思考をクリアにして悩まない方法とは? 考えすぎて決まらない方必見!!

悩まない 方法

何かひとつうまく行かなくなると、他のことまで悩んでしまい、先に進めない。

そんな経験をしたことはありませんか?

脳はストレス(危険)を認識した瞬間、戦闘態勢状態となり、神経過敏に陥ります。

その時、脳は「考える」というよりも「反応する」ことで危機を乗り越えようとします

その構造が影響し、ほんの些細なトラブルでさえも、脳が過剰に反応し、怒りや不安などの感情が引き起こされ、「どうしよう」と悩むことになります。

悩みは感情が反応して生じる分、解決するまでに時間がかかります。

ですが、ストレスをどう乗り越え、どうなりたいかを明確にして考えることで、出口が見えにくい悩みであっても解放されやすくなります。

これから紹介する悩まない方法を実践して、答えの出ないまま悩み続けるのは今日で最後にしましょう。

 

思考をクリアにして悩まない方法とは? 考えすぎて決まらない方必見!!

 



 

 

同じことで悩み続けない方法とは?


いつも同じことを考えてしまうと、脳は「この情報はとても大切」と勘違いし、いつまでもその考えにとらわれてしまうことになります。

ですから、まずは「同じことを悩む」スタイルから抜け出すことが大切です。

そのための方法は、以下になります。

  • 考えはじめたら「ストップ」と自分に命令し、他のことに集中する
  • 「今、ここ」に意識を向けて過去や未来の不安や悩みに取らわれ続けない
  • 悩むのではなく、解決策を考える思考に変える
  • 「完璧にやらねば」「人に好かれなければ」という考え方を捨てる
  • できないことばかりに目を向けず、できることからやってみる
  • できないことの理由を自分の中から探さない
  • 悩んだら、新しい方法をさがす
  • 好きな音楽を聴く、読書、思い切り笑えるTVや映画を見る
  • 交感神経を高める有酸素運動を取り入れる
  • おいしい物を食べるなど、副交感神経を優位にする

 

同じことで悩む状態は、脳が「考えなければいけない」と勝手に指令を出し続けてしまったために起きています。

その悩みが不安と結びつきやすい性質のものであったり、自分自身が抱えている気がかりであることが多いでしょう。

頭に同じ悩みが浮かんできたときには、パブロフの犬のように、ただ悩み続けるという対処をするのではなく、「解決方法を考える」意識をもつか「今は他の情報が大切である」と脳に別の指令を出すことが大切になります。

 

悩み続けてしまう理由


脳は「命の危険」に対して、何よりも反応するようにできています。

それは、野生動物と同じく、食うか食われるかという現実に素早く対処するために発達した原始的な脳の仕業でもあります。

そのため、いつも人は危険がないかリサーチし続けています。

危険がなければ過去の危険だったことを思い出したり、大きなストレスを抱えている時には気にならなかった小さな未解決なことさえも、「考えなければ」と常に警戒する脳の仕組みがあるのです。

また、日本人はうつ病と関連性が高いといわれる神経伝達物質のセロトニンの遺伝子の長さが短いタイプの人が多いといわれています。

その遺伝子タイプを多く持っている人は、内向的で悩みやすい傾向があるそうです。

つまり、脳の仕組みと遺伝子の傾向、そしてストレスを抱え込みやすい生活習慣などによって、人は解決できない悩みをグルグルと考え続けてしまうのです

 

「悩まない脳」になるための方法とは


だからと言って、誰もが悩みのスパイラルに陥るとは限りません。

自分なりの対処法を考え、生活の中に取り入れることができれば、自分の思考をクリアにして悩まないで済みます。

そのポイントは、脳がストレスなどによって戦闘態勢になった時に分泌される「ストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)」の分泌を抑え、気持ちを安定させる「幸せホルモン(セロトニンやオキシトシン)」の分泌を増やすことにあります。

それを実現する方法には、以下があります。

  • 規則正しい時間に起きて朝日を浴びる
  • 夜更かしを避ける
  • 夜遅くまで明るい光をみない
  • 大切な人とスキンシップを図る
  • 自然や動物にふれあう
  • 栄養とビタミンを考えた食事を摂取する
  • 思い切り笑う
  • 感動的な映画を見て泣く
  • 有酸素運動を毎日30分程度取り入れる
  • 2000歩以上歩く
  • ぬるめの湯にゆっくりと浸かる
  • 好きな香りを楽しむ

 

今が安定していること、幸せであることが脳に伝わると、脳も「そうか今は休んでいいのか」と戦闘態勢を解く指令を出すことができます。

たくさんの幸せ、たくさんの気持ちよいことを取り入れる。

それが、同じことで悩まず、本当に「いざ! 」という時に力を発揮できる脳の仕組みを作ることになります。

 

まとめ


出口のない悩みは、ネガティブな感情を増幅します。

今日からは、悩むのではなく解決方法を考える意識をもつことにフォーカスしましょう。

また同時に、ストレスホルモンを抑え、幸せホルモンを上手に分泌するため、生活環境や生活習慣を整えていきましょう。

それが、悩まない自分になるための近道です。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント