男の心理がわかっちゃうメール内容ベスト9

    男の心理 メール現代社会は、他者とのコミュニケーションにメールを使う頻度が実に高くなりました。それだけに、メールは、相手を『推し量るツール』として便利なものとも言えます。

    メールだと比較的隠し事なく何でも正直に話せると言う人が多くなっています。ただ、文字と言うツールだけに逆にバイアスがかかってしまい、必要以上な感情も混ざってしまっています。

    しかし、ユックリ情報を精査する事が出来るメリットもあり、また書いてある内容だけではなく、返信の速度や、相手から優先して送って来る頻度など別の部分で探る事が出来ます。

    今や相手の気持ちを知る上では外す事が出来ないツールが、『メール』です。

    とりわけ、男性の場合、何を考えているのかが、わかりやすいです。つまり、男の心理を読み解く便利なツールな訳です。

    メールで相手の男の心理を先に読み解き、色々な対応を取る事が可能なのです。

    それでは、9種類のメールをサンプルに、男の心理を丸裸にしてみます。

     

    男の心理がわかっちゃうメール内容ベスト9

     



     

    自己開示は判って欲しい心理の現れ


     

    心理学的に、自己開示は、最も好意的な行為と言えます。

    自分自身を理解して欲しいと思うと同時に、自己開示は相手の開示をも求めている行為なのです。

    また、確かに自己開示をする相手には、自然と多くの人が無意識に自分自身も自己開示してしまうものです。自己開示する事で仲が深まる事は良くある事です。

    積極的に自己開示してくるメールを送ってくる男の心理は間違いなく好意からと言えます。

     

    質問が多いメール


     

    質問が多いメールは、相手を知りたいと考えると同時に、会話のキャッチボールを続ける為である場合が多いと考えて良いでしょう。

    親密さの度合いとしてやり取りの数と比例すると考える場合が多いのです。

    やり取りをすればするほど、親密さが高まると考えるのが男の心理な訳です。

     

    返信速度で知る男の心理


     

    メールの返信速度は男の心理を知る上で100%の確度があるとは言えませんが、全く無意味とは言えません。

    最初のメールの返信は相手の都合や状況が判らないのであてになりません。

    一回メールのやり取りをした後の返信速度、相手の状況や都合がメールに適した状態であると判った上での返信速度は充分に参考になります。

     

    肯定的なメールは好意の現れ


     

    当然、脈ありの相手からのメールは基本的にほぼ全て肯定的な内容になります。

    交際も長くなると否定的な意見も出てきますが、交際前や、相手が一方的に好意を持っている場合は肯定のみです。

    肯定的な発言しかないメールを送って来る男の心理は、完全な好意です。自分自身の意見とは違っていても好意を持っている相手の意見は無意識に肯定的になるものです。

     

    長文でシッカリした内容のメール


     

    交際の長い場合は、メールの内容も用事だけだったり、返事だけだったりしますが、好意を持っている相手にはシッカリとした長文のメールがきたりします。

    これは、相手を慮る(おもんばかる)だけではなく、自分を判って欲しいと言う気持ちや、誠意を見せたいと言う心理的要素があるのです。好意を持つ相手に好意的に見て欲しい場合はこうなります。

    ちゃんとした内容の長いメールを送って来る男の心理は好意であることは確実です。

     

    日課メールで無意識にリアクタンス効果


     

    気にしていない相手でも、日々の接触でいつの間にか気になってしまう事があります。

    これを心理学ではリアクタンス効果と言います。

    これは心理テクニックの1つですが、好意的に思っている相手に対して、人は無意識に行っているケースはが非常に多いです。

    心理学的素養を考えて行っている訳ではなく、人は何故か意味なくその効果を知っているのです。

    要は、関係性が単純で、僅かであっても、日課になってしまうと、人は親密さを感じてしまう・・・と潜在意識の中で理解し、それを知ってか知らずか、行ってしまうのです。

    つまり、日課の様に毎日メールを送って来る男の心理は、無意識にこの感情に陥っている訳です。そして、その効果はいつの間にか送られてくる自分自身にも作用しているのです。

     

    質問を質問で返すメールは興味なしのサイン


     

    質問のメールを質問で返す場合は、答えたくないか、もしくは相手の気持ちに探りを入れてからでないと答えたくない場合と言えます。

    後者の場合、好意が無い訳ではありません。

    しかし、積極的な好意とは言えず、100%相手の気持ちが判らなければ、どちらでも良いと言う心理です。つまり、男の心理としては、『相手の出方次第程度の思い』だと言う事です。

     

    基本的に常に返信が遅いか、返信が無い場合もある時は興味なし


     

    メールの返信が常に遅い、時としてメールの返信すらない場合は、全く興味が無い、むしろどちらかと言えば、嫌いであると言うのが男の心理です。

    面倒であると言う気持ちが透けて見えます。

     

    内容に気遣いがある


     

    メールの内容に、体調や、置かれている状況における心配などの気遣いメールは言うまでもなく好意の表現です。

    気遣うくらい誰でもするのでは? と思うでしょうが、『男の心理』は違います。

    本当に好意を抱いている相手にしか、気遣いは余り見せません。それほど細やかな心遣いは、男には元々ありませんし、好きでもない相手に気遣いをして勘違いされる事も嫌います。

    よって、様々な気遣いメールを当たり前に送って来る男の心理は、好意のみです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    メールは、現代において重要なコミュニケーションツールです。

    通常のメールからLINEでのメールなど、様々なコミュニケーションの方法があります。それだけにメールで人が判断される様になりました。

    メール次第で人間関係も悪くなったり、良くなったりする程の位置を占めてきています。

    しかし、逆手にとれば、メールから相手の気持ちを読み取る事も出来る様になり、有効に利用すれば実に便利なツールなのです。

    男の心理を読み解く為に、メールを精査する事で判ってしまうのです。

    ここでご紹介した例を参考に、送られてくるメールから最大限情報を読み取る事が出来れば優位に立つ事も出来ます。

    相手の気持ちを知ってから動く事もできるので、出来る限り無駄を省く事も可能なのです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント