あなたは、心が弱い人? 特徴を理解して心を強くする方法

心が弱い人 特徴

あなたは自分のことを、心の弱い人間だと思ったことはありますか?

自分は心が弱い人だと実感したことがある人なら、きっとそのとき、同時に『そんな自分を変えたい! 』と思ったことでしょう。

誰でも、心の強い人になりたいと思って生きています。

しかし、そう思うあまり、自分を偽りすぎて疲れてしまうこともあります。

それでは、長続きしませんし、本当に強くなれたとは言えません。

きちんと自分の弱さを知り、それをどう改善していけば良いかを知らなければ、心の強い人に変わることはできません。

そこで今回は、心が弱い人の特徴を12個挙げ、それをどうしていけば、心の強い人になれるかをアドバイスしていきます。

 

あなたは、心が弱い人? 特徴を理解して心を強くする方法

 



 

自分の意見を言えない


心が弱い人は、自分の意見を言えないという特徴があります。

あなたにも心当たりがあるのではないでしょうか?

『これを言って、嫌われたらどうしよう』
『的外れなことを言ったらどうしよう』
『自分なんかが意見して良いのだろうか』

こんなふうに、心が弱い人は、常に不安感を持っていたり、自分を卑下する特徴があるために、自分の意見を言えずにいます。

そんな特徴のある人には、自分の気持ちや意見を文字にすることから始めることをおすすめします。

ようするに、そのとき自分が思ったことを形に残すことを意識するのです。

それをあとで読み返すと、自分がそのとき何を思っていたのか、それは発言しても良かったことなのか、を冷静に判断することができます。

それを続けていけば、だんだん自分の意見に自信が出てきたり、意見を求められたときに、何を言えば良いかがわかってくるようになります。

少しでも自信がついてきたら、あとは、親しい人に練習相手になってもらって、自分の意見を言う練習をしていけば、誰の前でも発言することができるようになるはずです。

自分の意見を言うことができない特徴のある心が弱い人は、まずは『自分の意見を文字で表現すること』をしてみてください。

 

努力しない


心が弱い人は、自分に自信がないあまり、努力をしない特徴の人が多いです。

『自分なんかが頑張っても、なんにもできない』
『自分じゃなくても、誰かがやってくれる』

こんなふうに、心が弱い人は諦めてしまう特徴があります。

しかし、努力しないと、それなりの成果しか得られません。

それって、つまらなくないですか?

どうせやるなら、ワクワク感やドキドキ感がちょっとでもほしいと思いませんか?

努力ができるという特徴のある人は、そのワクワク・ドキドキ感を感じるために、努力をして、そのあとに得られる成果を期待しています。

きっとこれは、中毒性があって、一度努力して成果を得るという経験をした人は、次もその感じを味わいたいと、どんどん物事を進めていくのでしょう。

この『努力』というのは、イメージ的に、なにかものすごく頑張らないと使ってはいけない言葉のように感じているかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

『いつもよりちょっと頑張った』というだけでも良いのです。

それだけでも、自分の中ではいつもより頑張って、いつもより違うことをしたのですから、『努力』したのです。

これを少しずつやっていくと、小さい努力から、徐々に大きい努力になっていくはずです。

そして気付いたときには、努力している間のワクワク・ドキドキ感と、そのあとの成果を得られているはずです。

騙されたと思って、一度、何かに対して、努力してみてください。

 

挑戦しない


心が弱い人の特徴に、挑戦しないというものがあります。

なぜ、挑戦しないのか?

それは、挑戦して失敗するのが怖いからです。

しかし、無難に物事を進めて終わらせるだけの日々って、つまらなくないですか?

先にお伝えしたのと同じように、ワクワク・ドキドキ感がないと、人生つまらないまま終わってしまいます。

そうならないためにも、まずは失敗しても支障のないことから、挑戦をしてみませんか?

例えば、趣味なら、誰にもバレずに挑戦することも失敗することもできます。

成功したときだけ、誰かとその喜びを共有すれば良いのです。

挑戦することに慣れていけば、趣味の枠を超えても挑戦していけるようになります。

挑戦する楽しさを感じられるようになれば、失敗への恐怖なんて、ほとんど感じなくなります。

生きていれば、きっといつかは挑戦をしなければいけない時がきます。

そのときのためにも、挑戦をする練習をしておいて損はありません。

しかも、挑戦する楽しさを味わっておけば、もう怖いものはありません。

ですから、挑戦しない特徴がある心が弱い人は、『挑戦をして楽しさを感じられる』という特徴に変えてみてください。

 

人を怖がる


心が弱い人の多くは、人を怖がる特徴があります。

人が怖いから、自分の思うことを言えなかったり、問いただされるのが怖くて、努力や挑戦ができないのではないでしょうか?

人を怖がるのは、人それぞれ理由があるでしょう。

しかし、一つ言えることは、大抵の人は、『あなたを怖がらせようとはしていない』ということです。

あなたが自分の意見を言っても、挑戦して失敗しても、反論したり叱ったりする人はいても、怖がらせようとする人はいません。

あなたがもし、これらを怖いと感じてしまうのなら、それは、その人の気持ちをきちんと理解していないからです。

人の意見に対して、『自分の意見はこうだ! 』と反論する人はいますし、相手のためを思って叱る人もいます。

それを、『自分に対して嫌なことをしてくる人だから、怖い』なんて見た目だけで判断するようでは、子どもと同じです。

しっかりと、相手の気持ちを理解するようにしてみてください。

きっと、怖いという感情が薄らいでいくはずです。

もし、どう見ても、あなたを怖がらせようとしてくる人がいたら、その人とは距離を取ってください。

そんな人は、あなたに必要ありません。

人が怖いという感情は、人をしっかりと見ていけば、そのうち改善されていきます。

 

すぐに傷つく


心が弱い人の多くは、なにか言われたり、なにかされたりすると、すぐに傷つく特徴があります。

これは、先にお伝えした『人を怖がる』という特徴と似ているかもしれません。

心が弱い人は、『人が自分に危害を加えるのではないか』と、常に怖がっているから、冗談で言われた言葉や行動に対しても、反応して、マイナスな考え方をして傷ついてしまうのでしょう。

しかし、『あなたを傷つけようと思ってなにかをする人』なんて、そうそういません。

多くの人は、日常会話で発言する内容に、深い意味を持たせていません。

そのとき感じたことを周りと共有したくて、話しているだけです。

それを、心が弱い人は、『自分のことを言っているのかも』と反応して、傷ついてしまうのです。

つまり、すぐに傷つく特徴を持つ心が弱い人は、常に気を張り詰めているということになるのではないでしょうか?

そうでなければ、ちょっとのことで傷ついたりなんてしないはずです。

よく耳を澄ませて周りの会話を聞いたり、人の視線や行動を見ているために、ちょっとしたことでも、自分に害のありそうなことを見つけてしまうのではないでしょうか?

そんな人には、リラックスすることをおすすめします。

毎日毎日、気を張っていては疲れてしまいますし、ストレスにもなります。

そのせいで、傷つきやすい精神状態になってしまっているのかもしれません。

ですから、なにかリラックスできることをして、一度なにも考えずにゆったりしてみてください。

そうすれば、心も落ち着いて、張り詰めている精神状態も改善されるはずです。

リラックスしたあとに行動するようにしていけば、人の発言や行動に惑わされることもなくなって、すぐに傷つくという特徴も改善していくでしょう。

 

マイナス思考


心が弱い人は、マイナス思考の特徴を持っています。

何事についても、悪いほうへ悪いほうへと考える傾向にあるので、新しく何かを始めたり、環境を変えたりすることに対しても臆病になりがちです。

なぜ、心が弱い人はマイナス思考になるのでしょうか?

それは『弱い自分を守るため』です。

ポジティブに考えていて、その通りの結果にならなかった場合に自分が傷つくのを恐れているのです。

しかし、よく考えてみると、最悪のケースを想定してリスクを避けるというのは、冷静で賢いやり方でもあります。

『私はマイナス思考だ』と落ち込むのではなく、『私は冷静に考えられるのだ』と欠点を長所だと捉えてみましょう。

それが、マイナス思考を脱却する第1歩になります。

 

他人と自分を比べてしまう


心が弱い人というのは『私は私』という考えを持てないという特徴があります。

常に誰かと比べて

『私にはここが欠けている』
『私だけ不幸だ』
『私は持っていない』

優劣をつけたがるのです。

あなたと何もかもが全く同じという人間はこの世に存在しません。

ですから、他人と自分を比較してしまう癖を治さないと、あなたは一生、誰かとあなたを比べて一喜一憂し続けなくてはならないのです。

そんな人生、想像しただけで疲れてしまいますよね?

心が弱い人は、明日から『私は私! 』と口に出して宣言してみましょう。

口に出すということは、心理的にも非常に効果があります。

誰かと比べて自分を価値化することには、何の意味もありません。

あなたの価値は、あなたが決めて良いのです。

 

失敗を恐れている


心が弱い人は、自分が傷つくのを恐れる特徴があります。

何か失敗してしまったら、誰かから責められて落ち込むのではないか、周りから『あの人はダメだ』とレッテルを貼られるのではないか、と常に考えてしまい、自分の思うようにのびのびと生活ができないのです。

失敗を恐れることは、当然のことです。

しかし、むやみに恐れていてばかりでは、せっかく未来に待っているかもしれない新しい扉を開くチャンスをも失ってしまうかもしれません。

周りの人というのは、あなたが思っているほどあなたのことを気にしていません。

たとえあなたが何か失敗したとしても、それを何年も覚えている人は少ないのではないでしょうか?

誰でも一度のチャレンジで成功することはなかなかありません。

何度も失敗を重ね、そこから学びを得て、やっとのことで成功するのです。

心が弱い人たちも、失敗を恐れずに、小さなことからトライしてみる勇気を持ちましょう。

 

人の目や、周囲の評価を気にして常にびくびくしている


心が弱い人は、自分自身を認めてあげる、自己肯定感が非常に低い特徴があります。

自分のことを認めていないので、自分の評価を自分で下すことができません。

ですから、何をするときも

『こんなことをして周りに嫌われないか』
『こんなことをして変に思われないか』

など気にして萎縮してしまうのです。

常に周りの人の顔色をうかがっているような人生を送るなんて辛いですよね?

こんな辛い人生を歩まないためにも、周りの意見や評価に振り回されない『自分軸』をしっかりもつことがとても大切です。

これにはまず、自分を認めてあげることが必要です。

どんな小さなことでも成功したら自分を褒めてあげたり、自分に対してポジティブな言葉を口に出したりするなど、日々の努力で自己肯定感は確実に高まります。

 

はっきりしない


心が弱い人というのは、はっきりしない特徴があります。

自分の言動や考えに確固たるポリシーがないため、周りの意見に合わせたり、権力者に対して『イエスマン』になったりすることで身を守る傾向があります。

そのときの状況によって意見が変わってしまうため、周りからの信頼を失ってしまう可能性もあります。

また、自分の本心や意見をはっきり言えなかったことに対して、自分自身も落ち込んだり、ストレスを感じたりしてしまい、ますます心を弱めてしまいます。

もちろん、場合によっては、自分の意見を主張しないほうが良いケースもあります。

しかし、あなた自身がどうしても譲れないと思うことは、しっかり意見を主張していくことが必要です。

そうすることによって、心も少しずつ鍛えられ、自信にもつながっていきます。

 

意思が弱く、努力が苦手


意思が弱く、何かを最後までやり遂げることが苦手というのも、心が弱い人の特徴です。

自分がこうしようと決めたことでも、いざ始めてみると、そのやる気は長く続かず、最後までやり遂げることが難しいのです。

心が弱い人が最後までやり遂げられない原因は『やろうと思ったのだけど、今週はばたばたしていたから仕方がない』などと、すぐに自分自身に対して言い訳をし、自分を甘やかしているからなのです。

どんな状況でも、決めたことをやり抜くという強い意志がないのです。

あなたが心の弱さを克服するためには、たとえ小さなことでも良いので、何かを最後まで成し遂げる訓練をする必要があります。

何かを成し遂げた先には、達成感や自信が生まれます。そして同時に、心も強化されていくのです。

 

心が敏感で、すぐに傷ついてしまう


心が弱い人は、とても心が敏感だという特徴があります。

人よりも心が繊細で、すぐに傷ついてしまうのです。

例えば、朝、いつも笑顔で挨拶をしてくれる同僚があなたを無視したとします。

あなたが心の強い人であれば

『あれ、気づかなかったかな? 』

で終わる話ですが、あなたの心が弱い場合は

『もしかして嫌われてしまったかも』
『何か悪いことでもしたかしら』

と、うじうじと考えては、勝手に傷ついてしまうでしょう。

同じひとつの出来事でも、心が強い人と弱い人では捉え方が全く異なるというのがお分かりいただけますでしょうか?

ネガティブな捉え方しかできない人は、他の人から見たら何でもないことで激しく動揺したり、落ち込んだりしてしまうのです。

ですから、心の弱さを克服するためには、物事に対する捉え方を変えていく必要があります。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

心が弱い人の特徴の共通点としては、過去になにか、心に大きな負荷のかかる経験をしています。

それが原因で、引っ込み思案になって、意見が言えなかったり、挑戦できなかったり、人が怖かったりするのでしょう。

トラウマは、なかなか解消することができないものです。

有名な心理学者加藤諦三さんは

『自分の弱さを含めて全てを受け入れることが、独自性のある強さを手に入れる第一歩である』

と言っています。

ここまで読んで、自分の心の弱さに気づいたあなたは、もう強さを手にいれる一歩手前まで来ています。

もう一歩、踏み出して、自分を変えていきましょう!

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら



わせて読みたい


コメント