怒らずいつも優しい人で!温厚な人の持つ特徴と温厚になるための方法

温厚な人

日本には短気は損気なんて言葉があるように…気が短い・気性が激しい性格というのは、あまり人に好まれない傾向があります。

反対に温厚な人や穏やかな人というのは、性格的にも人柄としても好まれるものです。

そのような性格の人は誰からも好まれますし、周りの人へも良い影響を与える存在だと言われていますから、そんな人になりたいと思っている人は多いでしょう。

そこで今回は、そんな温厚な人に注目していきます。

誰からも温厚な人だと思われている人には、そう思われるだけの特徴があります。

ですから今回は、そんな温厚な人が持つ特徴をお伝えするとともに、自分自身が温厚な性格になるための方法もお伝えしていきます。

また、温厚な性格でいることのメリットやデメリット、温厚な人に向いている仕事など…様々な情報を網羅してお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

温厚な性格でいると、自分自身だけでなく周りの人たちみんなが影響されて、穏やかで優しい気持ちを持つことができるようになっていきます。

何かあってもイライラしたり怒ったりすることなく、周りにも良い影響を与える温厚な人になれるよう、その特徴をつかみ自分の内面を穏やかに変化させていきましょう。

温厚の意味

まずは温厚という言葉が持つ意味について解説していきます。

温厚という言葉から何となくイメージができるけれど、具体的にどんな意味なのかが理解できるでしょう。

そもそも温厚とは…穏やかでいつも優しく、どんなに嫌なことがあっても笑顔で振る舞い、周りに対して思いやりがあるさまを意味する言葉です。

人の性質や生活を表す言葉の中でも、とても前向きな意味合いが強い言葉だと言えます。

他にも温厚という言葉を様々な角度から見ていきましょう。

温厚の類義語

温厚という言葉の類義語には温和や柔和といった言葉があります。

温和という言葉は、落ち着いていて穏やかな様子を意味しており、この言葉は気候にも使われる言葉であり性格ばかりを表現するものではありません。

また柔和という言葉は、柔らかく落ち着いている様子を表す言葉であり、仕草や動作にも使われています。

温厚の対義語

温厚という言葉の対義語には色々ありますが…陰険や冷酷といった言葉があります。

陰険という言葉には、意地の悪い様子を表し、表面上は穏やかに見せていても心に悪意がある場合に使われるような意味があります。

また冷酷という言葉は、思いやりのない様子を意味する言葉であり、非常さを表す際に使われます。

温厚に関する四字熟語

温厚に関する四字熟語には温厚篤実という言葉があります。

温厚篤実の篤実には、真心がこもっていて誠実な様子を表している言葉です。

つまり温厚篤実とは、穏やかで真面目であり真心がこもって誠実な様子であり、これ以上素晴らしい性格はないというほどの人柄を表しています。

このような言葉で表現されるような人間になりたいものですね。

温厚な人の特徴

温厚という言葉から温厚な人がどのような人物であるかが理解できたところで…ここからは、そんな温厚な人について更に深く掘り下げていきます。

そのために温厚な人の性格や行動・人柄について、それぞれ具体的にお伝えしていきます。

しっかり読んで、自分自身の特徴と違うところがあるかどうかを参考にしてみてくださいね。

温厚な人の性格の特徴

最初に、温厚な人として周りの人へ振る舞うことができる性格についてお伝えしていきます。

もしあなたが温厚な人になりたいと思っているなら、価値観や感情のコントロールなどを参考にしてみると良いでしょう。

とにかく優しい性格である

温厚な人というのは、とにかく優しく平和主義!

周りと争うことを好まず、どんな時でも平和で穏やかな毎日を送ることを心がけています。

そうした考えから、自分が我慢することで丸く収まるのであれば…と思い、普通であれば考えられないくらいの忍耐力や我慢強さも持ち合わせています。

滅多なことでは怒らないし、いつも穏やかで優しい性格は温厚な人最大の特徴と言えるでしょう。

愛情深い性格である

温厚な人が優しい性格なのは、自分自身もそうやって育てられたから…つまり、愛情をたくさん注がれて育ったということです。

そのように、自分自身も家族から愛情深く育てられた人というのは、周りに対しても同じように深い愛情をもって接することができますし、物事も前向きで肯定的な捉え方をすることができます。

そんな愛情深い性格も温厚な人として見られる性格のひとつなのです。

細かいことでイライラしない

温厚な人というのは、いつも精神的に安定していて穏やかさと広い許容範囲を保っています。

ですから、気に入らないことが許せなかったり細かいことでイライラしたりすることはありません。

根拠のないことでイライラしないということは当然のことで、何となくうまくいかないことがある時でも心を乱されることは少ないです。

周りへの細やかな気遣いができる

周りの人たちに対して細やかな気遣いができるということも、また温厚な人の大きな特徴のひとつです。

温厚な人は広い心を持っているため、いつも周りの状況を観察していて、相手の立場になって物事を考えることができるのです。

そのため、周りの人がこうしてほしいと思うことにすぐ気づき、何らかの問題が発生するのを防ぐこともできます。

ただし、細やかな気遣いはやりすぎるとただのお節介だと思われることもありますから注意も必要です。

何事も前向きに捉える

また温厚な人というのは、比較的ポジティブな性格をしている傾向があります。

そのため、ストレスをあまり溜めることなく物事をプラス思考で考えることができるのです。

穏やかで優しい性格である温厚な人は、そうした側面からも分かるように、何事も前向きに捉えています。

常に前向きな考え方ができるというのは、ある意味楽観的な性格であるともいえるでしょう。

心に余裕がある

温厚な人がなぜこのように穏やかでイライラしたりしないのか…それは温厚であればあるほど、心に余裕があるからです。

心に余裕があるからこそ、細かいことでイライラしたり怒ったりしませんし、穏やかで優しくいられるのではないでしょうか。

心に余裕を持つことができるようになるには、自分で自分の感情をきちんとコントロールすることができるようにならなくてはなりません。

そうあることで、周りに気を配ることができるようになるのです。

気持ちの切り替えが早い

心に余裕がある温厚な人であれば、気持ちの切り替えが早いというところもその特徴と言えるでしょう。

いくら性格が温厚だといっても人間ですから、時には嫌な気持ちを抱えたり、マイナスな感情になることがあります。

ですが、そうしたマイナスな感情も自分自身の中でしっかり処理をして、周りとの平和な関係を築くために尽力する…それが温厚な人なのです。

のんびりした性格である

温厚な人は、いつものんびりした性格であり、周りに対してもゆったりとした立ち振る舞いができるという特徴があります。

どんなに周りがバタバタと気ぜわしくしていても、のんびりとした雰囲気で周りの人たちを和ませてくれるでしょう。

これもまた、感情の起伏が穏やかで優しく、心に余裕のある温厚な人の大きな特徴なのかもしれませんね。

直観力がある

更に言えば温厚な人というのは、直観力に優れているとも言われています。

周りの人たちをよく見ているので、些細なことからでも状況を察知することができるのです。

また、人の感情にも敏感である温厚な人は、相手がどんなことを思っているのかを想像することができるため、常に細かい気遣いをすることができます。

こうしたこともまた、高い直観力に助けられている部分があるようです。

温厚な人の行動の特徴

温厚な人というのは、性格だけでなく行動にもその特徴が見られます。

温厚だからこそ、行動によって人の気持ちを害したり、自分の抱えているマイナスの感情を周りにぶつけるようなことは決してしません。

そんな穏やかで優しい温厚な人には、どんな特徴的な行動が見られるのでしょうか?

人の悪口を言わない

そもそも、温厚な性格の人というのは人の悪口を言いません。

温厚な人は、自分の発言が周りの人をどんな気持ちにさせるのかということを常に考えて動いています。

ですから、どんな状況においても、相手の気持ちを害するようなことは言わないのです。

また温厚な人というのは、人の悪口を言うとそれが自分に返ってくる可能性があることを理解しています。

更に前向きな性格でもあるため、ネガティブな話からは何も始まらないと思っており、そうしたことだけでも人の悪口は言わないのです。

人を喜ばせることや助けることが好き

温厚な人の周りには、自然と多くの人たちが集まります。

いつも穏やかで優しく、愛情深い性格である温厚な人のことを嫌う人はきっと居ないでしょう。

そんな温厚な人も、周りを喜ばせたり助けたりすることを自分自身の喜びとします。

そうすることで、穏やかな気持ちになり精神的にもリラックスすることができると思っているのです。

いつも自然な笑顔で生活している

あなたが想像する温厚な人というのは、どんな様子でしょうか?

やはり、誰もが思い浮かべる温厚な人というのは、とにかくいつも笑顔で過ごしている様子なのではないでしょうか。

反対に、あまり笑わない人に温厚だと感じる人は少ないようです。

いつでも自然な笑顔で生活している人こそ、誰が見ても温厚な人だと言えるでしょう。

定期的にストレス解消をしている

毎日の生活を穏やかで優しい温厚な人として過ごすためには、やはりストレスは大敵です。

どんなに温厚な性格をした人であっても、やはり人間ですから嫌な思いもしますしストレスもたまります。

周りの人たちのことを思って、マイナスの感情は表に出さないように努めている温厚な人ですが、そのための対策もしっかり考えています。

温厚な人であればあるほど、定期的にストレスを解消しているのです。

休日には趣味を楽しんだり、運動などでストレス発散を行うなど…自分がリラックスできる方法を持っており、それを実践しているのです。

そうすることで、自分のメンタルをしっかりケアしてストレスを溜めないようにすることで、温厚さを保っているのかもしれませんね。

規則正しい生活を送っている

実は温厚な人であればあるほど、規則正しい生活を送っていると言われています。

温厚な人がいつも穏やかで優しくいられるのは、睡眠習慣や食生活がきちんとしているからです。

生活習慣が乱れていると、精神的にも不安定になってしまいます。

無駄な夜更かしや暴飲暴食を避けて、規則正しい生活を送っているからこそ、心にも余裕ができて穏やかで優しい温厚な人でいられるのです。

常識やマナーを正しく身に付けている

また、周りから温厚な人だと言われている人は、きちんとした常識やマナーを正しく身に付けている人が多いです。

温厚な性格というのは、もともと穏やかで優しい性格だからというだけではなく、多くはその人の両親からきちんとした常識やマナーを教わってきているからということも大きく影響しています。

そのようにきちんとした環境で育てられてきたから、心に余裕があり温厚でいられるのかもしれませんね。

空気を読むのが上手である

温厚な人は、周りの人たちの様子にとても敏感であり、空気を読むのが上手です。

周りに対して気遣いが上手であるということは、共感力も高いということ。

温厚な人の周りには多くの人が集まり、温厚な人もその人たちの心に自然と寄り添おうとします。

そうしたことからも、温厚な人の存在は周りに大きな影響を与えるのです。

温厚な人の人柄の特徴

ここまで温厚な人の性格や行動を見てきましたが…穏やかで優しい温厚な様子は、そもそも温厚な人柄に裏打ちされたものです。

温厚な人というのは、そこにいるだけで穏やかで優しそうな雰囲気と親しみやすさを持っています。

そこでここでは温厚な人が持つ人柄の特徴をお伝えしていきます。

その人柄を見れば、なぜその人が温厚でいられるのかがきっと分かるでしょう。

包容力がある

まず温厚な人には、周りの人たちを温かく包み込む包容力を持っています。

相手がどのような人であっても、その相手の気持ちや状況を推し量って理解することができるのが温厚な人の人柄の特徴なのです。

万一、周りの誰かが何か失敗をしてしまっても、そのほとんどの場面で相手を許すことができます。

周りの空気を読むのが上手く、相手の気持ちに寄り添うことができる…包容力は、そうした性格や行動によく表れているようです。

人から頼られる

温厚な人というのは、人から頼られることも多々あります。

なぜなら、温厚な人というのは周りの話に耳を傾けるのがとてもうまく、相手がすっきりするまで話に付き合ってくれるのです。

穏やかで優しい温厚な人の前には、誰もが心を開いてしまうものですね。

親身になって話を聞いてくれる…そうした人柄が、人から頼られる所以でしょう。

周りの人から好意的に思われている

温厚な人柄の持ち主は、周りの人たちから好意的に思われます。

考えてみても分かるように…いつもイライラして怒ってばかりいる人よりも、穏やかで優しい人柄の持ち主の方が誰からも好かれることでしょう。

温厚な人は、頼りがいのある雰囲気もあるため周りの人たちから好意的に思われることも多いのです。

交友関係が深い

誰からも好意的に思われている温厚な人の周りには、多くの人が集まります。

ですが温厚な人柄であればあるほど、その交友関係は深くあることを好む傾向にあると言われています。

温厚な人というのは、大勢でワイワイと騒ぐよりも、少しの人たちでもじっくりと話をして交友関係を深めていくのが好きなのです。

温厚な人柄ですから、穏やかで優しく気が長いので長期的に交友関係を深めていくことができます。

そのため、広く浅い人間関係の人よりも深い交友関係を築いていくことができるのです。

温厚な性格のメリット・デメリット

ここまでお伝えしてきた温厚な人の持つ特徴を見ても分かるように、どんな時も穏やかで温厚な様子でいられる間は誰からも好かれる人望厚いと思われています。

しかし、その特徴は一見良いところばかり目につくものですが、実際には長所ばかりでなく短所といえる性質も持っています。

周りから好まれる温厚な性格にも、メリットとデメリットがあるのです。

そうしたメリットとデメリットを理解していくと、デメリットの部分に対しての対策を講じていくこともできるのではないでしょうか。

そこでここでは、温厚な性格だからこそ生まれるメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

メリット

温厚な人という言葉を耳にするだけで、色々な長所やメリットが思い浮かびますよね。

穏やかで優しく、周りの人たちからも好かれている温厚な人でいることの最大のメリットは、やはり心に余裕があるということではないでしょうか。

温厚な人というのは感情のコントロールが上手く、たとえストレスが溜まっても定期的にストレスを解消する方法を知っています。

そのため、いつも心に余裕があるのです。

心に余裕があれば、何かトラブルにあったとしても臨機応変に対応することができますし、考え方の違う相手とでも対立せずに受け止められる柔軟さも得られます。

そのように心に余裕があるということは、周りに対してはもちろん、自分自身にとっても穏やかな生活を送るために必要なことです。

ですから、心に余裕があることこそ温厚な人でいることの大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

デメリット

では反対に…温厚な人でいることのデメリットとは何なのでしょうか?

一見、誰が見ても非の打ちどころがないように思える温厚な人ですが、穏やかで優しく心に余裕があるために、周りからの押しには弱いというデメリットがあります。

周りに対しての気遣いに長けているゆえに、無理難題を言われた時でも何とか相手の意向に沿おうを努めてしまいます。

そうした時に、なかなか強く出られず相手に押し切られてしまう押しの弱さは、温厚であるがゆえのデメリットであると言っても過言ではないでしょう。

また温厚な人というのは、自分と意見が違う相手の言うことでも否定せず、できるだけ相手の気持ちに寄り添おうとする傾向があります。

そうしたはっきりしない態度が、相手から裏表があると疑われてしまうこともあるようです。

温厚な性格のデメリットを克服するには?

では、そのような温厚でいるがゆえに生じてしまうデメリットの部分を克服するには、どんなことを心がけて暮らしていけば良いのでしょうか?

温厚な人でいるがゆえのデメリットというのは、特に周りとの人間関係の中で生じるものが多いようでした。

穏やかで優しい性格なので周りに対して押しが弱いところがあり、また、どんな状況でも周りの気持ちに寄り添おうとするために裏表があるのではないかと疑われやすい傾向がある…こうした特徴が温厚でいるためのデメリットとなってしまうのです。

しかし、何も困ったことばかりではありません。

何がデメリットであるのかが分かれば、そのデメリットと向き合うことで克服すべき本質を見極めることができます。

温厚な性格のデメリットを克服するためには、まずデメリットの奥にある自分の感情の本質を見るようにしていきます。

例えば…押しが弱いところには、もしかすると自分の意見を相手に伝えることが苦手という感情が隠れているのかもしれません。

そのようにして、デメリットの先にある感情を洗い出していきましょう。

自分の抱える感情がある程度わかってきたら、今度はその感情が生み出された原因である出来事を探ります。

自分の意見を伝えることが苦手なのは、もしかすると過去に誰かから自分の意見を強く否定された出来事があったのかもしれません。

このようにして、順を追って自分の心の中を整理していけな、すぐに克服できなくても少しずつ意識を変えることができます。

せっかく、周りの誰もから好かれるような温厚な人でいるのですから、デメリットの部分が克服されて、更に洗練された人柄へと成長していきたいものですね。

温厚な人は怒ると怖いって本当?

ここまでの内容を見ても分かるように…温厚な人というのは、いつも穏やかで優しく、心に余裕があり、誰からも愛される存在であることが分かります。

ですが、このような話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

温厚な人は怒ると怖い。

いつも静かで穏やかだったり、誰にでも優しく接している人を怒らせると怖い…そうした話を耳にしたことある人は結構多いのではないでしょうか。

実際のところ、温厚な人柄の持ち主は滅多なことでは怒りませんが、人間ですから当然怒ることもあります。

そうなると、いつもが穏やかである分とても怖いと思われる確率は高いでしょう。

もし、いつも周りから温厚な人だと言われている人を怒らせてしまった時には、それだけ耐え難い原因があったのだと考えてしっかり謝罪をするようにすることをおすすめします。

温厚な性格になるには?

世の中には、温厚な性格と正反対のキレやすい怒りっぽい性格の持ち主というのも存在します。

キレやすい性格になってしまった原因には様々な背景がありますが、やはり心に余裕が持てずに感情をコントロールできないため、すぐにカッとなってしまうようです。

そもそも幼少期に親からすぐにキレられて育てられていたりするとそうすることが当たり前だと思って育つため、自分の感情のままに怒鳴り散らすような人間になってしまいます。

また、元々の性格が繊細過ぎることもキレやすい性格に繋がると言われています。

繊細な人というのは、周りの人の言動や行動が細部にまで目が届いてしまうがゆえに、相手の小さなミスなどを許すことができずキレやすい態度になってしまうのです。

他にも…慢性的にストレスを抱えていたりするとイライラしやすくなる…など、キレやすい性格に至る理由は様々です。

そのように、周りからも、また自分自身でもキレやすい性格だと思っている人は、本当にそのままで良いと思っているのでしょうか?

もしかしたら、そうした性格をできるだけ温厚な性格に変えたいと思い悩んでいるかもしれません。

では具体的に温厚な性格に変わるためには、どんなことを心がけていけば良いのでしょうか?

温厚な性格の最大の特徴は心に余裕があるところです。

ですから、温厚な性格でいるためには心に余裕のある生活を心がけることが一番重要です。

心に余裕を持つためには、ストレスを溜めないように心がけたり規則正しい生活に変えるなど…生活習慣から見直す必要もあります。

また、自分自身の今まで取ってきたキレやすいと思われる原因となる言動や行動は改めなくてはなりません。

自分を変えるためですから、色々なことに挑戦していく必要がありますが…中でも一番心がけていくべきことがあります。

それはいつも笑顔でいることです。

笑顔でいると、自然と心もほぐれて穏やかな気持ちになります。

ですから、どんなに忙しくても大変な時でも、できるだけ笑顔でいることを心がけていきましょう。

もちろん、無理して笑顔を作る必要はありません。

ですが、つらい気持ちの時ほど笑顔を心がけるだけで、気持ちが癒されて心に余裕が出てくるのは確かなことです。

この機会に、ぜひ笑顔でいることを心がけてみてくださいね。

温厚な人に向いている仕事・おすすめの本

最後になりますが…温厚な人だからこそ向いていると思われる仕事や、温厚な性格に変わるためにおすすめの本をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

向いている仕事

とても穏やかで誰にでも優しく接することができる温厚な人には、やはり人と接する仕事が向いていると言われています。

アパレルや飲食店のホールといった接客業や、子どもの世話をする保育士、看護師や介護士なども温厚な人の天職であるといえるでしょう。

温厚な性格の持ち主は、やはりいつも笑顔です。

どんな時でも明るく笑顔である温厚な人は、周りの空気も明るくしますし多くの人を力づけて元気にしてくれるでしょう。

更には、心理カウンセラーのように人の心に寄り添ってあげるような仕事も温厚な人には向いています。

温厚な性格の人は、心に余裕があり相手の心に寄り添った発言も上手です。

こうした仕事に就けば、その温厚な人柄を存分に発揮して、多くの人に喜ばれていくことになるでしょう。

おすすめの本

もしあなたが、自分自身をできるだけ温厚な人に変えたいと思っているのであれば心の余裕を持つためのヒントとなる本を探してみることをおすすめします。

心に余裕を持つためには、まず自律神経を整える必要があります。

また、簡単で良いので瞑想などを生活の中に取り入れることも心の余裕につながります。

ですから、本を検索してみる時には自律神経瞑想そして心の余裕などの検索キーワードで探してみると良いでしょう。

以下の2冊は、そうして探したおすすめの本です。

ぜひ一度しっかり読んでみて、あなたの暮らしの中に取り入れていってみてくださいね。

まとめ

温厚な人の存在は、基本的に周りの誰からも信頼されて愛されている存在です。

そんな風に穏やかで優しく、思いやりがある温厚な人は、同性異性を問わず魅力的な存在ですから、自分もそのようになりたいと誰もが思うのではないでしょうか。

温厚な人になるということは、自分自身の内面が穏やかになって過ごしやすくなるだけでなく、周りにもその穏やかな雰囲気を醸し出して、良い影響を与える存在になるということです。

今回の内容を参考にして、少しでも穏やかな温厚な人なれるようにしていきましょう。

今のあなた自身の長所を大切にしつつ、温厚な人が持つ特徴を最大限自分の中に取り入れていけば、きっと魅力的で輝くような素晴らしい人になります。

温厚な人というのは、そうした存在なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。