頑固な人を上手にコントロールする4つの心理操作術

頑固な人

あなたの周りに、『頑固な人』はいませんか?

人の意見を聞かない、自分の考え方を変えない、自分の非を認めないなどの特徴があり、円滑な人間関係を築くのは難しいと思われている人も多いでしょう。

しかし、本当はある方法で上手にコントロールする事が可能なのです。

『あの人は頑固な人だから自分とは合わない』
『あの人は頑固な人だから何を言っても無駄だ』

と、あきらめてしまう前に、今からお伝えする4つの心理操作術を試してみてはいかがでしょうか?

 

頑固な人を上手にコントロールする4つの心理操作術

 



 

頑固な人を理解する


 

頑固な人が、自分の考えを変えないのは、自分の意見がいちばん正しいと思っているからです。

自分なりのこだわりがあり、真面目でコツコツと物事を成し遂げていく方が多いです。

だからと言って、物事すべてを否定して生きているわけではありません。自分が納得すれば新しい考え方も受け入れられるのです。

頑固な人を理解し、受け入れられれば、あなたとも真面目に向きあってくれ、とても良い味方になってくれるでしょう。

 

頑固な人を受け入れる


 

決してその人の考えを否定せず、共感する態度、ことばで接してください。

共感する態度で接することで、相手は『自分を理解してくれている』と思うようになります。

人は自分を理解してくれている人に心を開きやすくなります。

ただ、何でも否定せず従ってしまうと、上下関係が出来てしまいコントロールが難しくなります。従うだけではなく、上手に聞き流すことも大切です。

あきらかに常識から外れ、間違いを指摘しなければならないときには、感情的にならず、一貫した態度で話してください。

冷静に、理論的に話しましょう。

感情的にならず、一貫的な態度で接することにより、相手も『もしかしたら自分が間違っているのかもしれない』と、ひと呼吸おいて話してくれるでしょう。

あなたも人間なので、時には思いが伝わらずイライラし、自分の考えも認めて欲しいと思うこともあるでしょう。

アメリカのアン・サリバンという教師の話しは有名で、彼女も最初は全く受け入れられずに何度も心が折れそうになりますが、あきらめずに少女とコミュニケーションを続け、献身的に向き合うことで少女は立派に成長し、アンに感謝するようになりました。

思い通りにならない相手でも、根気よく、誠実に対話を続けることで築ける人間関係もあります。

こちらも根気よく時間をかけて、まず心を開いてくれるようになるまで続けてみましょう。

 

頑固な人を褒めて仲良くなる


 

肯定的ストロークを意識して会話してみましょう。

相手のことばは遮らずに聴き、相手の話すペースに合わせます。そして、ゆっくり頷き『共感している』とアピールします。先程もお話しましたが、やはり、『共感』は仲良くなる上でも欠かせません。

ここでの表情も大切になります。少し微笑むと良いでしょう。

少し距離が近くなってきたと感じたら、今度は相手の行動を観察してみてください。

相手の状況をよく見て褒めるべき所を探しましょう。

たとえば、相手が職場で残業をしていたとします。

そこで、このようなことばで相手を気遣い、褒めるとします。

『残業お疲れさまです。○○さんは本当に責任感が強くて素晴らしいですね。私も見習いたいです。何か、お手伝い出来ることはありませんか。』

NLPの技法になりますが、ただ機械的に褒めても相手には伝わりません。

『本当に素晴らしい』と思っていなくても、『あなたと仲良くなりたい』と心から思って褒めてみてください。

人は『ことばの内容』より『話し方や声のトーン』のほうが、より心に響くものなのです。『あなたと仲良くなりたい』と心から思って褒めることが出来れば、自然と話し方や声のトーンも明るく穏やかになり相手の心に響くでしょう。

有名な哲学者、心理学者のウィリアム.・ジェームズも

『人間の本性の最も根源的な特徴は、自分を評価して欲しいという欲求である。』

という言葉を残しています。

頑固な人だけではなく、人間だれもが自分を評価してほしいという欲求を持っているものなのですね。

故に、相手を気遣い、褒めるという行為は人と仲良くなる為の効果的な方法です。

 

相談、頼み事をしてみる


 

人は相談されると『自分は頼られている』と認識します。

頼られて嫌な気分になる人は居ないですね。また、頑固な人は真面目な方が多いので親身になってくれるでしょう。

ここまで信頼関係を築けたら、今度は今まで頑固な人に受け入れてもらえなかった意見や要望を相談、頼み事というかたちで伝えてみましょう。

あなたのことは、自分の話しに耳を傾け、理解してくれていると思っているので、今までのように簡単にシャットアウトは出来ないはずです。

このように段階を踏んで相手を味方につけることにより、上手にあなたの意見を相手に伝え、相手をコントロールすることが可能になります。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

このような4つの方法で今まで頑固で苦手だった人も、あなたの味方になり、意見を聴いてくれるようになります。

時間はかかるかもしれませんが、根気よく相手と向き合い良い関係を築いてくれることを願っています。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント

  1. ぶどう says:

    確かにその通りだと思います。
    でもそのやり方に、疲れてしまったらどうしたらよいですか??
    10年以上も戦っています(/o\)
    年に何回かぶつかります。頑固な方の地雷がどこにあるか???
    通常常識では考えられないところにあります(/o\)

コメント