持ちを理解する能力にたけていることでもあります。

その良さを維持しつつ、自分軸で自分の人生を大切に作っていくことが、傷つきやすい人が自分を守り、平穏に過ごすための方法です。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント